★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 119号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース  2005年 4月号

 

              目次

 

平成16年度関東甲信越ブロック士会長協議会総会報告

第10回千葉県理学療法士学会を終えて

千葉県医療関係団体連盟協議会定例会議報告

平成16年度第5回理事会報告

平成16年度第6回理事会報告

学術局便り〜 基礎プログラム更新申請書について(ご案内)

事務局便り〜 年度末に伴う勤務先移動について

協会主催「介護予防研修会」の開催について

求人コーナー

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>        会 長 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

■平成16年度関東甲信越ブロック士会長協議会総会報告 □

 

                        会長 吉田久雄

日時 H17年2月18日 午後3時〜5時50分

会場 日本理学療法士協会会館

出席者

金子操(会長・栃木県)吉田久雄(副会長・千葉県)神内擴行(神奈川県)

安藤正志(埼玉県)佐藤弘行(茨城県)深川新市(新潟県)谷村英四朗

(山梨県)原田聡昭(長野県)高橋哲也(群馬県) 東京都は欠席

相談役 井上保

第24回学会、橋田学会長、小林準備委員長、宮尾事務部長 

第25回学会、清水準備委員長

 

議題

1、第23回学会報告(別紙)

 

議論 ・学生委員の扱いは各県で定める。

   ・学会長表彰記念品は、5000円以内とする。

   ・表彰者への連絡は当該士会が行い、学会担当県に連絡を行う。

   ・表彰式・次期学会長挨拶の時間は再検討する。

   ・開会式などの行事の開催は、会員の集まる時間に行っても良い。

 

2、第24回学会準備報告(別紙)

 

議論 ・演題数は77演題、査読者に依頼する学会長賞・奨励賞の基準

    は各学会長が定める。

   ・生涯学習(新人教育プログラム)の演者と内容の変更があった。

    昭和大学藤が丘病院 山口光圀先生から、山梨医科大学 泌尿

    器科学講座 武田正之先生に代わる。

    これに伴い、対象単位の変更が出る。これらについては各士会

    に情報を送付するので、後は各士会が会員に連絡を行うことと

    なった。

   ・運営委員等への費用について

   ・その他

 

3、第25回学会準備報告(口頭)

 

議論

  ・H18年9月9・10日予定で、土曜日からの開催を予定

  ・会場はパシフィコ横浜を予定。

 

4、30周年記念誌について

  ・原稿の校正を各士会行い訂正があれば連絡することとなった。

 

5、平成16年度事業報告・会計報告・監査報告

  ・新潟地震時の寄付金の確認が協会に振り込んだため明文化されて

   いないので協会に振り込まれたことの文章を求めることになった。

 

6、平成17年度事業計画、予算案について

  ・了承された

 

7、委員会報告

  ・生涯学習(新人教育プログラム)の対応についての検討があった。

  ・規約検討について 意見交換があった。

  ・記念祝賀会について 意見交換があった。

  ・関ブロ学会のあり方についての意見交換があった。

 

8、日本理学療法士協会代議員会提出議題について

  ・各士会の提出議題の紹介があった。

 

9、その他、

  ・2005年生涯学習partII?更新に対する意見交換があった。

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>         各 種 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

■第10回千葉県理学療法士学会を終えて□  

 

         第10回千葉県理学療法士学会 学会長 宮崎陽夫

 

第10回千葉県理学療法士学会は2月27日、千葉市民会館にて開催され、

300名を超える参加者となり盛大の内に終了することができました。

思い返せば、今回の学会において、リアルタイムなテーマ選定および、

外部へのPRをどのようにすれば良いのか、この2点を核に去年の3月から

準備会議を開催し約一年の経過のもと会議を重ねてきました。

 

その中で、テーマは「リスクマネージメント」と決定し、外部PRとして

は地域情報誌への掲載に力を注ぎ、市政だよりをはじめ4誌に公開講座

の記事を掲載することが実現化しました。このことは、地域市民へ当士

会の活動の一部を発信できたのではないでしょうか。

 

当日状況として、特別講演は東京海上日動火災(特別補佐役)高岡正幸

先生をお招きし「理学療法でのリスクマネージメント」についてご講演

をいただきました。講演内容は、判例検証を中心に行われ、我々の業務

とその法的責任の範疇等について解りやすく講演していただきました。

今後、我々臨床での自己管理(自己の身を守るのは自分自身)の徹底を

再確認されたのではないでしょうか。

 

公開講座では、望月彬也リハデザイン代表 望月彬也先生による「福祉

用具の選び方」のご講演をいただきました。VTRを使用され、より実践

的な講演内容であり、講演終了後、質疑応答に活発な意見交換があり講

演時間を延長する状況でした。

 

