★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 128号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース  2006年 10月号

 

              目次

 

巻頭メッセージ 想いと願い

平成18年度第2回理事会議事録

第3回PT、OT、ST役員連絡会報告

学術局便り〜 

   第12回千葉県理学療法士学会並びに演題募集要項のご案内

社会局便り

   ケアマネ資格を取得された士会員の方々へ

   介護保険の基礎 (3)福祉用具貸与

事務局便り〜

   理学療法士賠償保険料の引き下げについて

介護予防研修参加報告

連載 PT起業へのチャレンジ顛末記(その4)

日本褥瘡学会 千葉県支部第3回褥瘡セミナー

編集後記

求人広告など

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 巻頭メッセージ      想いと願い

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

                         会長 吉田久雄

 

・4月1日を算定基準日とした対象患者さまの日数制限日が来ました。

 

理学療法サービスを提供し、また受診されることで維持している能力を、

今後は患者さま自らが行うことで、自らが維持していくことになります。

そのための患者さまへの多岐にわたる指導をされていることと思います。

 

・社会の構造変化を受けて始まった社会保障制度改革(利用者への負担

 増)はリハ・理学療法分野においても実に多くの変革を求めましたが、

 その流れはとどまることを知らないようです。

 

そしてこの動きは、今後急性期医療に向かおうとしているようです。

回復期リハの整備、維持期サービスの整備、そして次時期医療制度改正

で持たされるであろう急性期医療の整備・・・。

具体的には、DPC対応病院以外は一般病院(急性期対応病院)と認めな

いなどとする内容が、厚生労働省高官から流れ始めています。

医療資源の集中化(選択と集中)をうたい文句に・・・・です。

 

・開業権をもてない理学療法士は、国の社会制度に翻弄される勤務先の

 方針によって右往左往しています。

 

病気やしょうがいによって一時的もしくは長期にわたって社会的弱者と

なった方々を担当する私どもに課せられた役割は大きく解決策をもたな

いゆえに、悩めるものです。

 

・明治維新をリードされた方々の多くは、当初は医師を目指して勉強さ

 れていたことは周知のとうりです。

 

学べば学ぶほど、外国と日本で、すべてにわたり差の大きいことに、ま

た他国が日本を植民地にするべく虎視眈々とねらっていることに気づか

れ、医師の道から、日本を・民を救うべく方向を大きく転換されました。

 

・理学療法士は、日本の・世界の情報にアクセスできる、する立場にあ

 ります。

 

多くの情報に埋もれず、いま目の前の患者様の自立のために何が出来る

のか、足りない面は、誰に対応を依頼することが出来るのか、考えねば

ならない立場にあります。

いずれにせよ自らの領域に留まっていては、PTを取り巻く問題解決はで

きません。多岐にわたる行動が必要で、それは一部の人間に任せておく

べき事柄ではありません。

皆さんの具体的な御意見を是非、会にお寄せください。

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>       各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆平成18年度第2回理事会議事録

 

日 時:平成18年9月2日(土)

場 所:千葉コミュニティーセンターB1

出席者:<理 事> 吉田(久)、井田、茂木、西山、藤井、

          江澤、山下、坂本、

    <監 事> 江沢、

    <欠 席> 宮崎、村永、石塚、

    <書 記> 坂本

 

<各局報告>

事務局 総務部  

   会員動向  施設数:335施設

         会員数:1441名   (内、自宅会員130名)

<議題>

1、3団体連絡会の報告の件

   日時;8月30日 

   場所;理学療法士会事務所(千葉コミュニティーセンターB1)

   内容;1)前年度および今年度の事業報告

      2)来年度の取り組み

       3団体合同で公開講座を行う事が合意され、10月10

       日(火)に第1回実行委員会を開く事となった。

       これに向けて来年度予算で3団体合同公開講座の予算

       を組むことが理事会で了承された。

 

2、千葉県介護予防市町村支援会議専門委員会メンバー選出の件

 

 県担当者から「現場で働いている理学療法士を選出して貰いたい」

と希望があり、井田副会長を委員に推薦することが了承された。

 

3、千葉市「みんなで進めよう、新世紀ちば健康プラン市民健康

  つくり大会」への参加と協賛金の取り扱いの件

   

