★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 110号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース  2003年 10月号

 

              目次

 

千葉県医療関係団体連盟協議会出席報告

平成15年度第3回千葉県士会理事会報告

パワーリハビリテーション研修会印象記

リレーエッセイ「あなたは本当のDrコトー診療所を知ってますか?」

日本疼痛学会 −コメディカル講演会開催のご案内

第9回千葉県理学療法士学会開催のご案内

編集後記

 

■ 千葉県医療関係団体連盟協議会出席報告 □

 

                    渉外部 井田 興三郎

 

日時 平成15年7月31日 午後6時

場所 ホテルポートプラザ千葉 

議題 

1、千葉県医療関係団体連盟協議会の発足について

   

2、規約について

   

3、役員の選出について

   

4、その他

 

内容

 

 

組織は、千葉県医師会連盟、千葉県歯科医師政治連盟、千葉県薬剤師連

盟、日本看護連盟千葉県支部、及びそれらの関係団体で構成する.目的は、

構成団体の連携で必要な政治活動を行い、県民の保健、医療、福祉の向

上に寄与すること。役員は、各団体の会長で構成する.

 

決定事項

 

 1、自民党を応援する.

 2、関係団体が一致団結して応援することが出来る候補者を選ぶ事。

 3、各団体の代表者は有志でも良い.

 4、衆議院選挙から活動を開始する.

 

感想 

 

士会は、政治連盟を組織していないので個人で参加してきました.医療関

係の27団体が集まりました.一つ一つの団体では、力が弱いので医療界

の声を政治に反映してくれる政治家を応援していこうという事です.各関

係団体とも医療界の行く末に大きな不安を持っていました.

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>       各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

  

>◆平成15年度第3回理事会

 ―――――――――――――

        

日時:平成15年7月16日(水)

場所: 千葉リハビリテーションセンター

 

出席者:

<理事> 吉田(久)、井田、西山、宮崎、村永、藤井、吉田(昌)、

<監事> 宮前

<委任状> 茂木、渡辺(良)、高倉

<書記>  坂本

 

会長行動報告

・6/17 介護保険専門員会議出席

 

<各局報告>

 

●事務局 

◎総務部 

 会員動向  

施設数:274施設 

会員数:914名(内、自宅 75)

  

決算総会を6月7日に開催

 出席者19名委任状533名 計552名で成立

 

  場所  ポートプラザ千葉

  会場の人数が役員数よりも少ないことは初めてであった。

  同日1回目新人歓迎セミナー開催

 参加数130名

  7/22回目新人歓迎セミナー開催参加数70名

 

●社会局

  ◎地域保健福祉部

   在宅に関わる理学療法士はどのような事が出来るかを知らせるパン

   フレットを作成し、市町村や訪問介護ステーションへ配る事を検討中。

 

<議題>

 

1,千葉県理学療法週間2003の件

 

以下の内容で実施することが報告され、了承された。

   

公開講座開催

 日時 7/21(日)12:30〜16:00

    場所ぱ・る・るプラザ千葉

    対象一般県民人数(100名)

      

内容

「理学療法ってなに?」  川口祥子先生

「車椅子を使ってみよう」 田中康之先生

         

「理学療法士養成校説明会」

   病院・施設見学会

   日時 8/4(月)〜8/9(土)

   場所 県内8カ所の病院・施設

   対象 理学療法士を目指す一般県民 人数:各施設若干名

   内容 理学療法士の職場を見学する

 

2,事務局事務所の件

 

  事務所の契約は完了し、7/10より使用可能となる。

  次回より理事会は新しい事務所で行う。

  他の会議(関プロ等)も必要に応じて事務所を使用する

    

事務所で行う事務内容については今後検討する

 

3,その他

 

第23回関東甲信越ブロック理学療法士学会(千葉県担当)の準備に 

ついて

 

  特別講演者として両名共に打診中(講演内容は未定)

     三笠宮寛仁 殿下

     堂本 暁子 県知事

 

 準備委員会を8月から始動する事が了承された

 

・私立学校法人からの講師依頼について

 福祉用具専門相談員養成講座の講師派遣に対する依頼があったが、士

 会として人材派遣を行わない事となった。

 

・訪問介護フォーラム2003から後援依頼について士会として依頼を

 受けることが了承された

 

・健康づくリフェアー開催予定

    日時 10/18

    場所 パルコ

    詳細は後日

   

次回予定、平成15年度第4回理事会

平成15年9月17日(水)開催予定

 

 

>◎パワーリハ研修会 印象記

 ―――――――――――――

           野田病院 リハビリテーション科 鈴木 沢子

 

今回、パワーリハビリテーション研究会研修会に参加して色々な事を学

ばせて頂いた。介護予防、予防リハが注目されている今日、パワーリハ

は、数ある方法の中でも最も効果的であり、全国的に注目され普及しつ

つある方法と理解している。

 