士会員発表は口述21演題、ポスター22演題の発表があり、参加者の熱い

眼差しが感じられ、日頃の研究活動の成果が出せたのではないでしょう

か。これを機に更なる発展を願って止みません。

 

全般を振り返って見ると、手続き・演題発表に関して若干の混乱があり

ましたが、概ね良好だったと自負しております。

これも、参加士会員の協力によるものであり、感謝しているしだいです。

 

しかしながら、今後の学会の在り方を考えるに、会員数の増加に対応す

る参加・学術手続き方法の効率化。 学術発表に関する個人情報保護法と

の関連性について。等々に取り組んでいかなければならないと思います。

 

最後に開催にあたり講演・座長・司会を快く引き受けてくれました諸先

生、協賛企業関係者に御礼申し上げるとともに、当日B1〜3Fの往復や着

慣れない服、履き慣れない靴に妙な筋肉痛の運営委員と学生スタッフに

深々く感謝いたします。

↑公開講座の模様

↑口述発表

↑ポスター発表 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>       各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆千葉県医療関係団体連盟協議会定例会議報告

 ―――――――――――――――――――――

            渉外部 みつわ台総合病院 井田 興三郎

 

日時 平成17年2月26日 午後2時〜3時

場所 千葉県医師会大会議室 (ホテルニューツカモト2階)

出席 吉田会長 井田副会長 藤井理事

 

会議次第

1. 開会 渡邉敏弘 副会長(千葉県歯科医師政治連盟会長)

2. 挨拶 藤森宗徳 会長(千葉県医師連盟委員長)

3. 協議 澁谷禎子 副会長(日本看護連盟千葉県支部長)

 1) 今後の活動方針について

 「千葉県知事選挙の応援立候補者選出について」

    県知事立候補者の堂本あきこ氏の応援が満場一致で決定され、

    堂本あきこ氏が登場して挨拶をされました。

 

4. 閉会 上村芳彦氏(千葉県薬剤師連盟副幹事長)

 

上村氏の音頭取りにより「ガンバレコール」が三唱され閉会されました。

  

【 追 記 】

 

 藤森会長が挨拶の中で堂本氏の推薦理由について次の様に述べていま

した。元来医療団体の選挙応援は自民党であるが,今回の知事選挙には

自民党の推薦立候補者がいない事、

 前知事は在任中に医療系の会(4団体)との膝を交えての会合、及び、

医療政策についての質問が一度もなかったが、現職知事の堂本氏は、こ

の4年間に我が医療関係団体と数回の会合を持ち、千葉県の医療政策の

問題について質問、及び、意見を求められた事を上げ、今後も堂本立候

補者が我々医療人の意見を良く聴きいれて県政に反映される事を上げて

いました。

 

 堂本氏は挨拶の中で、我が団体との半年、又は、年1回の会合と県立看

護大学設立の件を話されていました。最後に握手をしながらの退場とな

りましたが、以前より親交が厚く関ブロの特別講演をお願いした関係に

ある吉田会長の握手の時には、両手で手をしっかりにぎりしめて揺すり

ながら力強い視線で吉田会長の目を覗き込む様にして何度も何度も頷い

ており,絶対に当選するのだといういう強い意志を確認しているようで

した。

150人ほど参集された各医療関係団体幹部の方々の熱気で先行きの医療界

の不安も吹き飛ぶような感じを受けました。

 

 

>●平成16年度第5回理事会報告

 ―――――――――――――――

日時:平成17年1月26日(水)

場所:千葉コミュニティセンター

出席者:<理事> 吉田(久)、井田、西山、茂木、藤井

    <監事> 江沢

    <委任状>渡辺、吉田(昌)、宮崎、村永、石塚、江澤(か)

    <書記> 西山

 

○会長報告

1.関東ブロック理学療法士学会報告

  学会長賞1題、および学会奨励賞3題決定した。

  (詳細については別報告)

2.中越地震に対する千葉県士会からの寄付にたいして、新潟県士会お

  よび協会から礼状が届いた。

3.平成17年度は代議員改選年度。千葉県は引き続き3名。

 

○各局報告

 

・事務局 総務部

 会員動向  施設数 305 会員数 1190名(内、自宅68名)

 

・学術局

 研修部 6月12・18日 平成17年度新人歓迎セミナー開催予定。

 単位管理部:会員の意識向上のため単位取得状況を個別に知らせる方

       法について検討する。

 機関誌編集部:平成17年度は帝京平成大学専門学校の長尾邦彦氏に

        部長を依頼した。

・社会局

 社会部 平成17年度から公益事業部を新設する旨報告があった。

 