 前年度と同様にこの大会に参加することと協賛金1口「3000円」を協

力することが了承された。

 

4、「船橋市立リハビリテーション病院運営委員会委員の推薦依頼の件

   

 士会から、委員に推薦することが了承された。人選については会長に

一任することが了承された。

 

5、船橋市地域支援委員会委員の推薦の件

 

 北習志野花輪病院の松本裕次先生が推薦され副委員長に就任されまし

た。

 

6、関ブロ学会・士会長会議の件

 

 士会長会議に吉田会長が出席することの報告があった。

 

7、会計システムの導入について

   

 法人化へ向けた取り組みとして、経理会計システムをコンピューター

化する。予算措置として、初期導入費4万円 運営費用3000〜4000円/

月を予算に計上することが了承された。

 

8、理事会の開催について

   

 今年度から、理事会を年4回 3役会を年3回 行うことが提案され了

承された。理事会の開催時期は、 6.9.12.2月の第1土曜日へ変更とな

る。

 

        次回理事会予定日 12月2日

 

>◆第3回PT、OT、ST役員連絡会報告

                      渉外部 井田 興三郎

 

日時 平成18年8月30日18:30〜20:30

会場 PT士会事務所

出席者 PT:吉田会長、井田副会長、坂本理事

    OT:福田会長、伊藤事務局長

    ST:野島会長、宇野副会長、斉藤副会長

 

議題 1、前年度報告、2、今年度事業計画

   3、情報交換等 4、共同事業の件(公開講座)

 

内容

 PT会員1500名、OT会員600名、ST会員300名で3士会共に県

単位の学会を開催している。生涯学習教育・新人教育を行っている。

 

 それに関係して研修会・症例検討会等行っている。又、法人化につい

ても各会で準備を行っている。来年6月に共催で公開講座を行う事にな

った。

 

 各理事会の承認を取り、9月に各会2名の準備委員会を立ち上げ、10

月10日に第1回目の準備委員会を開催予定、その後はメールでの打ち合

わせとなる。進行状況はニュースで報告する。

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>         各 種 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

 ――――――――――  

>◆学 術 局 便 り        

 ――――――――――

 

>◎第12回千葉県理学療法士学会開催のご案内

 

       千葉県理学療法士学会会長       吉田久雄

       第12回千葉県理学療法士学会学会長   石塚保士

                    準備委員長 遊佐 隆

謹啓

 会員の皆様におかれましては,ますます御健勝のこととお喜び申し上

げます.

第12回士会学会を下記の要項にて,開催する運びとなりました.

理学療法士の職域は拡大の一途をたどり,必要性が高まると共に,一方

では常に臨床に,研究に,そして教育に自己研鑽を積み,更なる質の向

上を求め,生涯学習が極めて重要になってまいります.この学会を通し

て,会員の皆様への更なる発展に寄与できることと確信しております.

会員皆様の積極的な御参加・演題発表をお願い申し上げます.

                              謹白

 

               開催事項

 

1.会 期    平成19年2月18日(日) 9:00〜15:30

2.会 場    三井ガーデンホテル柏

  ※車でお越しの方は,駐車料金がかかりますので,ご了承ください

3.会場整理費  会員:2000円  非会員:3000円  学生:無料

4.開催内容

 (1)特別講演 

   『バイオメカニクスからみた片麻痺の歩行と短下肢装具』

       国際医療福祉大学大学院 教授 山本 澄子 先生

 (2)公開講座   検討中

 (3)一般演題   口述発表

 (4)一般演題   ポスター発表

 (5)定期総会

 

>◎千葉県理学療法士学会 演題募集要項のご案内

 

口述およびポスター発表の演題を募集します.

 

1.応募方法

 

案内に記載してある演題申し込み用紙をコピーして,必要事項を記入の

上,郵送にてお送りください.演題の申し込み締め切りは,平成18年10

月31日です.申し込み確認後,折り返し申し込み受諾書を送付させて頂

きます.

 

2.応募先

 

松戸整形外科病院リハビリテーション科

担当:遊佐 隆

 

〒271-0043 千葉県松戸市旭町1-161

  TEL:047-344-3171

  FAX:047-344-3171

   電話でのお問い合わせは御遠慮願います.

