★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 109号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース no.109 2003年 08月号 目次

 

   ・ 第39回千葉県理学療法士会総会報告

   ・ 平成15年度第2回千葉県士会理事会報告

   ・ 第8回千葉県理学療法士学会 参加者からの印象記

   ・ 外部団体等からの講習会案内

   ・ 第9回千葉県理学療法士学会開催のご案内

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 第39回千葉県理学療法士会総会報告 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

日時:平成15年6月7日(土) 午後3:00から4:00

場所:ポートプラザ千葉

 

1.開会の言葉:井田興三郎副会長より

 

2.会長挨拶

   平成14年の総括についての議案書の通り報告、6月に千葉コ

   ミュニティーセンターに士会事務室の設置、関東甲信越ブロッ

   ク学会の進行状況について追加報告あり.

 

3.定足数の確認:会員数 906名(平成15年6月7日現在)

  会場参加者数19名 委任状提出者 533通 合計 552名

 

4.議長団の選出

   

  議長  坂本 光弘(千葉リハビリセンター)

  副議長 醍醐 稔 (千葉県障害者相談センター)

  書記  渡辺 大 (みつわ台総合病院)

      野口 雅弘(みつわ台総合病院)

  議事録署名人 加地 啓介(藤リハビリテーション学院)

         片岡 麻実子(千葉新都市脳神経外科内科医院)

  

5.議事

    

第1号議案 平成14年度事業報告・収支決算報告並びに監査報告の承

認を求める件

     

<事業報告>

     

■ 事務局(西山晴彦局長より)

   議案書の通り説明

   新しい事務局の設置について追加報告があった.

 

■ 学術部(茂木忠夫局長より)

   議案書のとおり説明

   議案書の訂正 p7 脇本幸一氏を脇元幸一氏に訂正

   研修会100名以上の参加が見込まれ、今後会場の検討を要する

   と追加報告あった.

   現在、機関誌を発送中との追加報告があった.

 

■ 社会局(井田興三郎局長より)

   渉外部、広報部、高齢者保健福祉部について議案書の通り説明が

   あった.

        

  ○地域保健部

   第3火曜日部会、勉強会を行っている.

   ヘルパー養成講座への講師派遣行っている

       

  ○健康増進部

   11月16日健康作りフェアーに参加、協力

 

■法人化推進委員会より(井田興三郎委員長より)

  中間法人を進められ情報収集中.現在の社団法人取得は困難。

 

■表彰審査委員会

  推薦の人はいなかった.

 

<平成14年度収支決算報告>(宮崎陽夫財務部長より)

 議案書の通り収支決算の報告があった。

 

<監査報告>

 財産は適正に管理運営されていた、業務の執行は適正に行われていた。

 その他、議案書の報告の通り

 

<質疑応答>

 吉田会長より補足説明

 研修会の事業収入が予算より決算額が上回っている。研修会の運営は

 運営委員のボランティアで成り立っている状況で、今後、必要経費を

 適切に計上させたい.

 

<第1号議案への承認>

  拍手にて承認される

 

第2号議案 平成15年度予算修正の承認を求める件

 

 <平成15年度予算の説明>(宮崎陽夫財務部長より)

 

  収入について、繰越金の確定し、議案書の通り予算額が決定された。

  支出について、議案書の訂正、以外は議案書の通り説明があった

    

p16 法人化推進員会予算額 15,000 → 150,000

    管理費合計 2,360,000 → 2,495,000

    予備費 2,170,918 → 2,035,918

    平成14年度支出合計 → 平成15年度支出合計

  

<第2号議案への承認>

   拍手にて承認される

 

議事録署名人 (サイン)加地 啓介  片岡 麻実子

                    

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>       各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

  

>◆平成15年度第2回理事会

 ―――――――――――――

        

日時:平成15年5月20日(火)

場所: 千葉県千葉リハビリテーションセンター

出席者:<理事> 吉田(久)、井田、茂木、西山、石塚、高倉、宮崎、

         藤井

    <監事> 江澤、宮前

    <委任状> 村永、吉田(昌)、渡辺(良)、

    <書記>  西山

 

会長行動報告

 ・本日平成14年度期末監査が行われた。 (理事会に先立ち実施された)

 

<各局報告>

 

事務局

*会員動向

   施設数  268施設(内、自宅75名) 会員数  895名

 

<議題>

1, 事務局、事務所開設の件

   

事務所開設について、千葉コミュニティーセンターに事務局長と財務部

長が出向いた。坦当者と具体的な交渉に八つその内容について報告した。 

(21,3平米、賃料 76,874円/月、敷金50万円)

検討の結果、当物件に決定することで承認された。

  

2, 関東甲信越ブロック学会(千葉県担当)の件

 

会場について浦安市文化センターを内定した旨吉田会長より報告があった。

  

