★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 113号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース  2004年 4月号

 

              目次

   ・会長報告 関東甲信越ブロック士会長協議会総会

   ・第9回千葉県理学療法士会学会を終えて

   ・社会局便り 船橋市福祉用具など促進協議会について

   ・学術局便り 研修会報告

   ・事務局便り 年度末勤務地移動などについて

   ・平成15年度第7回理事会報告

   ・ 編集後記

   ・ 求人情報

   ・情報コーナー

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>        会 長 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

■平成15年度関東甲信越ブロック士会長協議会総会報告 □

 

                        会長 吉田久雄

 

日時 平成16年2月20日(金)午後3時30分〜

会場 日本理学療法士協会会館

 

出席者

金子操(協議会会長・栃木県)、吉田久雄(副会長・千葉県)、高橋輝雄

(監事・東京都)、安藤正志(監事・埼玉県)、長澤弘(代理・神奈川県)

佐藤弘行(茨城県)、高橋哲也(群馬県)、谷村英四郎(山梨県)、原田

聡昭(長野県)、深川新市(新潟県)、井上保(相談役)、

第22回学会加藤準備委員長

第23回学会茂木準備委員長

 

● 議 題

 

1、第22回学会報告(東京都士会)  収支決算資料あり

 

  参加者 1016名(会員外13名)

  提案  学生会員からの参加料金を定めてはどうか。

  結論  申し合わせ事項 5、ブロック学会の開催、会場整理費の

      項目に「学生料金を設定することができる」とし、実施する

      かしないかは、学会長判断とする。

 

2、第23回学会報告(千葉県士会)

 

  演題申し込み数が少ないので、締め切りを3月10日まで延長する。

  ホームページ上で公開するが各士会に於いても申し込みの周知を願い

  たい。

 

  議案  ポスター発表の3分は、学会開催要項と異なる。

  結論  開催要項を「発表時間は、10分以内を原則とする。」に改める。

      また、以下の項目を変更もしくは削除した。

      4、 会期に関する項目を、「2日以内とする。」に変更した。

      11、発表演題数に関する項目は、「削除した。」

  背景  会員数の急激な増加に対応するため。

 

3、第24回学会(山梨県士会)

 

  主題  「理学療法の展望」

  開催日  平成17年9月17日(土)・18日(日)

  場所   甲府市総合市民会館(案)

  検討1、特別講演は2題を決定。生涯教育(基礎)を行うことは決定。

  検討2、開催日程を1日半にするか2日にするか。

     (申し合わせにより、2日以内とすることになり士会で対応する)

  検討3、会場の変更もありうる。

 

4、平成15年度事業報告、会計報告、監査報告

 

  了承された。

 

5、平成16年度事業計画・予算案

 

  了承された。

 

討議  関東甲信越ブロック協議会への各士会からの提出金制度について。

 

討議  会員数の偏りがあり、当協議会に所属する協会員数が多いことから

    協会に対してブロック援助金の増額を申しいれる。

    協会の質問項目に入れる。

 

6、委員会報告

 

(1) 新人教育プログラム委員会報告 

 

  委員会は今後も存続する。メールを用いて通知する。

  協会からの情報があった。(詳細は、各士会の担当者に確認のこと)

 

(2) 規約検討委員会  資料に基づいて説明があった。

 

7、協議会提出議題

 

  群馬県士会から  平成19年度関東甲信越ブロック学会の担当年度の

           変更について

  理由   平成18年に日本理学療法学術大会を担当するため

  結果   平成21年に担当する。

   (平成19年・長野県、平成20年・栃木県、平成21年・群馬県)    

                      

8、各士会事業報告について  書面であった。

 

9、その他、

 

(1) 協会賞の士会推薦方法について

 

  会員で士会を変更する方に対する対応について

  協会に、確認するが士会からの情報が必要であろう。

 

(2) 診療報酬における、指導・監査の情報

 

  リハ外来患者で医師の診察がないのに再診料をとっていたり、消炎鎮

  痛処置として請求すべき内容を理学療法料として算定したりしていた

  病院に、返還と保険医療機関の取り消しがあった。

 

(3) セクハラ問題など、会員からの声に対する各士会の対応について意

   見交換があった。

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>         各 種 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

■千葉県理学療法士会学会を終えて□  

第9回千葉県士会学会 学会長 藤井 顕(藤リハビリテーション学院)

 

 心配されていた天候も回復し、第9回千葉県士会学会を、本日2月2

9日、一般参加者を含む約300名の方を迎え、盛況の内に終了するこ

とができました。今日1日を無事に終え、ホットしながら今パソコンに

向かっております。

 