 

3.学会紙用原稿締め切り:平成18年11月11日(当日消印有効)

 

(1)口述およびポスター演題どちらも原稿の提出が必要となります.

   提出先は,「2.応募先」と同じです.

(2)原稿はフロッピーディスクまたはE-mailでお願い致します.

(3)詳しい内容及び送付先E-mailは,申し込み受諾送付時にお知らせ

   致します.

 

4.原稿作成上の注意

 

(1)演題名・筆頭演者名(所属),共同演者名(所属)を記入してく

   ださい.

(2)キーワードは必ず3個選び,間に「・」を入れてください.

(3)本文は目的・方法・結果・まとめなどの小見出しをつけてくださ

   い.(本文の文字数は1000字以内でお願いします.)

(4)ファイルはテキストまたはワード形式でお願い致します.

 

5.演題内容

 

(1)演題は自由演題とします.他学会で発表したものでも可.

  (原稿提出時に,他学会名,テーマを明記していただき,採否に

   関しては演題審査委員会で判断させていただきます.)

(2)演題の発表形式は,口述とポスター発表とさせていただきます.

(3)口述発表は.

  PC(パワーポイント)で発表.発表時間は7分,質疑応答3分です.

 (発表・質疑応答時間は演題応募数により変更あり.)

(4)ポスターの発表形式は,演題応募数により決定致します.

 

6.演題の採否について

 

 演題審査委員会により通知致します.

 

7.問い合わせ先

 「2.応募先」と同じです.

 

 

 ――――――――――  

>◆社 会 局 便 り        

 ――――――――――

 

>◎ケアマネ資格を取得された士会員の方々へ

 

        社会局担当理事 井田興三郎 介護保険部長 大塚剛

 

行政からの各種実態調査依頼を考えて例年道理に社会局として居宅介護

支援専門員(ケアマネジャー)の実情把握をしておきたいと思います。

ご協力をお願い致します。

又、上記の目的の為に使用し本人の同意なく他のことに使用することは

ございません。

 

今年にケアマネジャーを取得された方は、下記の条件を記入の上FAXにて

士会事務所043-238-7570にご連絡下さい。

 

1.氏名

2.市町村名

3.施設名

4.所属名

5.電話番号

6.取得年度

 

 

>◎介護保険の基礎(3)福祉用具貸与

                      介護保険部 浅井清美

 

 介護保険における福祉用具は、要介護者・要支援者の日常生活の自立

を助けるものです。福祉用具の利用状況を見ると急速に普及・定着して

いるが、一方で利用者の状態像からその必要性が想定しにくい福祉用具

が給付され、介護保険の理念である自立支援の趣旨に沿わない事例も見

受けられるようになってきました。

 

 このようなことから、適正に選定されるために『介護保険における福

祉用具の選定の判定基準』が作成され、要介護度別に『想定されにくい

福祉用具』が明記されています。対象となる種目は次の9種目です。

 

1.特殊寝台(付属品を含む)

2.車椅子(付属品を含む)

3.床ずれ防止用具および体位交換器

4.認知症老人徘徊感知器

5.移動用リフト

6.手すり(工事を伴わないもの)

7.スロープ(工事を伴わないもの)

8.歩行器

9.歩行補助杖

 

ただし平成18年度の介護保険改訂により、要支援者(要支援1・2)

および要介護1の者に対しての自立支援を十分に上げる観点から選定の

判定基準を踏まえつつその状態像から想定しにくい、特殊寝台(付属品

を含む)、車椅子(付属品を含む)、床ずれ防止用具および体位変換機、

認知症老人徘徊感知器、移動用リフトは原則、保険給付の対象外となり

ました。

 

また最近ではケアマネージャーがケアプラのン立案時およびモニタリン

グ時にサービス担当者会議を開くことが以前より多くなっています。そ

の際に福祉用具の選定が議案となることが少なくありません。そのよう

な時にも自立を支援する専門職の立場で福祉用具をより適切に利用して

もらうために、我々がより良い提案ができるよう目を向けることが大切

になってくるのではないでしょうか。

 

 

 ――――――――――  

>◆事 務 局 便 り

 ――――――――――

 

