★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 101号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース no.101 2002年 4月号 目次

 

・ (緊急!)平成14年度診療報酬改定情報

・ 第7回千葉県理学療法士学会開催される

・ 第7回千葉県理学療法士会理事会報告

・ 関東甲信越ブロック士会長会議議事録

・ 千葉県理学療法士会役員任期満了と選挙のお知らせ

・ 事務局 会員異動届について

・ 編集後記

・ 求人情報

 

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>      平成14年度診療報酬改定情報

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

理事 診療報酬担当 亀田総合病院 村永信吾 

smuranaga@kameda.or.jp

  

「平成14年度診療報酬改訂の主要改訂項目案が示される」

 

1月30日、中央社会保険局協議会(中医協)・総会が開催され、今年

4月に実施される以下診療報酬改訂の主要検討項目案(T)が示されま

した。

 

今回の検討項目案は、1月23日の中医協総会で示された案よりも具体

的な内容となっています。

 

今回の変更は、これまでと大きく変更している。特にPT、OT、STが同

等となり、さらに一般と老人もほぼ横並びとなっている。またこれまで

の「複雑」、「簡単」が単位制及び個別療法、集団療法となった。

 

リハビリテーションの内容を抜粋して示します。

 

■リハビリテーションの評価の適正化

 

1. 現状、課題及び趣旨

 

現在リハビリテーションについては「複雑なもの」及び「簡単なもの」

とし 

しかし、40分以上実施することが困難な患者に対して個別リハビリテー

ションが行われた場合に適正な評価がなされていないなどの指摘がある。

 

また、脳血管疾患患者などに対する発症後早期及び退院後早期(外来移

行期)の外来リハビリテーションの評価のあり方などについても見直す。

 

 

2. 具体的内容

 

○評価体系の見直し

 

■ 一単位の診療報酬   

 

施設基準  I II III IV

個別療法 250点 180点 100点  50点

集団療法 100点  80点  40点  35点

 

・理学療法等につき20分を1単位とする(要確認????)

 

・理学療法・作業療法及び言語聴覚療法については、患者一人につき1

日4単位(別に厚生労働大臣が認める患者については1日合計6単位)

に限り算定する。(算定回数制限の導入)

 

・個別療法においては、患者一人につき1日3単位に限り算定する。別

に厚生労働大臣が定める患者以外の患者に対して、1月に合計11単位

以上行った場合は、11単位以降のものについては、所定点数の100

分の70に相当する点数により算定する。

 

・集団療法は患者一人につき1日2単位、かつ、1月合計8単位に限り

算定する。

 

・同一の患者にたいして、個別療法と集団療法を同一日に行った場合は、

個別療法の所定点数のみにより算定する。

 

・リハビリテーションは適切な計画のもとに行われるものであり、その

効果を定期的に評価し、それに基づき計画を見直しつつ実施されるもの

である。(項目の追加)

 

■ 早期リハビリテーション加算、

  病棟ADL加算の創設

 

・急性発症した脳血管疾患等の患者に対しては、リハ計画書を作成し、

当該リハ計画書に基づき理学療法(I)、(II)において入院患者は入院

の日から、それ以外の患者は初診の日から(ただし急性発症した脳血管

疾患等の患者では発症の日から)起算して6ヶ月以内の期間に行った場

合、次の区分に応じて早期リハビリテーション加算(15歳未満の患者

に対して行った場合はそれぞれの点数の100分の200に相当する点

数)を所定点数に加算する。この場合において、入院中の患者に対し、

病棟等において、早期歩行、ADLの自立を目的とした理学療法(I)のイ、

理学療法(II)のイ(これまでの6ヶ月以内)を行った場合は、1単位

につき更に30点を所定点数に加 算するものとする。

 

イ 発症後14日以内に行われた場合(1単位につき) 100点

 

ロ 発症後15日以上30日以内に行われた場合(1単位につき)80点

 

ハ 発症後31日以上90日以内の期間に行われた場合(1単位につき)

30点

 

・鋼線等による直達牽引または消炎鎮等処置をあわせて行った場合は、

理学療法の所定点数のみにより算定

 

○早期理学療法算定(及び老人早期理学療法料)の廃止

 

○リハビリテーション総合計画評価料の新設(480点) 

 