 本学会は、生涯学習の一環として、学術発表の機会を通じ、県士会に

おける理学療法の研鑽を、臨床、研究、教育に役立てること。また、公

開講座の実施により、県民の医療・保健・福祉に幅広く寄与する団体と

して理解を広めるとの趣旨で設立されています。

 

 今学会では、私なりに「これからのリハビリテーションを考える」こ

とを主眼に起き、準備を進めて参りました。

 

 特別講演Iでは、パワーリハビリテーション研究会会長・日本医科大

学教授 竹内孝仁先生に「パワーリハビリテーション」と題しご講演い

ただきました。低負荷反復運動、動作性−Disuse Neuro−Muscular 

System、精神面への効果などのご説明を頂き、具体的事例を通じ、慢性

期と言われる方でもここまで効果が得られるとの報告を得、正直、大変

驚かされました。介護保険をはじめとする基盤の上に立ち、これからの

リハビリテーションを考える、良い機会であったと思います。

 

 特別講演IIでは、東京慈恵会医科大学神経内科医 川口祥子先生に

「Dysphagia breakthrough」と題し、最新の話題を含めわかりやすくご

講演を頂き、生理・解剖学的知見においても興味深い内容であり、今後

のリハビリテーションの実践の上で大変参考になりました。

 

 公開講座では、4人の地域のスペシャリストの方々から、「張りのあ

る暮らしを求めて、理学療法士の視点で考えた高齢者・障害者の生きが

い生活」と題してご講演いただきました。主催者からお願いした以上に、

より具体的に、理学療法士だからこう考えられるという内容をお伝えで

きたと同時に、特別講演Iの内容にも一部重なることができ、非常に良

い講座であったと感じております。

 

 学術発表では、口述16題、ポスター28題と、多くの先生方から日

頃の研究の成果が発表され、活発な討議が行われておりました。ポスター

発表時間を3分間と短くさせていただき、少し心配ではあったのですが、

ポイントがより明確になり良い面が目立ったかと感じております。しか

しながら、せっかくのポスターの閲覧時間が短かったことが残念でした。

また、口述発表では、内容よりPower Point の出来映えの良さにばか

り目がいってしまい、感心させられるばかりでした。

 

 今、本学会の全プログラムを通じ、どれもが成功し、1日で終わるに

は惜しいぐらいだと感じておりますが、その反面、学術発表会として、

もっと士会員の発表の時間をとれた方が良かったのかとも感じておりま

す。今学会で発表されました先生方には、この機会を通じ、更なる研究

の成果を得、他の学会でご活躍されることを願うとともに、今後、多く

の先生方が、この県士会学会を最初の発表の場として、理学療法士の仲

間同士交流の場として、そして研鑽しあえる場として、ご活用いただけ

れば幸いに存じます。

 

 最後となりますが、本学会の開催にあたり、ご講演並びに座長、司会

をお願いしました諸先生方、ご賛助・協賛賜りました企業の皆様、そし

てなによりも、運営委員としてご協力いただきました諸先生方、学生ス

タッフに深くお礼を申し上げたいと思います。

 

 

 ――――――――――  

>◆社 会 局 便 り

 ――――――――――

 

■船橋市福祉用具、住宅改修地域利用促進事業協議会についての報告□

 

                    社会局 井田 興三郎

 

船橋市は、県、政令指定都市と同格の「中核市」に成りましたので厚生

労働省の施策「介護サービス適正実施指導事業」を、県及び千葉市と対

等の立場で実施することになりました。

 

この事業で船橋市は、「船橋市福祉用具、住宅改修地域利用促進事業協

議会」を、関係団体の代表により12月末に設置する事になり、士会に

協議会委員の推薦依頼がきて船橋中央病院の池田純次氏が就任しました.

 

協議会の目的は、介護サービスが適正に実施される事であり、船橋市は、

とくに住宅改修のサービスに重点を置く事としました.

 

協議会の下で実務を行う「専門相談員」の研修会が1月15.16日に船橋市

役所で開催され、千葉県理学療法士会の推薦により 千葉徳洲会病院 

木下 仁氏とみつわ台総合病院 井田 興三郎の2名、千葉県建築士会

2名、千葉県建築士事務所協会 2名、千葉県在宅サービス事業者協議

会 2名の合計8名が参加し、船橋市より「専門相談員」の職務が委嘱

されました.2日間の講義は、

 

1.福祉用具、住宅改修事業について

2.船橋市における高齢者福祉について

3.移動障害の理解と対応策

4.高齢者の身体状況ごとの住宅改修ポイント

5.高齢者、障害者を支援する基本的な視点

6.演習事例の提示

7.住宅改修と福祉用具

8.住宅改修の基本技術

9.演習、総括

10.専門相談員の実務

でした。

 

業務内容は、

1.相談援助に関すること

2.出張相談に関すること

3.その他必要とする事項

となります.