○<議題>

1.協会本部からの研修会開催通知について

 協会本部から介護予防認定理学療法士研修会についての案内が届いた。

  期日:平成17年6月2〜4日

  定員:250名

  対象:経験4年以上(現在関連する業務にかかわっている者は3年

     未満でも可)

 〆切日等詳細の確認後会員に周知する。

 

2.介護認定審査会委員推薦の件

 千葉市  吉田久雄 宮前信彦 井田興三郎 宮崎陽夫 西山晴彦 

      成田友紀 安斎登紀子

 船橋市  木下 仁 宮崎典子 田中美和子

 松戸市  高田智子

 市原市  江澤省次 石井久雄 石井和人

 八千代市 藤田聡行 鈴木素絵

 浦安市  吉田久雄

 

 以上、各氏を推薦することが承認された。

 

3.その他

 

1)会長より平成16年度決算から税理士の指導を受ける旨提案があり

  承認された。経費約8万円

 

2)士会備品の貸し出しについては、士会主催または共催の事業に原則

  として限ることが確認された

 

  今後の予定  平成16年度第6回理事会

  平成17年2月27日(日) 開催予定

 

 

>●平成16年度第6回理事会報告

 ―――――――――――――――

日時:平成17年2月27日(日)

場所:千葉市民会館

出席者:<理事> 吉田(久)、井田、西山、茂木、藤井、石塚、江澤(か)

    <監事> 江澤(省)

    <委任状> 渡辺、吉田(昌)、宮崎、村永、

    <書記> 西山

 

○事務局報告 総務部

 

会員動向  施設数 301 会員数 1182名(内、自宅68名)

 

○<議題>

 

1.介護予防認定理学療法士研修会の件

 研修会について詳細な内容が会長から説明された。

  期日:平成17年6月2〜4日

  定員:東京、大阪 各250名

  対象:経験4年以上(現在関連する業務に関わっている者は3年未満でも可)

  定員:千葉県は行政枠、一般枠合わせて5名程度。

  その他:会員への周知は県士会ニュース、ホームページにて行う。

   

 応募者については3月までに県士会が集約し協会に報告する。4月中

 旬をめどに協会が参加者の調整を行う。

 参加費用については2万円を上限に県士会が負担することが決定され

 た。(但し受講者は2回以上伝達講習を行うことを条件とする。)

 

2.県内養成校の卒業式、入学式への対応についての件

 

 入学式、卒業式ともに原則として祝電を打つこととする。祝辞の依頼

 があった場合については役員が出席する。

 

以上が決定された。

 

  今後の予定 平成16年度第7回理事会

  平成17年3月23日(水)開催予定

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>         各 種 情 報

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

 ――――――――――  

>◆学 術 局 便 り           単位管理部 藤井 顕

 ――――――――――

 

基礎プログラム更新申請書について(ご案内)

 

生涯学習基礎プログラム(基礎プロ)の更新手続きは、平成17年5月から12

月31日までになります。基礎プロの更新手続きおよび申請書につきまし

て、「理学療法学Vol.31 No.7 2004(事務局便り)」

をご覧下さい。

 

 

 ――――――――――  

>◆事 務 局 便 り            事務局長 西山晴彦

 ――――――――――

 

◎年度末に伴う勤務先移動について

            

年度末に伴う勤務先の移動届けは早めに所定の用紙にご記入の上事務局

まで郵送下さい.また勤務先の変更が無くても現住所が変更になった場

合も同様に異動届の提出をお願いします.

 

※千葉県理学療法士会事務所の住所、連絡先など

 

    千葉市中央区千葉港2−1千葉中央コミュニテーセンターB1

    Tel&Fax 043−238−7570

 

※ 異動届用紙は先日配送された総会議議案書巻末に掲載しております.

