★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 132号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース  2007年 6月号

 

              目次

 

巻頭メッセージ    新年度をスタートして

第1回リハビリテーション公開講座のご案内

第1回地域リハビリテーション連絡協議会報告

平成19年度 第1回理事会議事録

学術部便り〜 新人教育プログラム修了者へのお知らせ

社会局便り〜

   ・千葉県介護予防市町村支援委員会・専門部会 実地視察報告

   ・これからのリハビリを考える市民の集い 参加報告記

事務局便り〜

   ・日本理学療法士協会(千葉県理学療法士会)新入会の流れについて

   ・県士会ニュース 紙面変更および広告料改訂について

   ・事務所FAX番号変更および勤務先など移動届けについて

INFOMATION 労災診療費通達および健保疑義解釈について

連載 PT起業へのチャレンジ顛末記(その8)

編集後記

求人広告など

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

> 巻頭メッセージ    新年度をスタートして

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

                        会長 吉田 久雄

 

 リハビリテーション料の診療制度が一部改正されました。

異例のことです。一部報道によると、昨年度改正した内容 特に診療期

間を設けたことに対する批判が、厚生労働省の予想を超え政治問題化し

てきたため、急遽 改正に踏み切ったとの報道でした。

真意は、どこにあるかはここで議論をすることはしませんが、クルクル

変わる制度に振り回されるのは、患者さまであり、担当者の私たちです。

 

 今回の制度改正で意見の具申をしたのは、主にリハ医学会とリハ施設

協会その他のようです。ここに私たちの意見を述べるチャンスはどの程

度あったのでしょうか?

 

 私たちの思いを立法府にも代表して述べていただけるような人物を、

政党を問わず選んでいかなければならないと思うのは私一人ではないと

思います。

さて、一方理学療法士の間で政治的な力を結集しようという動きがあり

ます。一部の理学療法士の方々が推進しています。

どのような背景をもっているのか、よく見極めて行きたいと思います。

 

私個人は、協会が患者さまそして理学療法士のために働いていただける

よう、政治にかかわる部門を立ち上げるべきであると予ねてから代議員

会などで発言してきました(一部には特定政党のみを支持するかのよう

な動きがあります)。

私の真意は、協会が主体性をもって対応すべきではないかということで

す。

協会は学術団体ですから、これを行うにあたっては定款もしくは細則の

変更または、新たな団体を起こすことが必要となるかと思います。

いずれにしても、社会に貢献するには、するための土俵に上がらなけれ

ばなりません。

 

協会の執行部の体制が変わりました。理事にも新たな方々が選出されま

した。「検討します」の言葉は、聴きたくないと思います。

しかし、理事に任せておけばいいということではありません。

私たちもしっかり応援して行きたいと思います。

千葉県理学療法士会も同じです。会員の方々の協力が必要です。

今年1年 宜しくお願いします

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>     第1回リハビリテーション公開講座のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

         第1回リハビリテーション公開講座運営委員

         千葉県千葉リハビリテーションセンター 戸坂友也

 

今回、一般県民を対象に、リハビリテーションについてどのような専門

医療を提供し、生活の中でどのような援助が出来るのかを知って戴くこ

とを目的にリハビリテーションを担う理学療士・作業療法士・言語聴覚

士のリハビリテーション専門職が合同で、「第1回リハビリテーション

公開講座」を開催することとなりました。

 

リハビリテーションを担う私どもは、誰でも自分らしく生きられるよう

に、また、家族や仲間や地域の人たちと共に生きられるように、障害を

抱える人たちを支える仕事をしています。たとえ障害があっても、すべ

ての人が生まれた時から高齢になるまでその人らしく暮らし、支え合え

るまちづくりを県民の皆様とともに考えたいと思い、県民の方々にリハ

ビリテーション・健康増進や介護予防のお役に少しでも役立てばと考え

企画しました。

 

今回、初めて三団体が連携して開催することにより、リハビリテーショ

ンについての見識を広げ今まで以上に幅広い知識の提供とリハビリテー

ションの実際を認識していただき、利用して戴きたいと考えています。

 

 

日時 平成19年7月8日(日)午後2時〜午後4時(受付:午後1時30分から)