しかし、私の中ではその具体的方法や効果等全く理解していないに等し

い状態であった為、今回の研修会は背景理論から症例検討、実技まで体

験することができ本当に意味深いものであった。 

 

特に印象的だった事は、症例報告においてパワーリハの効果が生活動作

の改善だけではなく表情や会話そして意欲等精神機能にまで好影響をも

たらすという事であった。

 

当院でもパワーリハの導入が検討されており、それまでは今回研修で学

んだことを普段の治療に生かしていきたいと思うす。

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 役員リレーエッセイ第7回

>   「あなたは本物のDrコトー診療所を知っていますか?」

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

                   千葉市立青葉病院 山下祥司

 

今年の夏、話題になった「Drコトー診療所」(フジTV、木曜10時)

というドラマをご存じでしょうか?

 

かなり好評だったようですので、ご覧になられた方も多いと思いますが

架空の島、志木那島を舞台に吉岡秀隆さん、扮する五島医師の活躍を描

いた医療ドラマです.

 

このドラマの原作は漫画家、山田貴敏さんのコミックなのですが、舞台

は古志木島となっており、鹿児島県の西方海上50kmに実在する甑島(こ

しきじま)で、現在も診療されている医師、瀬戸上健二郎先生をモデル

にしたそうです.(コミック第10巻末に詳しい)

 

私事で恐縮ですが、私の両親はこの甑島出身でこれまでにも祖父母・親

戚が先生のお世話になって事を最近知り、ビックリしました.

 

また偶然は重なるもので、今年の夏にたまたま15年ぶりに甑島にわた

る用事があり、期待せずに手打診療所を訪問したのですが、瀬戸上先生

にお会いすることができ、しばし歓談させていただくという幸運を授か

ったのでした. http://www.ne.jp/asahi/pt/chiba/2shot.html 

 

しかし、まさか18年前の祖父の手術をしてくださった先生が本物のD

rコトーだっ たとは、、なんという奇遇なんでしょう.

 

その頃、私は理学療法士の国家試験前だったのですが、祖父のお見舞い

に行った私に瀬戸上先生は「君も医学を学ぶ志しているなら・・」と内

視鏡の見学をさせていただいたこと思い出しました.

 

今年の夏はドラマを見た観光客などが押しかけ記念撮影をたのまれるな

ど「ちょっとした有名人でした。」と照れていらっしゃいました.中に

は夏休みの自由研究に小学生からインタビューを受けることもあったそ

うで「船の上で手術したのは本当ですか?」「アヤカさんはどの看護婦

さんですか?」などといった率直な?(笑)質問も飛び出して困る場面

もあったそうです.

 

しかし手打診療所ナースはさすがで「今、アヤカさんは出張中です。」

と切り替えしたとか….皆さんドラマと現実がごちゃごちゃみたいですね。

 

Drコトーはあくまでもフィクションで、特に東京の大学病院で医療ミス

を起こしてしまい、離島に赴任してきたという設定は、事実ではなく、

瀬戸上先生のご家族が心を痛めているそうです。

 

瀬戸上先生の島での20年にわたる活躍は、島民の信頼だけでなく、行

政もうごかし増した.今では医師も3名に増えて、歯科医師も1名いらっし

ゃいます。施設も大きく、立派になりMRIも導入されました。

 

その活躍は多くの人に口伝され始め「たったひとり離島で信じられない

医療をしている医者がいる」と評判になり、漫画化に繋がったと聞いて

おります.

 

そして今、東シナ海に浮かぶ孤島の一診療所は大学病院に負けない医療

水準と持った診療所となり、離島医療のモデルケースとうたわれるよう

になりました。

離島医療だけでなく、資材や設備に経費のかけられない発展途上国のモ

デル医療としても、医療の原点としてたくさんの見学・視察・研修の申

し出があるそうです.

詳しくは下記のURLのホームページをごらん下さいませ.

 

 

・甑島ツアーHP(本当のDrコトー 瀬戸上先生)

http://www.cminc.ne.jp/hitonowa/kosiki1.htm

 

・下甑村公式ウェブ

http://www.synapse.ne.jp/~shimokoshiki/index.html

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>   INFORMATION 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

●日本疼痛学会

 第2回コメディカルとともに病みを学ぶワークショップ      

 

       −コメディカル講演会開催のご案内−

 

東日本疼痛学会の第25回大会が来る12月6日に東京で開催されます。

昨年度、新たな試みとしてコメディカルを対象にした痛みのワークショッ

プが開催され,大変好評でしたので今年も開催いたします。これは日本

疼痛学会をIASP(International Association for the Study of

Pain)の日本チャプターにふさわしい組織とするために、広く痛みに関

連した医療従事者(学生を含む)に学会活動に参加してもらい,また会

員に加わってもらうためのプロモーションとして立ち上げられました。

 

病みを管理,治療する機会の多いコメディカルの皆様に多数ご参加いた

だきたく、ご案内申し上げます。

 