         

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>   INFORMATION 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

  ● ● 協会主催  「介護予防研修会」の開催について ● ●

                         会長 吉田久雄

 

協会長、職能局長、介護保険部長名で、表記開催の案内が来ました。

以下の内容を読んでいただき、受講を希望される方は申し込みを事務局

までしてください。

 

1)、研修会日時

A、東京会場 6月2〜4日(2泊3日)

  新宿周辺のホテル 定員250名

 

B、大阪会場 11月17〜19日(2泊3日)

  会場 未定

 

2)、内容

 

研修内容は、協会が定める「介護予防認定理学療法士(仮称)研修プロ

グラム」に沿って行うが、地域で介護予防を計画、管理、実践してゆく

に当たり必要と思われる内容(16項目)を選定した。

総受講時間は34時間である。

内容(主として講義だが一部演習がある)は以下のとうり

 

1、介護予防概論         2、介護予防保健・福祉論

3、介護予防マネジメント     4、介護予防統計学

5、介護予防評価学        6、介護予防評価学演習

7、転倒予防特論         8、痴呆予防特論

9、高齢者筋力トレーニング特論  10、失禁予防特論

11、行動科学特論       12、介護保険と地域支援、老人保健

13、骨・関節障害       14、呼吸・循環から見たリスク管理

15、足のトラブル特論     16、足のトラブル演習

 

3)、受講料は無料

  (ただし、旅費・宿泊費は、職場からの出張費・自己負担・士会負担

   ただし士会負担の上限は2万円)

 

4)、受講者決定方法、

第一回目の募集では、申込者は士会推薦が必要です。

*よって、まず士会への申し込みが必要です。

ちなみに当千葉県士会では申込者は全員推薦します。

 

5)、受講者の決定は以下の条件を加味して行われます。

   (1) 理学療法士であること

   (2) 3年を経過していること

   (3) 各県の理学療法士会の推薦を受けていること。

(なお募集にあたり)

   (4) 当面は各士会5名程度の枠を設ける。

   (5) 市町村に勤務しているPTの希望者、士会推薦申込者を優先に

     行い数を見て調整をする。その上で、枠があれば士会推薦の

     不要な一般公募を行う(第2段階の募集)。

   (6) 会場に制限があるので第1段階での応募者が多い場合は、士

     会推薦があっても受講できない場合がある(協会で調整する)

     この場合第2段階での募集はない。

     また次年度の開催は現在のところ未定である。

   (7) 受講者は、各士会にもどり伝達講習会の講師や行事の担当を

     お願いしたい。

   (8) 受講者の決定は4月中旬の予定。

 

以上です。

これらより、士会事務局への申し込み期日は次のようにします。

士会申し込み期日 3月15日午後5時まで、時間を過ぎた場合は受付

できませんので御承知ください。

 

◎申し込み方法   

 

士会事務所に、FAXで申し込みを行う。

申し込み用紙はありませんが、以下の内容を記入してください。

なお、事務担当者は不在です。問い合わせはFAXで行ってください。

返答は後日おこないます。ただし期日間際の問い合わせには返答できな

いことがあります。

 

●申し込み先(千葉県理学療法士会事務局)

 

FAX 043―238−7570

 

<申し込み項目>

 

氏名             

性別:男 女  

年齢    歳 

市町村勤務で  ある ない

勤務先名

勤務先住所               

連絡先TEL/FAX

経験年数

受講費負担 (1)自己負担 (2)市町村負担 (3)所属機関負担

希望する研修地 (1)東京開催(6月2〜4日)

        (2)大阪開催(11月17〜19日)

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成17年4月30日(土)です ※

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

■千葉県理学療法士ニュース編集部より-----------------------------

 

●県士会ニュースメールマガジンの配信先の変更や購読の中止、配信先

 の変更、購読中止の場合は下記メールアドレスにご連絡下さい

                   JK8S-YMST@asahi-net.or.jp

 

●広告受付:事務局長 西山晴彦(千葉リハセンター理学療法部)まで

 

●投稿:ニュース編集部 山下祥司(千葉市立青葉病院 リハビリ)まで

        

―――――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――

● 千葉士会公式ウェブ  http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 千葉士会公式ウェブに関する意見  pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

発行人 吉田久雄 / 編集人 山下祥司

発行  千葉県理学療法士会 事務局

    千葉市中央区千葉港2−1千葉中央コミュニテーセンターB1

    Tel&Fax 043−238−7570

 

編集  千葉市立青葉病院 リハビリ科

    〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

    Tel 043-227-1131 Fax 043-227-2022

 

=========================================================[END]===

 

===[PR]==========================================================

 

【求人コーナー】

---------------

 

● 理学療法士・作業療法士募集

 

高齢化率の高い地域で活躍している

公立病院が理学療法士を急募します!