>◎理学療法士賠償保険料の引き下げについて

                     事務局長 西山 晴彦

 

協会からの通知や加入依頼書が来ていることと思いますが、見過ごされ

ている方もおいでかと思いますのでお知らせいたします。

理学療法士賠償責任保険制度ですが今年度からクレジット機能付きの会

員証導入にあわせ「基本プラン」「上乗せプラン」の2階建て構成とな

りました。

 

また掛け金(年間保険料)も基本プランは950円、上乗せプラン3050

円となり併せて4000円の負担で1事故1億円、期間中3億円まで理学療

法業務中であれば対人保証されております。(昨年までは年間で1万4

千円以上だったので1/3以下になりました)

 

医療過誤や業務上のトラブルなど増加の一途をたどっておりますので、

まだ未加入の方々はこれを機会にぜひご加入されてはいかがでしょうか?

また、併せてクレジットカード式会員証への切り替えにもご理解ご協力

いただければ幸いです。

今、会員証を切り替えいただくと最初の1年間のみ「基本補償」の保険

料を協会が負担する特典もあります。詳しくは協会より配布されている

黄色いパンフレットもしくは下記のホームページでご確認ください。

 

日本PT協会ホームページ>協会会員証の発行について>理学療法士

賠償責任補償制度

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jpta/card/baishou.html

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 寄稿 介護予防研修参加報告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

                  地域保健福祉部 中溝 正浩

 

平成18年7月2日(日)千葉県教育会館にて社会局の介護予防研修が行わ

れた。当日は理学療法士のほか作業療法士、保健師、ケアマネージャー、

社会福祉士など医療・保健・福祉の8職種と多くの方々が参加され、業

界全体の関心の高さがうかがえた。

 

国の資料によると2015年の千葉県は、2002年と比較すると高齢者人口は

約157万人増、率にして68.3%増、増加率では全国第2位の伸びになると

予想されている。この増加分はいわゆる団塊の世代であり、今後はこの

世代も満足できる介護予防サービスを用意する必要があるといえそうだ。

そのための時間は非常に短いということを『介護予防概論』の講義で認

識した。「超高齢社会」に対応すべく、制度のみならず、我々関連職種

の意識改革も待ったなしの状況におかれていると実感した。

 

すでに新予防給付(要支援1.2を対象)を実施している通所リハビリ

施設も多いと思われるが、多くは運動器の機能向上、口腔ケア、栄養改

善を主としているようである。なかでも、運動器の機能向上というとマ

シーンによる筋力トレーニングのイメージが強いが、マシーン以外の手

段(ゴムバンド、転倒予防目的の体操など)でも大きな効果があること

のこと。大事なのは運動そのものではなく、その結果どのような生活機

能になるのか(なりたいのか)というビジョンを利用者と一緒に考える

ことが重要である。実施するにあったっての具体的な準備、方法、介護

保険での加算など、『運動器の機能向上』の講義で細かく紹介され、大

いに参考になった。『転倒予防特論』では東京都荒川区、千葉県浦安市

の取り組みが映像で紹介され、具体的にイメージができ、参考になった

方が多かったのではないかと思われる。

 

また、運動器の機能向上では下肢筋力のトレーニング以外にも骨盤底筋

群を中心とした失禁予防も重要であるとのこと。失禁はなかなか表面化

しにくい問題(特に女性)ではあるが、身体面のみならず心理面にも大

きく影響し、閉じこもりの原因にもつながる大きな問題であるといえる。

失禁からくる閉じこもりの結果、生活不活発(廃用性症候群)になる高

齢者が多く存在している可能性もあるのではないだろうか。失禁予防の

講義では具体的なアプローチ方法が示され非常に興味深いものであった。

 

今回の介護予防研修で初めて、失禁予防の分野も理学療法士がかかわれ

る可能性はあるということを知った方も多かったのではないだろうか。

超高齢社会において理学療法士の果たす役割は想像以上に広く、大きい

ことを感じ私個人としても非常に有意義な研修会であった。

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 連載 PT起業へのチャレンジ顛末記(その4)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

                   リハビリ健康社 井田興三郎

 

すぐ仕事ができるはずでと訪問看護ステーションの許認可は4月1日に

取っていましたが、今はもう8月でなんと5ヶ月間が過ぎてしまいました。

 