・理学療法(I)、作業療法(II)の施設において医師、看護婦、理学療

法士、作業療法士等が共同してリハビリテーション計画を策定し、当該

計画に基づき理学療法料を算定すべき理学療法を行った場合に、入院中

の患者については入院初月並びに当該月から起算して2月、3月及び6

月の各月に限り、入院中の患者以外の場合については当該理学療法また

は作業療法を最初に実施した月並びに当該月から起算して2月、3月及

び6月の各月に限り、患者1人につきそれぞれ1月に1回を限度として

算定する。

 

<老人保険の場合>

 

・一般と老人の違いがなくなった。(理学療法と老人理学療・ 法が同一

と解釈)

 

・個別療法及び集団療法の算定は一般に準じる

 

・算定回数制限の導入も同様・ 早期リハビリテーションの加算も一般と

同様(I II施設)

 

・この早期加算を算定した患者に対して、当該リハビリテーション計画

に基づき、当該患者の退院後に個別療法(老人作業療法(I)または老人

作業療法(II)に限る)を行った場合は、退院後2月に限り1単位につ

き50点を加算する。(一般と異なる部分)

 

・老人リハビリテーション総合計画評価料

 (一般と同様)(老人早期理学療法廃止に伴う形式変更)・ 老人リハ

ビリテーション計画評価料の廃止

 

・入院生活リハビリテーション管理指導料 (1週間につき)

 

療養病棟もしくは老人病棟または有床診療所(療養病床に係るものに限

る)に入院している患者に対して、理学療法士、作業療法士等が、当該

患者の入院している病棟または病室において、基本的動作能力または応

用動作能力もしくは社会的適応能力の快復を図るための日常動作の訓練

及び指導(以下「入院生活リハビリテーション管理指導」という。)を

行った場合(入院生活リハビリテーション管理指導料を算定すべき入院

生活リハビリテーション管理指導を行った月において老人理学療法また

は老人作業療法を算定した場合に限る。)は、入院の日から起算して6

月までの間において患者1人につき週1回に限り、月4回を限度として

算定する。入院生活リハビリテーション管理指導を行った理学療法また

は作業療法に係る費用については、老人理学療法及び老人作業療法は算

定しない。

 

・入院生活リハビリテーション料(1週間につき)の廃止

 

■ 回復期リハビリテーション病棟  入院料減額 

 (1700点 → 1680点)

 

○ 生活習慣病の指導管理料(運動指導管理料の名前の変更)

 

許可病床数が200昌未満で入院中の患者以外の患者に対して治療計画

を策定し、当該計画にもとづき総合的な指導管理を行った場合、月に1

回に限り算定する。ただし指導管理等、検査、投薬及び注射の費用は、

生活習慣病指導管理料に含まれるとする。

 

1.保険薬局において調剤を受けるために

  処方せんを交付する場合

  

イ 高脂血症を主病とする場合 1050点

ロ 高血圧症         1100点

ハ 糖尿病          1200点

 

2.1以外の場合 

イ 高脂血症         1550点

ロ 高血圧          1400点

ハ 糖尿病          1650点

 

■リハビリテーションにかかる施設

 要件の見直し

 

(1) 総合リハビリ施設要件の見直し

 

従来の総合リハビリテーション施設に加え、以下の1)、2)両方の要

件を満たす医療機関についても総合リハビリテーション施設として承認

することとする。また従来の総合リハビリテーション施設従業者につき

常勤規定を設ける。

 

1) 人員要件(増員)

専従PT  ○名以上 

専従OT  ○名以上(ともに常勤)

 

2) 訓練室面積要件 (緩和)

 

訓練室面積 ○○平方メートル(理学療法、作業療法あわせて)

 

(2) 言語聴覚両方につき施設要件を設定

 

リハビリテーションの見直しの中で、現行の言語療法も見直し、新たに

言語聴覚療法にかかる人員要件及び施設要件を設定し、要件を満たさな

い医療機関においては算定できないこととする。  

 

【まとめ】

 

種類     個別療法    集団療法

1単位(I/II) 250/180    100/80

限度/日   3単位まで   2単位まで

1ヶ月回数  11回以上 8回に

は70/100 限り算定

 

個別と集団組み合わせ 同一日に療法実施した場合、個別のみで算定

 

PT,OT,ST組み合わせ 

 

患者1人につき1 日合計4単位(別に厚生大臣が定める患者

においては1日合計6単位)に限り算定可能

 

早期加算

 

急性発症した脳血管疾患等の疾患の場合

(1) 発症から14日以内 (1単位につき100 点)

(2) 15日以上30日以内 (1単位につき80点)

(3) 31日以上90日以内 (1単位につき30点)

 

*15歳未満の場合、上記加算の200/100を加算することとする。

 

さらに上記(1)で病棟での早期歩行、ADL訓練を行った場合、上記加算に

さらに30点を加算する

 

退院時加算**

 

老人のみ早期加算を実施し退院後に個別療法(I、II施設)を行った場合

退院後2月に限り1単位につき50点を加算する。

 

リハビリテーション総合計画評価料

 

480点( I 施設のみ) 

各月一回のみ入院患者:入院初月、2ヶ月、3ヶ月、

6ヶ月それ以外:当該理学療法を開始した月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月

 

以上です.