 

会場 帝京平成大学専門学校(千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンE棟)

 ・JR京葉線「海浜幕張」駅北口下車、徒歩3分

 ・JR総武線「幕張本郷」駅北口下車、バス10分バス停「テクノガーデン」下車、徒歩3分

 

内容 講演

  「病院におけるリハビリテーション医学〜急性期から回復期まで〜」

    千葉県千葉リハビリテーションセンター長  吉永勝訓 先生

 

シンポジウム

 

 「リハビリテーションでできること 〜各専門職から〜」

   理学療法士会;国保成東病院        茂木忠夫 先生

   作業療法士会;帝京平成大学附属市原病院  多田 智 先生

   言語聴覚士会;亀田総合病院        根本達也 先生

 

相談コーナー リハ専門医・PT・OT・STが専門職として、個別の相談を行います。

各士会紹介コーナー 各士会の紹介や機器展示等を行います。

機器展示 リハビリ関連業者が生活用具を中心に機器展示を行います。

入 場  無料

参加対象 県民(誰でも参加可能)

 

公開講座に多数参加戴けますよう、ご案内申し上げます。

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>       各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆第1回地域リハビリテーション連絡協議会報告

 ――――――――――――――――――――――

                       副会長 井田興三郎

 

日時 平成19年3月22日 19:00〜21:00

場所 千葉中央メディカルセンター 地下1階メインカンファレンスルーム

出席 千葉県・千葉市、及び地域支援に関わる19団体の31名

 

内容 千葉地域リハビリテーション連絡協議会設立

 

  1.定款の決定 

  2.協議会長の選出 

   会長  荷堂 謙医師(千葉中央メディカルセンターリハビリテーションセンター長)

   副会長 井田 興三郎理学療法士(リハビリ健康社)

  3.千葉県における地域リハビリテーションの現状報告

    千葉県千葉リハビリテーションセンター

      センター長 吉永勝訓氏

  4.平成18年度地域リハビリテーション支援センター活動中間報告

    千葉中央メディカルセンター 工藤誠課長

  5.平成19年度地域リハビリテーション支援センター活動計画予定

    同上

  6.質疑応答・要望・意見交換等

 

【 感想 】

 

千葉県では全県レベルの千葉県地域リハビリテーション連絡協議会の下

に8地区の地域リハビリテーション支援センターを中心として各地の地

域リハビリテーション連絡協議会が設立されています。

各支援センターはリハビリテーションの地域への啓蒙・レベル向上活動

事業を行っています。

 

横の繋がりをより良くして効率よく行う為に各地域リハビリテーション

連絡協議会が創られました。私達が進出していかなくてはいけない分野

なのでやはり協議会の中で理学療法士が活躍をして欲しいものです。

 

 

>◆平成19年度 第1回理事会議事録

―――――――――――――――――

 

日 時:平成19年4月21日(土) 午後3時〜午後5時

場 所:千葉中央コミュニティーセンターB1

出席者:

<理 事> 吉田(久)、茂木、西山、宮崎、村永、山下、江澤、坂本、

<監 事> 江澤、

<委任状> 宮前、井田、藤井、石塚、

 

<各局報告>

 

事務局 総務部 会員動向  施設数:352施設

              会員数:1475名(内、自宅会員139名)

 

<議題>

 

1、3士会合同公開講座の件

 

理学療法士会を代表し、演者1名・個別相談員2名を会長推薦により選出

する事が了承され、茂木副会長に演者を、村永理事に相談担当者を依頼

した。後の1名は、理学療法週間担当者から選出することとした。

また、理学療法週間公開講座と3士会合同公開講は同時期に行われるため

タイアップさせ、その予算の一部を3士会合同公開講座へ転用することが

了承された。

 

2、平成18年度事業報告・収支報告の件

 

監事監査を受けた後、6月10日の定期総会の議題とする事で了承された。

 

3、第47回定期総会の件

 

  定期総会が以下の内容で開催されることが了承された。

    日時;平成19年6月10日(日)  11:30〜12:30

    場所;ホテル ポートプラザちば

 

議案;