 

【 感 想 】

専門相談員の研修会終了後の意見交換で、自分の職種の分野は、良いが

他の分野の事が今一つ良く理解ができないので、相談内容の種類によリ

完全に対応ができるかが不安である、との意見が多くでました。

 

私もそう思いますが、理学療法士が、後進の人たちの為に業務を拡大し

ていくためには、不安を乗り越えて前に進んで行かなくてはなりません.

前に前進するのみです。会員の皆さんも後進の為に理学療法士として

他の分野の方々と仕事をするチャンスがきた時には、不安を乗り越えて

前に進んで、新しい分野を作り、活躍して欲しいです.

 

 

 ――――――――――

>◆学 術 局 便 り

 ――――――――――

■学術局主催研修会報告(1月から2月)□

      

                        学術局 茂木忠夫

○専門研修会

 

開催日;平成16年 1月25日(日)

場 所;藤リハビリテーション学院

テーマ;骨・関節疾患の疼痛への理学療法

講 師;脇元 幸一氏(理学療法士)

参加者;88名 

 

開催日;平成16年 2月 8日(日)

場 所;千葉県医療技術大学校

テーマ;成人片麻痺の評価と治療 入門編

講 師;石田 隆氏(理学療法士)

参加者;50名 

 

○基礎研修会

 

開催日;平成16年 2月15日(日)

場 所;亀田クリニック

テーマ;糖尿病の運動療法 

講 師;村永 信吾氏(理学療法士)

参加者;32名 

 

 

 ――――――――――  

>◆事 務 局 便 り

 ――――――――――   

年度末に伴う勤務先移動について

                       事務局長 西山晴彦

年度末に伴う勤務先の移動届けは早めに所定の用紙にご記入の上事務局

まで郵送下さい.また事務局住所が変更になっておりますのでご注意く

ださい.

 

※新事務所の住所、連絡先など

 

    千葉市中央区千葉港2−1千葉中央コミュニテーセンターB1

    千葉県理学療法士会 事務局 宛

    Tel&Fax 043−238−7570

 

※ 異動届用紙はこのニュースの巻末に掲載しております.

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>       各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

●平成15年度第7回理事会報告

 

日時:平成16年1月28日(水)

場所:千葉県理学療法士会事務局

出席者:<理事> 吉田(久)、井田、西山、宮崎、村永、藤井、石塚

    <委任状> 渡辺、高倉、吉田(昌)、茂木

    <監事> 江沢

    <書記> 山口

 

○各局報告

 

・ 事務局 総務部

 

会員動向  施設数 285 会員数 1021名(内、自宅68名)

 

傷害保険について、保険会社の担当者から詳細を聞き 数通りの案の作

成を依頼した

 

・ 学術局

 

1月   第3回専門研修会 終了

2・3月 第4回専門 第2・3・4回基礎研修会開催予定

 

○<議題>

 

1. 選挙管理委員会より

選挙公示をNO.112のニュースに掲載した

 

2. 第23回甲信越ブロック理学療法士学会の準備について

  案内は、各会員に発送済み 現在演題応募を待っているところ

  「演題募集」をニュースにも掲載

 

3.平成16年度予算案について

 各局から提出され、まとめられたものを検討した。理事会案として承

 認した

 第40回定期総会に提出する

 

4.電子メール利用管理規定について

 村永理事より規定案提出された。今後検討を重ねる

 

5. その他

 

・ 日本理学療法士協会より「健康増進マニュアル」が届いた

・ 日本理学療法士協会より研修会の案内があった

 士会員に知らせる術としてホームページに載せる。

 士会員に徹底して知らせたいものでニュースで間に合うものは

 ニュースに載せる

 

・ 第10回千葉県理学療法士学会について

 期日:平成17年2月27日(日)会場・特別講演等現在交渉中

 

・平成15年度第8回理事会は、平成16年2月29日(日)開催予定

 

                

 

-----------------------------------------------------------------

 

◇ 編 集 後 記 ◇

 

また2年に一度の診療報酬改定がやってきました.

一昨年の大改定の後なので、それほど大変とは思いませんが、介護報酬

改定と重なる平成16年度改定の前触れの包括医療や、亜急性期病床な

ど盛り込まれてますから侮れませんね.