なおこの原稿は2月末日までの情報で編集しており、暫定版であるとい

うことをご留意管wさい.なお今後入ります詳細な情報についてはホー

ムページなどを通じて順次、公開していく予定でおります.

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>     第7回 千葉県理学療法学会 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

去る2月24日(日)にサンプラザ市原において第7回千葉県理学療法

士学会が開催され、多数の県士会員のご参加がありましたこと報告いた

します.

 

発表者、準備委員の方々はじめ参加者みなさまお疲れさまでした.

 

なお、同時開催の第36回定期総会も1,2号議案可決され、総会終了後

は村永理事を中心に4月の診療報酬改訂に関する説明会も緊急開催され

ました.

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>     各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆ 第7回千葉県理学療法士会理事会

>――――――――――――――――

 

時: 平成14年1月23日(水)

場所: 千葉県千葉リハビリセンター

出席者:

<理事>吉田(久)、井田、宮崎、西山、茂木、村永、藤井、渡辺(良)

吉田(昌)、石塚

<監事>  宮前

<書記>  坂本

 

<各局報告>

 

事務局

*会員動向

  施設数 225施設(内、自宅 57)

  会員数  776名

 

学術局研修部

・12月9日  心電図セミナー開催

・1月27日  糖尿病セミナー開催

 

<議題>

 

1,平成14年度事業計画予算案の件

 

平成14年度事業計画、予算を各局部でまとめた案が事務局長へ提出さ

れた。

千葉県理学療法士会40周年記念式典に向け、積み立て額を30万/年

から40万/年へ引き上げる件が了承された。また千葉県担当の関東甲

信越ブロック学会の準備金(平成16年開催予定)として70万/年を

積み立てていく事が了承された。

これを三役会(1月30日)で議案書としてまとめ会員宛に送付する。

 

2,第36回定期総会の件

 

第6回千葉県理学療法士学会同日に行う予定。

日時:平成14年2月24日(日)

  11:15〜12:15

 

3,第7回千葉県理学療法士学会の件

 

日時:平成14年2月24日(日)9:00〜17:00

場所:市原市五井中央西1−1−25 市原プラザホール

   JR内房線五井駅 西口すぐ

注意事項 駐車場が少ないので、公共の交通機関を利用して欲しい。

 

4,その他

 

・後援依頼の件

千葉県社会福祉士会 第10回社会福祉士全国学会(平成14年5月、

幕張メッセ)への後援依頼があり、検討の結果承認された。

 

・高齢者相談センターの一部規則が改訂され無期限だった任期が5期1

0年が最長となった。

 

・現在社団法人化に向けて活動しているが、今後中間法人化に向けた活

動に移行する場合は、再度総会で承認を得る事とする。

 

・千葉県担当の関東甲信越ブロック学会の予算は平成14年度予算案に

計上するが、内容は新体制になってから検討する。

  

・千葉県士会事業の進行状況を把握するため、中間監査を平成13年1

2月25日に行った。

  

・千葉県理学療法士学会の学会長予定について、理事を中心に学会長を

受けていくことが了承された。

 

第7回 井田(みつわ台総合病院)

第8回 藤井(藤リハビリテーション学院)

 

今後の予定、  

平成13年度第8回理事会 平成14年2月24日(日)開催予定

 

 

>◆ 平成13年度関東甲信越ブロック士会長協議会(臨時)総会議事録

>―――――――――――――――――――――――――――――――

 

日時:平成14年2月16日(金)午後3時30分開始

 

会場:東京医科歯科大学会議室

 

参加者:(順不動、敬称略)金子操(栃木、ブロック会長)、吉田久雄

(千葉)、井上保(神奈川)、滝野勝昭(東京)、今井基次(埼玉)、

佐藤弘行(茨城)、深川新市(新潟)、谷村英四郎(山梨)、原田聡昭

(長野)、高橋哲也(群馬)、桑原勇(第20回関東甲信越ブロック療法

士学会準備委員長)、大黒篤(第21回関東甲信越ブロック理学療法士学

会長)、松省洋人(第21回関東甲信越ブロック理学療法士学会準備委員

長、望月圭一(第22回関東甲信越ブロック理学療法士学会長)