第1号議案 平成18年度事業報告・収支決算報告ならびに監事監査報告の承認を求める件

第2号議案 平成19年度予算修正案の承認を求める件

 

4、第12回千葉県理学療法士学会報告の件

 

 平成19年2月18日に三井ガーデンホテル柏で開催された第12回千葉県理

学療法士学会報告が行われた。遊佐副会長から詳細にわたる報告がなされ

た。学会規模が予想より大きくなりつつあることの共通認識が得られた。

会長・理事からは、賞賛とねぎらいの賛辞があった。また次期学会長と

の情報交換がなされた。

 

5、千葉県理学療法士ニュースの件

 

 次回発行からA4版で出版される事が報告され、了承された。

 記事のレイアウトもリニューアルされる。

また、広告の掲載料を見直す事になった。

 

新掲載料金 A4版 1ページ   20,000円

 A4版 1/2ページ 10,000円

      A4版 1/4ページ  5,000円

 

6、研修会の件

 

薬品メーカーから、当士会の研修会に協力の旨があり、協議した。

一度、実施することで了承された。

 

※ 次回理事会予定日 平成19年6月10日

 

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>         各 種 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

 ――――――――――  

>◆学 術 局 便 り        

 ――――――――――

 

>◎新人教育プログラム修了者へのお知らせ

                      単位管理部 榎尾英之

 

平成18年度、千葉県理学療法士会において、新人教育プログラムを修了

された先生は43名になります。

 

・平成19年度、千葉県士会 生涯学習(新人教育プログラム等)の問い合わせ先

 

 単位管理部部長:榎尾英之(成田病院所属)

 携帯番号:09080894515

 アドレス:chibatan1@ezweb.ne.jp

 学術局:藤井顕(藤リハビリテーション学院)

 携帯番号:09080894557

 アドレス:chibatan3@ezweb.ne.jp

 

・新人教育プログラム手帳送付先のお知らせ

 〒286-0845 千葉県成田市押畑908-1

 藤リハビリテーション学院 (0476-23-2179) 藤井 顕 

 

 ――――――――――  

>◆社 会 局 便 り        

 ――――――――――

 

>◎千葉県介護予防市町村支援委員会・専門部会 実地視察報告

第二回千葉県介護予防市町村支援委員会・運動器の機能向上部会報告

                  リハビリ健康社 井田興三郎

日時 平成19年3月8日(木)9:30〜12:00

 

場所 コムスンケアカレッジ船橋校

   船橋市本町2−1−1船橋スクエア21 10階

 

議題 (1)船橋市における運動器の機能向上に関する介護予防事業について

      (実地視察を含)

   (2)その他

 

内容

 特定高齢者の総合介護予防教室・高齢者運動機能向上教室の視察でコ

ムスンケアカレッジ船橋校での見学でした。対象者は、廃用のある十数

名の高齢者でバイタルチェックに始まり簡単で軽度の体操でした。

7〜8メートルの姿勢良く歩く歩行練習も有りました。

 数回の参加で機能的にも精神的にも変化が現われてくるそうです。

今は他職種が行っていますが、やはり介護予防のこの分野にも専門職と

しての理学療法士の活躍を期待したいものですね!

 

 

>◎これからのリハビリを考える市民の集い 参加報告記

     ―リハビリ日数制限の撤廃を求めるー

                   リハビリ健康社 井田興三郎

 

日時 平成19年3月10日(土)14:00から16:00

会場 両国KFCホール3階

   東京都墨田区横綱1−6−1

主催 全国保険医団体連合会

 

運営次第

第一部 リハビリコント「おさるでポン」児童劇団やまびこ座

    主催者挨拶「リハビリ診療報酬改定を考える会」代表 多田富雄氏

    賛同者のメッセージ紹介

第二部 シンポジウム

    司会:大竹進氏(全国保険医団体連合会 理事)

 

経過報告と論点整理:大竹進氏

 厚労省への出席要請の経過と結果:広野晃久氏(青森県保険医協会 事務局)

 日本リハ医学界の意見紹介

 

シンポジスト発言

患者さんから:政時幸生氏(横浜市片麻痺協会 事務局長)