自分の人生の内でこの5ヶ月間は色々な出来事が起こりました。詳しく

書くと長くなりますので・・ただ人生は自分の思い道理にいかないもの、

何が起こるか解らないもの、その実感がひしひしと感じられた5ヶ月間

でした。

 

自分の事は自分が一番良く知っているつもりになっていましたが、トン

でもない事でした。ニュース編集部長の山下先生は「燃え尽き症候群」

とさすがに旨い事を言われると感心してしまいました。

 

さて、8月中旬より気合を入れ直して動き始めました。手始めにPTが訪

問看護7(PT・OTの居宅への派遣)で出る事をFaxで若葉区・稲毛区・花

見川区・美浜区・中央区のケアマネ事業所に流しました。さすがに反応

が早く当日にもう二件の問い合わせが来ました。今三人の利用者さまの

登録ができました。これからドンドン営業をするつもりです。

 

契約書・領収書・重要事項説明書などの書式を他の訪問看護ステーショ

ンから貰い集めて利用させて頂いています。有難い事です。知り合いの

皆様が協力して下さり仕事が回り始めました。一人で経理・事務・営業

・治療・報告・請求など一から十までとても出来ないのです。

 

関係の皆様に協力を求める事が必要ですね。いつか起業をと考えている

理学療法士は他の分野の人達との良い人間関係を今から作っておいた方

が良いでしょう。医療には医療の常識が、商売には商売の常識がありま

すので其れを話してくれる人・教えてくれる人と今から作られて於かれ

る事が必要ですね。

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>   INFORMATION 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

日本褥瘡学会 関東甲信越地方会 千葉県支部第3回褥瘡セミナー

 

       「直実践!症例から学ぶ基礎と実践!」

 

        主催 日本褥瘡学会 関東甲信越地方会 千葉県支部

拝啓

時下清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚

くお礼申し上げます。

さて、このたび第3回褥瘡セミナーを開催する運びとなりました。

つきましては、日頃褥瘡対策に従事していらっしゃる皆様にご参加をお

願い申し上げたく存じます。今回は、「褥瘡患者へのアプローチの基本」

についての講演と症例検討を行い、多職種の視点のポイントが分かるよ

うな内容となっております。褥瘡対策に取り組まれている方々に少しで

もお役に立てれば幸いでございます。

                              敬具

     日本褥瘡学会 関東甲信越地方会 千葉県支部長 仲 秀司

 

セミナープログラム

 

講演:「褥瘡患者へのアプローチの基本」 

東京歯科大学市川総合病院 皮膚科 教授 高橋愼一 先生

 

症例検討:「多職種で考える褥瘡患者へのアプローチ」

 

グループディスカッションを取り入れ、治療、看護ケア、リハビリテーション、

栄養の面から、症例の検討をおこないます。

 

コメンテーター

 東京歯科大学市川総合病院 皮膚科 教授      高橋 愼一 先生

 東邦大学医療センター佐倉病院 WOC看護認定看護師 清藤友里絵 先生

 千葉大学医学部附属病院 理学療法士        天田 裕子 先生

 千葉県済正会習志野病院 管理栄養士        井上小百合 先生

 

日 時:平成18年12月2日(土) 14:00〜17:00 (開場13:00 企業展示あり)

会 場:帝京大学ちば総合医療センター

参加費:関東甲信越地方会 会員  1,000円 会員以外の方  3,000円

定 員:80名 

(関東甲信越地方会会員を優先いたします。この機会にぜひご入会ください。)

申し込み方法:往復はがきに、氏名(ふりがな)、支部会員か否か、施設名、

医療職種、施設住所、郵便番号 電話番号を記入の上、平成18年9月30日まで

に下記までお送りください。希望者が多い場合には選考の上、その結果を10月

末日までにお知らせします。

 

お申し込み、お問い合わせ:〒299-0111 

千葉県市原市姉崎3426-3

帝京大学ちば総合医療センター 外科 仲 秀司

FAX:0436-61-3961

E-mail : naka@med.teikyo-u.ac.jp

 

 