  

当日配布資料

  

1、平成13年度(第55回)士会長協議会

レジメ(含む平成13年度関東甲信越ブロック協議会活動報告、平成13年

度会計報告、平成14年度関東甲信越ブロック協議会活動計画、関東甲信

越ブロック士会長協議会名簿)

2、第20回関東甲信越ブロック理学療法士学会事業報告書

3、第21回関東甲信越ブロック理学療法士学会企画書、予算修正案及び、

第21回関東甲信越ブロック学会賞について(案)の資科

4、士会事業報告(茨城、埼玉、長野、新潟、山梨、群馬各県)

  

議題

   

1、第20回関東甲信越ブロック学会結果報告について(新潟)

 

資科に基づき説明があり、了承した。

参加者、7487名(会員662名他)、

決算、7,901,214円で50,831円の負債があった。)

負債に対しては、規約により開催県で負担することが確認された。

   

2、第21回関東甲信越ブロック理学療法士学会企画書、予算修正案及び、

第21回関東甲信越ブロック学会賞について(案)の説明があった。

     

企画書・予算修正案はいずれも了承された。

 

第21回関東甲信越ブロック学会を設けることについて、種々議論がなさ

れたが、今回は学会開催中に表彰を行うことで、第21回関棄甲信越ブロッ

ク学会は了承された。

     

今後の対応については、各県士会に持ち帰り意見をまとめ、次回協議会

で話し合うこととなった。

また、学会マニュアル等の申し送りについては、引き続き行い、その時

期については検討することになった。

 

・次期学会長あいさつは、各会場で行うことになった。

 

3、第22回関東甲信越ブロック学会について(東京)

  

望月圭一学会長(東京大学)の挨拶があった。

準備委員会等立ち上げて行くことの報告があった。

 

4、平成13年度関東甲信越ブロック協議会活動報告、平成13年度会計報

告、平成14年度関東甲信越ブロック協議会活動計画、関東甲信越ブロッ

ク士会長協議会名簿について

 

いずれも、承認された。

 

5.平成13年度理学療法士会事業報告及び計画(茨城、埼玉、長野、新

潟、山梨、群馬各県)の報告と、平成14年度日本理学療法士協会代議員

会議提出議題の紹介があった。

 

6、相談役の選出について

 

会長推薦を了承した。

 

7、OB会員の選出について

 

各県で昭和59年以後の県士会長経験者の方々が対象になる。

その方々の氏名、住所を、金子会長まで連絡することとなった。併せて

各県士会および各県士会長のEメール・アドレスも連絡することになった。

 

8、その他、

 

・関東甲信越ブロック学会の予定(確認)

 

第22回学会(H14年) 担当 東京都 (学会長 望月圭一先生)

第23回学会(H15年) 担当 千葉県

第24回学会(H16年) 担当 山梨県

   

・30周年等記念事業

 

新潟県士会本年開催の予定

神奈川県士会 (未定)

    

・ブロック協議会役員行動費について

 

ブロック協議会を代表して対外的な活動を行う場合は、必要経費をブロッ

ク協議会予算から支出することが了承された。           

            以上の内容でした。(文責:吉田)

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>   県士会執行部・事務局からのお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

 

>◆ 平成14年度役員公選について

> ―――――――――――――

選挙管理委員会 内村 元

 

今年度(平成13年度)末を持ちまして千葉県理学療法士会役員の任期が

終了いたします.次年度の会長及び理事・幹事の選挙を行いますので、

巻末の資料をご照覧ください.

 

 

> ◆ ● 事務連絡 勤務先移動について

> ―――――――――――――――――

事務局長 西山晴彦

 

年度末に伴う勤務先の移動届けは早めに所定の用紙にご記入の上事務局

まで郵送下さい.

 

※異動届で用紙は協会ニュース最新号(2002. 02月号)の18ページに掲

載されています.

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

◇ 編 集 後 記 ◇

 

4月からのリハビリ診療報酬大改定のニュースが飛び込んで参りました.

 

これまでの右肩上がりの報酬改定から一変!複雑簡単といった従来の枠

組みも単位制に変わり、保険点数の面でも削減されております.