      :小山万里子氏(ポリオの会 代表)

セラピストから:菅原芳紀氏(むさしの共立診療所 理学療法士)

       :植松光俊氏(星城大学リハビリテーション学部 学部長)

リハビリテーション医師から:細田悟氏(大田病院リハビリテーション科)

 

フロア発言・来賓議員発言:民主党   鈴木寛  参議院議員

             日本共産党 小池晃  参議院議員

             社会民主党 阿部知子 衆議院議員

集会アピール提案・採択:久保佐世氏(京都府保険医協会 事務局)

 

【 感想 】

 患者さん・利用者の方々・現場は非常に困っています。シンポジスとの

1人は「悪くなってから医療保険でリハビリを再開しても元の状態には戻

れないだろうし、大変な努力と困難があるでしょう。」「受験の子供がい

るが、家族の為の食事の支度や家事をしてくれ、その上に自分のお弁当を

作り通学し受験勉強をしている。リハビリが継続できていたら・・・この

ような状態に成らなかったのでは・・ と悔やむ。」 患者さん本人にも

家族にも・家族の将来へも・将来の医療費にも悪い影響が出ている事が発

言され続けた。

 

私たち理学療法士には、患者さんの身体・運動機能の予後予測の面だけで

なく精神的な面、家族の現在・将来の生活を見通すだけの知識を教え込ま

れているはずです。やはり我々 理学療法士が発言して行動しなければな

らないでしょう。でも私達理学療法士の多くは、目の前の日々の業務に忙

しく、その知識にも方法にも触れる事が無い現状のようです!!

 

 

 ――――――――――  

>◆事 務 局 便 り

 ――――――――――

 

>◎日本理学療法士協会(千葉県理学療法士会)新入会の流れについて

 ―――――――――――――――――――――――――――――――

                   事務局総務部 坂本 光弘

 

千葉県理学療法士会へ入会方法は、日本理学療法士協会から発行されて

いる平成19年度入会案内(P7、下段;申込み方法)と多少違いますの

で、新しく入会される方は、以下の内容をご確認下さい。

 

@ 協会入会申込書と会員証発行申込書を同封し、事務局財務部へ郵送してください。

 

 (現金は取り扱っていません。現金の送付はご遠慮します。)

  郵送先 〒265−0073 千葉市若葉区更科町2592

        総泉病院 リハビリテーション科内

        千葉県理学療法士会  事務局財務部

           宮崎 陽夫 宛

 

A 協会入会申込書と会員証発行申込書を確認し、事務局財務部から理学療法士会事務所へ転送する。

 

B 理学療法士会事務所で会員データを千葉県士会員として入力する。

 

C 会員データ入力後、複写の残りを日本理学療法士協会へ転送する。

 

D 日本理学療法士協会で会員データを入力する。

 

E 協会で会員データ入力後、2〜3ヵ月後に協会から各会員へ会員番号が配布される。

 

 * ちなみに、理学療法士名簿登録番号(免許番号)は厚生労働省か

   ら発行されている理学療法免許証に記載されている5桁の番号で、

   会員番号は日本理学療法士協会から発行されている会員番号です。

 

身近に入会希望者がいる場合、この内容をお伝え下さい。

内容に不明な点がありましたら、理学療法士会事務所へFAXで問合せ下

 さい。

    問い合わせ先;FAX 043−242−6203

 

 

>◎県士会ニュース 紙面変更および広告料改訂について

 ―――――――――――――――――――――――――

                    ニュース編集部 山下祥司

 

今号より県士会ニュース紙面を大幅に変更いたしました。

紙面をA4版に拡大し読みやすさにも配慮しつつ、校正作業を二重にす

るなど記事内容も充実を図っていく所存です。

また今回は紙面改訂に伴い下記のように求人などの広告掲載料を変更さ

せて戴きます。

 

 1回 掲載料金

 

 A4版 1ページ   20,000円

 A4版 1/2ページ 10,000円

 A4版 1/4ページ  5,000円

 

 

>◎事務所FAX番号変更および勤務先など移動届けについて

 ―――――――――――――――――――――――――――

                       事務局長 西山晴彦

 