                 記

 

日時:平成15年12月6日 午後6時から9時

場所:シェーンバッハ砂防3階「六甲」(東京都千代田区平川町2−7−5

   地下鉄永田町駅4番出口徒歩1分,TEL:03-3261-8386)

 

プログラム:

   

1.講演:(司会 小川 節郎 先生 日本大学・医学部・麻酔科)

 

「鎮痛の意義」 18:00〜19:00

 富山医科薬科大学・薬学部 倉石 泰 先生

 

「心とからだから見た慢性疼痛」19:00〜20:00  

 日本大学・医学部 村上 正人 先生

 

2.交流会  20:00〜21:00

 "講師を囲んで"(飲み物もケーキ付き)  参加費:1500円

    

 

*当日開催されている疼痛学会から参加される場合は大会参加費のみ

(3000円)で参加できます(抄録集が別途3000円必要です)。

 

*本公演会のみの抄録は当日会場ご配布いたします。

   

◎連絡先

 

・片山 容一(日本大学医学部脳神経外科教室、日本疼痛学会会長

03-3972-8111(2481))

 

・肥田 朋子(名古屋大学医学部保健学科理学療法学専攻)

tomoko@met.nagoya-u.ac.jp

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 第9回千葉県理学療法士学会開催のご案内 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げ

ます。

 

さて、第9回千葉県理学療法士学会を下記の通り開催いたしますのでご

案内申し上げます。

 

また、本学会に参加されますと、生涯学習の基礎プログラムまたは新人

教育プログラムの単位が認定されます。各特別講演聴講では、トピック

ス(1)・(2)・(3)の何れか、学会発表聴講では症例検討(2)、発表では症

例検討(3)が認定されます。

会員皆様のご参加をスタッフ一同お待ち申し上げます。

 

●開催要項

 

1.会 期  平成16年2月29日(日)

2.会 場  成田国際文化会館

       小ホール・国際会議室・第1〜4会議室

3.会場整理費  会員:1000円 非会員:2000円 学生:500円 

         市民公開講座無料

4.開催内容

 

(1) 特別講演(1) 「パワーリハビリテーション」

   パワーリハビリテーション研究会会長 竹内孝仁 先生

 

(2)特別講演(2)  「Dysphagia break through 」  

    東京慈恵会医科大学神経内科専門医 川口祥子 先生

 

(3)一般演題口述発表   「口述発表」

(3)一般演題ポスター発表 

(4)医療・福祉書籍販売

(5)その他   一般公開講演、 定期総会

 

●演題募集要項

 

口述およびポスター発表の演題を募集します。

 

1. 応募方法

 

案内に記載してある演題申込用紙をコピーして、必要事項を記入の上、

郵送もしくはFAXにてご応募下さい。演題の申込締切は、11月15日です。

申込確認後、折り返し申込受諾書を送付させて頂きます。

 

2. 応募先

 

〒286-0845 千葉県成田市押畑908-1 

専門学校 藤リハビリテーション学院 理学療法学科 加地啓介

TEL0476-23-3675  FAX0476-23-2179

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

◇ 編 集 後 記 ◇

 

リレーエッセイは、以前より総泉病院の宮崎先生にバトンをお渡しして

いるはずなんですが、お忙しいようですっぽかされてます.(笑)

 

で、さすがに2号も続けて穴をあけたのではリレーにならないと私がペ

ンを取って駄文を書き連ねました.ぜひおご感想などメールにてお寄せ

ください.(宛先:JK8S-YMST@asahi-net.or.jp)

 

それとついに千葉県理学療法士会事務所がオープンしたようです.

9月の理事会から千葉市役所前コミュニティセンターの県士会事務所で

開催されるようですよ.次号ニュースでリポートできればと思ってます.

お楽しみに! (^^)/

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成15年10月31日(金)です ※

 

-----------------------------------------------------------------

 

■千葉県理学療法士ニュース編集部より-----------------------------

 

●県士会ニュースメールマガジンの配信先の変更や購読の中止、配信先

 の変更、購読中止の場合は下記メールアドレスにご連絡下さい

                   JK8S-YMST@asahi-net.or.jp

 

●広告受付:事務局長 西山晴彦(千葉リハセンター理学療法部)まで

 

●投稿:ニュース編集部 山下祥司(千葉市立青葉病院 リハビリ)まで

        

―――――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――

● 千葉士会公式ウェブ  http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 千葉士会公式ウェブに関する意見  pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

発行人 吉田久雄 / 編集人 山下祥司

発行 千葉県理学療法士会 事務局

〒266-0005 千葉市緑区誉田町1-45-2 千葉リハセンター理学療法部内

Tel 043-291-1831 Fax 043-291-1857

編集 千葉市立青葉病院 リハビリ科

〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

Tel 043-227-1131 Fax 043-227-2022

 

=========================================================[END]===