 

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成14年4月30日(水)です ※

 

 

 

■千葉県理学療法士ニュース編集部より-----------------------------

 

●県士会ニュースメールマガジンの配信先の変更や購読の中止、配信先

 の変更、購読中止の場合は下記メールアドレスにご連絡下さい

                   JK8S-YMST@asahi-net.or.jp

 

●広告受付:事務局長 西山晴彦(千葉リハセンター理学療法部)まで

 

●投稿:ニュース編集部 山下祥司(千葉市立病院 リハビリ)まで

        

―――――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――

● 千葉士会公式ウェブ  http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

○ 士会グループウェア  http://rigakuryoho.intranets.co.jp/  ○

● 千葉士会公式ウェブに関する意見  pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

発行人 吉田久雄 / 編集人 山下祥司

発行 千葉県理学療法士会 事務局

〒266-0005 千葉市緑区誉田町1-45-2 千葉リハセンター理学療法部内

Tel 043-291-1831 Fax 043-291-1857

編集 千葉市立病院 リハ室 〒260-0851 千葉市中央区矢作町827

Tel 043-227-1131 Fax 043-224-0719

 

――――――――――――――――――――――――――――――――

【求人コーナー】

 

理学療法士募集のお知らせ

 

有田内科整形リハビリクリニック

〒300-2537茨城県北相馬郡藤代町毛有363-2

電話 / Fax 日中 03-3874-4675  

      夜間 03-3874-3005

 

種別 理学療法士

募集人員 若干名

待 遇 当院既定により優遇(経験年数

    考慮)賞与年2回 昇給年1回

休日休暇 週休2日制 夏季年末年始休暇

     あり

医院概要 リハビリテーション科 神経内 

   科、整形外科 消化器内科 麻酔科

 

応募方法 

上記まで電話にてご連絡ください

 

------------------------------------

 

理学療法士募集

地域に根ざした医療を目指しあなたの経験と意欲を求めています.

 

募集人員:理学療法士2名

待 遇 :当院規定による(経験加算有り)

昇給年1回、賞与2回、退職金制度、社会保険完備

休 日 :4週8休制(年間休日111日)

     夏期休暇、有給休暇

病院概要:病床数148床、一般病棟82床(3:1看護)

     介護料用施設サービス66床

勤務場所:理学療法室(施設基準U)

     通所リハビリテーション

応募方法:随時面接いたします.

     電話にてご連絡ください.

施設内託児所有り.遠距離の方はワンルームマンション寮を用意いたします.

 

医療法人社団聖仁会我孫子聖仁会病院

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台4-6-1

TEL 047-188-3111 担当 吉川

 

------------------------------------

 

高齢化率の高い地域で活躍している

公立病院が理学療法士を急募します

地域に根ざした病院です。

住民とのふれあいを大切にします。

 

勤務地 

・鋸南町国民健康保険鋸南病院71床→年齢30才位まで

  療養型病床(38床)・町総合保健福祉センター

 

・鴨川市立国保病院 70床 → 年齢26才位まで

  療養型病床(18床含)・市訪問看護ステーション

 

・東庄町国民健康保険東庄病院80床→年齢30才位まで

  療養型病床(48床含)・町総合保健福祉センター

 

・国保小見川総合病院(190床)→年齢30才位まで

 

身分 地方公務員

給与 各病院給与規定に基づく

その他 研修制度あり、委細面談

応至急連絡履歴送付を乞う

 

問合わせ先

社団法人千葉県国民健康保険直営診療施設協会

(担当 高石・後藤)

〒263-0016 千葉市稲毛区天台 6-4-3

電話043(256)8801 FAX 043-256-8861

 

------------------------------------

 

理学療法士・作業療法士募集

(常勤・非常勤)

 

募集人員:若干名(経験5年以上の方優遇)

施設概要:介護老人保健施設 日向の里

     入所70名 通所20名 宍倉病院 

      外科 整形外科 ほか 一般54床

待  遇:当法人の規定により優遇(経験加 

     算有り)社保・労保完備、昇給年

     1回、賞与年2回、交通費支給

勤  務:8:30〜17:30 週休2日

 

  詳しくは下記まで直接ご連絡下さい。

 

〒289-1212千葉県山武郡山武町木原2100番地

 医療法人社団 正朋会 

介護老人保健施設 日向の里

tel:0475-88-1980 fax:0475-88-3223

担当 野和田

e-mail:nowada@seihou-kai.or.jp

 

------------------------------------

 

―――――――――――――――――――――――――――――[END]―