◇ 編 集 後 記 ◇

暑かった?夏を通り過ぎ、ようやく秋風もたち日が落ちるをが早くなっ

て参りました。今年の夏はいよいよ迫り来た疾患別リハの算定上限への

対応に苦慮した会員の方も多いと思います。

脳血管リハが9月末に180日を迎えますが厚労大臣が定める患者以外

にも長期のリハビリが必要な人は結構いらっしゃって現場では戸惑うば

かりです。

 

話は変わりますが回を重ねるごとに大規模となってきている国際福祉機

器展が今年も9月27日(水)〜9月29日(金)まで東京ビッグサイト(有明)

で開催されます。

バリアフリービークル(福祉車両)のブースなどはモーターカーと見ま

ごうばかりの豪華さ!初期の福祉機器展しか知らない方はビックリされ

ると思います。平日ですが、入場無料ですのでぜひご参加ください。

私も27日午後にはPT協会のブースのお手伝いしてますのでいらした

らお気軽にお声かけください。最新号のぴた!とティッシュくらいです

がプレゼントします。

 

http://www.hcr.or.jp/exhibition/exhibition2006.html

 

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成18年10月31日(火)です ※

 

-----------------------------------------------------------------

 

―――――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――

● 千葉士会公式ウェブ  http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 千葉士会公式ウェブに関する意見  pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp ●

● 広告受付:千葉士会事務局 chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp    ●

● 県士会メルマガ購読・問い合わせ JK8S-YMST@asahi-net.or.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

発行人 吉田久雄

発行  千葉県理学療法士会 事務局

    千葉市中央区千葉港2−1千葉中央コミュニテーセンターB1

    Tel&Fax 043−238−7570

    MAIL chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp

 

編集  千葉市立青葉病院 リハビリ科 山下祥司

    〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

    Tel 043-227-1131 Fax 043-227-2022

    Mail JK8S-YMST@asahi-net.or.jp

 

=========================================================[END]===

 

===[PR]==========================================================

 

【求人コーナー】

 

●理学療法士募集

 

  そうさ                       さと

国保匝瑳市民病院 併設介護老人保健施設そうさ ぬくもりの郷

 

◆◆◆急性期から回復期、在宅支援、そして福祉へ◆◆◆

           

 当施設は公立病院と公立の介護老人保健施設です。

 病院は地域の中心的病院として市民に親しまれ急性期医療から在宅医

 療まで地域医療の中核を担っています。

 老健は平成16年4月の開設です。

 まだ新しい施設ですが介護保険の中でのリハビリの中心的役割として

 スタッフ一丸となってがんばっています。

 今回、特に老健のリハビリ部門の中心となって活躍してくれる方を歓

 迎しています。       

 老健のリハビリに熱意のある方をお持ちしております。

 

 [募集人数] 理学療法士・作業療法士 若干名 (新卒、既卒不問)

 [待遇] 身分は地方公務員となります  給与は市条例により前歴加算有

 [休日]    週休2日制、祝祭日、夏期・年末年始、有給休暇有り

 [施設概要] 病院 病床数157床

       診察科目・内科、外科、整形外科、消化器科、皮膚科、

       リハビリテーション科、放射線科、循環器科、眼科、

       耳鼻咽喉科、呼吸器科、泌尿器科

  老人介護施設・入所100名  デイケア20名

       施設内に在宅介護支援センター、訪問看護ステーション

        ヘルパーステーション

 [応募方法] 詳しくは下記まで直接お電話ください。

 

連絡先 : 国保 匝瑳市民病院

       〒289−2144  千葉県匝瑳市八日市場イ1304

        TEL 0479−72−1525

        FAX 0479−72−2926

         担当/リハビリ科 新井

        市のホームページ[施設案内]もご覧下さい。

        URL http://www.city.sosa.lg.jp/

 

 

---------------

 

● 理学療法士 募集

 

神 埼 ク リ ニ ッ ク

 

 当院は29床の急性期病院で、内科2名、整形外科2名の常勤医のほ

か、非常勤医を迎え、地域医療の充実のため努力しております。理学療

法部門の新設を計画しておりますので、立ち上げに御協力いただける方

を募集しております。

                        

 当院の概要:昭和60年開設 

 ベッド数 : 29床  

 診療科  :内科、外科、肛門科        

        整形外科                

        訪問看護                

 募集人員 :理学療法士・非常勤 1名       

 外来患者数: 220名        

 手術: 整形外科、外科

   