3, 第9回千葉県理学療法士学会の件

    

会場は成田国際文化会館に決定した旨藤井学会長より報告があった。

  

4, その他

   

1)養成校新設の件

 平成16年4月八千代リハビリテーション学院開校予定。

    

2)後援依頼について

    

 船橋市介護支援専門員連絡協議会より、同協議会主催の研修会につい

て後援依頼があった。理事会にて検討した結果、承認された。

   

次回予定、平成14年度第3回理事会 

平成15年7月23日(水)開催予定

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 第8回千葉県理学療法士学会 参加者からの印象記

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◎変化〜曖昧な自己を見つめ直す機会〜

 ――――――――――――――――――

                 北習志野花輪病院 三浦 英夫

 

日々の業務に追われ、自己評価をおざなりにし曖昧なスタンスで業務に

取り組むようになってしまっていいないしょうか。実を言うと私自身が

長い間そんなスタンスでした。

 

私にとって学会発表はそんな自分を客観的に見つ直す最高の機会となり

ました。資料作成から発表までの行程は苦痛に満ちたものであり、今ま

での曖昧な自分が露呈してしまったと認識せざるを得ない状況の連続で

した(しかしながら、発表終了後の達成感に限ってみれば,言葉に出来

ないものがありました)学会発表は自己啓発の場であり、その機会(チャ

ンス)でもあると思います。

 

私は学会発表を通して「自分自身の曖昧さ」を痛感し、それが反省材料

となり業務に対する自分自身の意識改革を感じられました。学会発表は

曖昧な自分から脱却する一歩としてよいきっかけになると思います。

 

 

>◎第8回千葉県理学療法士学会 発表を終えて

 ―――――――――――――――――――――

         社会保険 船橋中央病院 理学診療科 南里 徹

 

「学会で発表なんてとんでもない」と日頃思っていた自分が、今回、発

表をしたのには2つの理由があった。まず、新人教育プログラムから専

門領域に進むには、いつかは発表しなくてはならないこと。もうひとつ

は、「難しく考えずにいつも治療をしている患者さんについてでも良い

んだよ」、というアドバイスがあったからである。

 

結局、痛みを主訴とする症例への治療・効果を症例報告という形式で発

表することに決めた。さっそくいろいろな準備にとりかかり、抄録の作

成では決められた字数内に収めるのに苦労した。上司やお世話になって

いる先生方に発表の際の注意点や表現方法などの助言をいただき、何と

か完成した。また、パワーポイントでのグラフや図の作成では、聞き手

にいかにインパクトを与えるか、色や図・文字の大きさで試行錯誤した

が、意外と面白かった。

 

発表当日は、ぎりぎりまで口頭原稿のチェックをし、座長の先生との最

終確認をし、発表に臨んだ。待ち時間もリラックスでき、発表の時も思っ

たほど緊張もなく、無事(?)終了した。反省点も多くありましたが、

次回へつなげるための良い経験ができただけでも有益であったと思いま

す。

 

>◎学会参加 印象記

 ―――――――――

       津田沼中央総合病院 リハビリテーション科 鈴木和美

 

平成14年度千葉県理学療法士学会が開催されポスター発表をいたしまし

た。日々の業務の中、研修会の参加はどうにか時間をつくり参加してい

ましたが、発表による単位履修は難しさを感じていました。新人教育プ

ログラムも症例検討3だけを残したまま新人教育課程も修了出来ない状

態でした。この度、井田学会長の声かけで、病院内の発表会をしたもの

を手直しして、ポスター発表を試みました。結果、単位も取得でき新人

教育課程の修了を迎えられました。症例検討3だけを残して終了を断念

している皆さんも勇気をだして発表してみてはいかがでしょうか?御指

導いただきました諸先生方ありがとうございました。

 

>◎付 記

 ――――

8月3日 新人教育プログラム研修会「藤リハビリテーション学院」

の昼休みに「簡単に出来る症例発表の準備から発表まで」を井田興三郎

氏のショートレクチャーがありますので、奮ってご参加ください.

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>   INFORMATION 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

● ● 第30回理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会 ● ●

 

   東京地区:平成16年1月13日から2月6日

   会  場:国立病院部職員厚生課研修室(東京都目黒区)

   申込締切:平成15年8月10日

 

 

● ● 在宅訪問リハビリテーション講習会 ● ●

 

    東京地区:平成16年2月2日から2月6日

    会  場:日本理学療法士協会会館(東京都渋谷区)

     申込締切:平成15年8月11日

  

* 以上の内容につきまして、詳細を知りたい方は事務局まで

  お問い合わせ下さい。(午後4時30分以後にお願いします)

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 第9回千葉県理学療法士学会開催のご案内 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

 

会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げ

ます。

 

さて、第9回千葉県理学療法士学会を下記の通り開催いたしますのでご

案内申し上げます。

 