 

地域に根ざした病院です。

住民とのふれあいを大切にします。

 

勤務地  総合病院国保旭中央病院       956床

      ⇒年齢不問(新卒者希望)

     公立長生病院            231床

      ⇒年齢  30歳位まで(作業療法士希望)

鋸南町国民健康保険鋸南病院      71床

       療養型病床(38床含)・町総合保健福祉センター

      ⇒年齢  40歳位まで

     

⇒身 分 地方公務員

 

⇒給 与 各病院給与規定に基づく

 

⇒その他 研修制度有り・委細面接

 

至急連絡履歴送付を乞う

⇒問い合わせ先

   社団法人千葉県国民健康保険直営診療施設協会

                (担当:高石・伊東)

   〒263−0016千葉市稲毛区天台6−4−3

   電話043−256−8801

    FAX043−256−8861

 

---------------

 

      介護老人保健施設 ユーカリ優都苑

      オープニングスタッフ (理学療法士)募集

 

 〜全室個室のユニットケアで、おひとりおひとりと向き合ったケアを

  実現します。〜

 

<募集人員>1名

<応募資格>有資格者・経験者希望

 

<待  遇>当法人の規定により優遇致します。

        賞与年2回・昇給年1回・退職金制度有・社保完備

        資格手当・通勤手当(車通勤可)

<勤務時間>9:00〜18:00

<休   日>4週8休・有給休暇有

 

<施設概要>2005年6月開所予定

         入所:96名(一般・ショートステイ)

            全室個室、12名1グループによるユニットケア方式

         通所リハビリテーション:40名

         現在PT1名(常勤)・OT1名(常勤)

 

<交   通>京成線ユーカリが丘駅より山万ユーカリが丘線乗り換え、

       中学校駅下車14分

<応募方法>随時受付 電話にてご連絡下さい

     

     社会福祉法人 ユーカリ優都会

     介護老人保健施設 ユーカリ優都苑 開設準備室

 〒285−0859 千葉県佐倉市南ユーカリが丘11−2 SYビル

 (TEL)043−460−7117 (FAX)043−463−7555

 (HP)http://www.yutoen.com

                   求人担当:開出(カイデ)

 

---------------

 

●理学療法学科・作業療法学科 専任教員 募集

 

募集人員:若干名

教育理念:「人間愛と自己実現」

教育方針:在宅での生活と療養を適切に支援できる

     理学療法士・作業療法士の養成

 

設置学科:理学療法学科・作業療法学科

        昼間コース 3年制(各40名)

        夜間コース 4年制(各40名)

 

応募資格:免許取得後業務経験5年以上の方

応募方法:電話連絡にてお問い合わせください

                担当:二宮,山内

学校法人 福岡保健学院 八千代リハビリテーション学院

   〒276−0031

    千葉県八千代市八千代台北11−1−30

    TEL 047−481−7320

    FAX 047−481−7321

    URL htt://www.yachiyo-reha.jp

 

---------------

 

● 理学療法士募集

 

募集人員 1名

 

待  遇 当園給与規定により優遇、経験等考慮し加算有り

     昇給年1回、賞与年3回(前年実績4.6月)

     週休2日、各種保険・退職金有

 

施設概要 定員110名 ショート20名

     居宅介護支援事業所 併設

 

応募方法 電話連絡のうえ履歴書持参

 

連絡先  葛飾区東四つ木2−27−1

     京成立石駅徒歩13分

 

     介護老人福祉施設

社会福祉法人共生会 東四つ木ほほえみ里

 

TEL  03−5698−2210 担当 相馬

 

---------------

 

● 理学療法士募集

 

募集人数 1名(常勤、経験者)

待遇   当院給与規定により優遇

     面接の上、決定いたします。

 

勤務時間 平日 9:00〜18:30

     木曜 2:30〜18:30

     土曜 9:00〜13:00

 

診療科目 整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

施設概要 無床診療所

応募方法 電話連絡の上、履歴書を持参ください。

     施設見学及びご質問は電話又はメールにてご連絡ください。

 

むらた整形外科

〒276-0046 八千代市 大和田新田 99番地

TEL   047−458−0078

E-MAIL:murataseikeigeka@kfx.biglobe.ne.jp

http://www.murata-seikeigeka.com

(担当小川)

 

---------------

 

● 理学療法士募集

新設病院と通所リハビリの充実の為

 

人員:1〜2名(常勤orパート)

 

給与:当法人規定により優遇

   賞与年2回、昇給年1回

   社会保険、厚生年金、雇用保険等完備

 

勤務時間:9:00〜18:00 週休2日

 

勤務地:千葉整形外科内科

 

応募方法:電話連絡の上、履歴書・免許コピーを郵送してください

 

医療法人社団 詠冴会 

千葉整形外科内科

〒266-0005 千葉市緑区誉田町1-227-1

TEL 043(293)7005 高野まで

携帯 090 3210-5143

 

--------------------------------

 

=========================================================[END]===