 応募先  千葉県香取郡神崎町神崎本宿671

    医療法人社団庄和会

    神埼クリニック

 Tel 0478-72-3117 Fax  0478-72-3818

 担当  管理部長   三田

 

 

---------------

 

● 理学療法士 募集

 

募集員数 : 1名  (嘱託)

 

応募資格 : 理学療法士、自動車運転免許

 

給  与  : 日給  16、400円

 

勤務日数 : 8:45〜17:15

         週 5日

 

休  日  : 土 又は日曜日、月曜日、祝日、

         年末年始

 

勤務内容 : 機能訓練、巡回機能訓練 等

 

交  通  : 京葉線 稲毛海岸駅 徒歩7分

 

連絡先  :  千葉市療育センター 事務局 鈴木

          TEL  043−279−1141

 

    社会福祉法人 千葉市社会福祉事業団

 千葉市療育センター ふれあいの家

         (身体障害者福祉センター・B型)

 

   〒261-0003 千葉市美浜区高浜4-8-3

   TEL  043-279-1141

  

---------------

 

● 理学療法士募集

 

応募資格: トレーナー・スポーツに興味が

        ある方。

募集人数: 2〜3名

 

給与   : 経験により応相談

 

勤務時間: 応相談

        1日1時間から可

        土・日曜日のみでも可

 

応募   : まずは電話でお問い合わせ

        下さい。 面接・見学は随時

        行っております。 面接の際は

        履歴書持参でお願いします。

 

(株) リハビリの森

   〒263-0021

     千葉市稲毛区轟町1-8-14

   TEL  043-307-7365

      担当 : 松澤

    

---------------

 

● 理学療法士・作業療法士 募集

 

プライマリ・ケアとリハビリテーションを柱とした総合診療のクリニッ

クです。

寿クラブではPT、OTが利用者の生活上の指導を行うなど、リハビリ

テーションにも重点をおいた施設づくりを目標としています。

 

千城台クリニック

 診療科目:整形外科・内科・リハビリテーション科・呼吸器科・循環

      器科・消化器科・外科

施設基準:運動器I・脳血管疾患等II、訪問リハビリ

 

寿クラブ: デイサービス (定員20名) 介護予防申請予定

ショートステイ(定員20名:従来型個室)

 

勤務形態:常勤、非常勤・パート

給与:当院規定による、経験により優遇 (常勤:前給考慮の上応談)

   社会保険完備

 

勤務時間: 8:30〜18:00(常勤)、勤務可能な曜日・時間

     (非常勤・パート)

 

休日: 日・祝日、土曜午後、木曜午前、有給休暇、夏期・年末年始

    休暇(常勤)

応募方法:メールまたは電話にてお問い合わせください。

交通:千葉都市モノレール「小倉台駅」より 徒歩10分

   JR千葉駅より京成バス(「千城台車庫」行き、「御成台車庫」

   行き)「西小倉」下車 徒歩2分

 

医療法人社団 榎会 千城台クリニック/老人福祉施設 寿クラブ

 

〒264-0007 千葉市若葉区小倉町829 電話043-233-2222

  Mail: ichiro@chishirodai-clinic.jp  

  (リハビリテーション科 山名)

http://www.newton-doctor.com/doctor/chiba6/enokikai/s32/

 

---------------

 

● 理学療法士募集

 

病院概要 : (診療科目)  整形外科・リハビリテーション科

 

有床診療所 (19床)

 

募集人数 : 1名 (常勤、経験者)

 

勤務時間 : 9:00 〜18:00 (休憩1時間)

 

休日・休暇 : 4週8休

 

給料 : 当院給料規定により優遇

経験・能力によって異なります。

 

待遇 : 社会保険・雇用保険・労災・交通費

 

応募方法 : 電話連絡の上、まず履歴書(写真貼付)を郵送して

 下さい。

 

連絡先 : 医療法人社団共生会 高根町整形外科

 

 〒 265−0061 千葉市若葉区高根町979−1

  TEL 043−228−5331

      担当 : 採用係  小圷・深山

 

 

--------------------------------

 

=========================================================[END]===