 

巷では鳥インフルエンザで大騒ぎですが編集子は人?(笑)インフルエ

ンザにかかってしまい、3日間ほど高熱にうなされておりました。

いやーー久しぶりの熱発は辛いですね。(年のせいかな?(^^;)

 

そうこうしてる間に、春めいてきましたが、なにせ春風は花粉も一杯送

り込んできますから喜んでばかりもいられません。(^_^;)

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成16年4月30日(金)です  ※

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

■千葉県理学療法士ニュース編集部より-----------------------------

 

●県士会ニュースメールマガジンの配信先の変更や購読の中止、配信先

 の変更、購読中止の場合は下記メールアドレスにご連絡下さい

                   JK8S-YMST@asahi-net.or.jp

 

●広告受付:事務局長 西山晴彦(千葉リハセンター理学療法部)まで

 

●投稿:ニュース編集部 山下祥司(千葉市立青葉病院 リハビリ)まで

        

―――――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――

● 千葉士会公式ウェブ  http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 千葉士会公式ウェブに関する意見  pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

発行人 吉田久雄 / 編集人 山下祥司

発行  千葉県理学療法士会 事務局

    千葉市中央区千葉港2−1千葉中央コミュニテーセンターB1

    Tel&Fax 043−238−7570

 

編集  千葉市立青葉病院 リハビリ科

    〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

    Tel 043-227-1131 Fax 043-227-2022

 

=========================================================[END]===

 

===[PR]==========================================================

 

【求人コーナー】

---------------

■ 理学療法士募集 ■

 

職種    理学療法士

募集人員  1名(新卒可)

年齢条件  特になし

雇用携帯  常勤、非常勤どちらでも可

給与条件  常勤:年棒制396万〜500万円、社会保険完備

      非常勤:時給3000円

勤務時間  9:30〜16:30

診療科目  内科、神経内科、小児科、リハビリテーション科

施設概要  無床診療所、併設 通所リハビリテーション

休日    週休2日制

応募方法  電話またはメールでご連絡下さい。

名称    医療法人社団 千鍛会 ひあり内科医院

住所    〒298-0002 千葉県夷隅郡大原町日在1947−10

電話番号  0470−60−1266

E-mail   hyari@mx2.alpha-web.ne.jp

担当    伊藤または長谷川

特徴PR

サーファーが多い海岸から50Om近くの国道128号線沿いの内科診

療所。高齢化率約20%の外房の田舎町ですが、それなりに外来も忙し

くも併設の通所リハピリテーションにも約8〜10名/日来ています。

のんぴりやれる所です。

 

--------------------------------

☆理学療法士募集☆

 

稲毛整形外科

 

JR稲毛駅前(千葉市)にて開業中。スポーツ整形外科経験者募集中です。

院長 千葉大整形外科スポーツグループ出身 南出正順(S59卒)

日本整形外科専門医 専門は膝

日本体育協会スポーツドクターはバスケットほか

 

募集人員:理学療法士 1名 経験3年以上希望 (現在3名)

待遇:当院規定により優遇 (前給考慮します)

昇給 年1回 賞与2回 社会保険、労災、雇用保険完備

休日 木土午後・日祭日 研究日相談

交通 JR総武線稲毛駅西口徒歩3分.

医院概要:無床診療所における理学療法室(100平米 施設基準2)

 

電子カルテ、画像診断はLANにて正確迅速な診療を実践中.MR完備

標榜科:リハビリテーション科 整形外科 リウマチ科

 

ご質問などはメールアドレス iscmm@yahoo.co.jp まで

詳細 http://plaza.harmonix.ne.jp/~minamide/ ホームページご参照ください

 

 

--------------------------------

【情報コーナー】

 

● 日本関節運学的アプローチ(AKA)研究会理学療法士会 ●

            

 第5回学術集会開催のお知らせ

     

 テーマ:  「臨床におけるAKAとANT(関節神経学的治療法)」

 日時: 平成16年7月11日(日)9:30〜16:00

 会 場: 関内ホール(神奈川県横浜市中区住吉町)

      JR関内駅より徒歩6分 市営地下鉄関内駅より徒歩3分

 参加費:  会員6,000円  非会員8,000円

 対象者:  PT、OT、医師

 プログラム:特別講演   「AKAとANT(関節神経学的治療法)」

             博田 節夫先生(日本AKA研究会理事長)

       教育講演   「AKAの基礎」

             農瑞 芳之(日本AKA研究会理学療法士会理事長)

       学会長講演  「AKAと私」−AKAと出会ったPTとして−

             橋田 薫(恵信甲府病院)

       指定演題   4演題

       一般演題

    

●一般演題申し込み

 AKAやANTに関連する内容の基礎的研究・症例報告など発表演題

 を多数お待ちしております。

  

●申し込み先

 葉書またはE−メールにて下記に送付してください。案内・申込書を

 お送り致します。

    

 〒257−OOO1 神奈川県秦野市鶴巻北1−16−1

 鶴巻温泉病院 リハビリテーション科  池谷 和弘(5月31日〆切)

 TEL: 0463−78−1311   

 e-mail: reha@sankikai.or.jp

 

=========================================================[END]===