また、本学会に参加されますと、生涯学習の基礎プログラムまたは新人

教育プログラムの単位が認定されます。各特別講演聴講では、トピック

ス(1)・(2)・(3)の何れか、学会発表聴講では症例検討(2)、発表では症

例検討(3)が認定されます。

会員皆様のご参加をスタッフ一同お待ち申し上げます。

 

●開催要項

 

1.会 期  平成16年2月29日(日)

2.会 場  成田国際文化会館

       小ホール・国際会議室・第1〜4会議室

3.会場整理費  会員:1000円 非会員:2000円 学生:500円 

         市民公開講座無料

4.開催内容

 

(1) 特別講演(1) 「パワーリハビリテーション」

   パワーリハビリテーション研究会会長 竹内孝仁 先生

 

(2)特別講演(2)  「Dysphagia break through 」  

    東京慈恵会医科大学神経内科専門医 川口祥子 先生

 

(3)一般演題口述発表   「口述発表」

(3)一般演題ポスター発表 

(4)医療・福祉書籍販売

(5)その他   一般公開講演、 定期総会

 

 

●演題募集要項

 

口述およびポスター発表の演題を募集します。

 

1. 応募方法

 

案内に記載してある演題申込用紙をコピーして、必要事項を記入の上、

郵送もしくはFAXにてご応募下さい。演題の申込締切は、11月15日です。

申込確認後、折り返し申込受諾書を送付させて頂きます。

 

2. 応募先

 

〒286-0845 千葉県成田市押畑908-1 

専門学校 藤リハビリテーション学院 理学療法学科 加地啓介

TEL0476-23-3675  FAX0476-23-2179

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成15年8月31日(日)です.※

 

-----------------------------------------------------------------

 

■千葉県理学療法士ニュース編集部より-----------------------------

 

●県士会ニュースメールマガジンの配信先の変更や購読の中止、配信先

 の変更、購読中止の場合は下記メールアドレスにご連絡下さい

                   JK8S-YMST@asahi-net.or.jp

 

●広告受付:事務局長 西山晴彦(千葉リハセンター理学療法部)まで

 

●投稿:ニュース編集部 山下祥司(千葉市立青葉病院 リハビリ)まで

        

―――――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――

● 千葉士会公式ウェブ  http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 千葉士会公式ウェブに関する意見  pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

発行人 吉田久雄 / 編集人 山下祥司

発行 千葉県理学療法士会 事務局

〒266-0005 千葉市緑区誉田町1-45-2 千葉リハセンター理学療法部内

Tel 043-291-1831 Fax 043-291-1857

編集 千葉市立青葉病院 リハビリ科

〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

Tel 043-227-1131 Fax 043-227-2022

 

===[PR]==========================================================

 

【求人コーナー】

---------------

 

理学療法士募集

 

当院は外来・デイケア・療養型入院を主体と

した理学療法(II)種の整形外科診療所です。

 

勤務時間:平日 9:00〜18:00

     土曜 9:00〜12:00

 

休  日:4週8休

 

給  与:月35万円以上(常勤希望、パートは相談)

     当法人規定による(経験加算あり)

     賞与年2回

 

応募方法:電話連絡下さい

     履歴書持参の上、面談致します

備  考:理学療法士パート3名います

 

千葉市美浜区真砂2−6−1

医療法人社団 森整形外科クリニック

TEL:043−277−3111

 

 

--------------------------------

 

理学療法士募集

 

募集人員:若干名

待  遇:当会規定により優遇(経験考慮)

休  日:4週8休 夏期、年末年始休暇

     年次有給休暇、保育所完備

 

施設概要:老人保健施設 ユーアイ久楽部

      入所80名、通所30名

 

併設機関:やりたクリニック(内科、小児科、呼吸器科、リハビリ科)

      入院ベッド19床

     訪問看護ステーション ユーアイ

 

応募方法:電話連絡又は、履歴書を郵送してください.

 

医療法人社団 ゆうあい会

老人保健施設 ユーアイ久楽部

 

〒290-0022 千葉県市原市西広131

tel:0436-20-8882 fax:0436-20-8893

担当:古泉、大城

 

--------------------------------

 

理学療法士・作業療法療法士・言語聴覚士募集

 

募集人員   若干名

施設概要   介護老人保健施設

       入所 100名   通所 30名

 

勤務時間   9:00〜18:00  (実働8時間)

休  日   週休2日制(年間休日数124日)

待  遇   規程による(経験等考慮し、面談のうえ)、社保完備

 

       ☆ マイカー通勤可 ☆

  ☆ 電話連絡にて、施設見学の日程をご相談下さい ☆

 

 介護老人保健施設 八千代ケアセンター

八千代市島田55−1 電話 047−488−8788

 担当 事務長

 

=========================================================[END]===