年度変わりに伴う勤務先の移動届けは早めに所定の用紙にご記入の上、

下記の県士会事務所まで郵送下さい。また勤務先の変更が無くても現住

所が変更になった場合も同様に異動届の提出をお願いします。

(異動届用紙は例年、総会議議案書巻末に掲載しております)

 

なお県士会事務業務の円滑化を図るためFAX専用番号を新設いたしま

したのでお知らせいたします。

 

    〒260-0026 千葉市 中央区 千葉港 2−1

    千葉中央コミュニテーセンターB1

    Tel 043−238−7570

    (電話窓口対応は平日の月・火・木・金 12:00〜16:00)

    FAX 043−242−6203 ※変更となりました

    MAIL chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――

>   INFORMATION 

―――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

平成19年度診療報酬改定に伴う労災診療費の取り扱いについての通知

があり、4月25日に日本理学療法士協会ホームページに掲載されまし

たのでお知らせいたします。

医療保険とは逓減の扱いが異なり、労災では逓減措置はなく、このため

リハビリ医学管理料も適応されないとのことです。

 

詳しくは下記の日本理学療法士協会医療保険部ホームページからご確認

ください。

また4月20日付けで通知のあった医療保険での疑義解釈(その7)も

リハビリ関連部分のみ掲載しましたのであわせてご参照ください。

 

 日本理学療法士協会 職能局 医療保険部 http://pthoken.com/

 「労災診療費算定基準について」の一部改訂について  http://pthoken.com/19/rosai.pdf

 4月20日付 疑義解釈資料(その7) http://pthoken.com/19/gigi.pdf

 

 

-----------------------------------

 

>◎「労災診療費算定基準について」の一部改定に伴う実施上の留意事項について

                          (平成19年4月19日)

 

1 心大血管疾患リハビリテーション料、脳血管疾患等リハビリテーション料、

運動器リハビリテーション料及び呼吸器リハビリテーション料の逓減について

 

 健康保険の診療報酬点数表の一部改正により、心大血管疾患リハビリテーシ

 ョン料、脳血管疾患等リハビリテーション料、運動器リハビリテーション料

 及び呼吸器リハビリテーション料の逓減制が導入されたが、労災保険におい

 ては、健保点数表の疾患別リハビリテーション料の逓減制については適用し

 ないこととしたものであること。

 

2 心大血管疾患リハビリテーション医学管理料、脳血管疾患等リハビリテー

 ション医学管理料、運動器リハビリテーション医学管理料及び呼吸器リハビ

 リテーション医学管理料について

 

  健保改正により、心大血管疾患リハビリテーション医学管理料、脳血管疾

 患等リハビリテーション医学管理料、運動器リハビリテーション医学管理料

 及び呼吸器リハビリテーション医学管理料が設定されたが、労災保険におい

 ては、健保点数表の疾患別リハビリテーション医学管理料については適用し

 ないこととした ものであること。

 

3 労災リハビリテーション評価計画書等について

 

  健保改正により、疾患別リハビリテーション料に規定する算定日数の上限

 の除外対象患者の見直しが行われたことに伴い、算定日数の上限を超えて継

 続して疾患別リハビリテーションを行う患者のうち、治療を継続することに

 より状態の改善が期待できると医学的に判断される場合は、診療報酬明細書

 の摘要欄に継続の理由等の必要事項を記載すること等が明確になった。

 

  労災保険においては、健保における算定日数の上限を超えて疾患別リハビ

 リテーシ.ンを行う患者のうち、治療を継続することにより状態の改善が期

 待できると医学的に判断される場合については、以下のいずれかの措置を求

 めること。

 

 @診療費請求内訳書の摘要欄に継続の理由等の必要事項を記載すること。

 A労災リハビリテーション評価計画書を診療費請求内訳書に添付して提出すること。

 

  なお、今回の健保改正により算定日数の上限の除外対象とならなかった傷

 病であって、算定日数の上限を超えて疾患別リハビリテーションを行う必要

 性及び効果が認められるものは、従前どおり労災リハビリテーション評価計

 画書を診療費請求内訳書に添付させること。

  また、算定日数の上限を超えて疾患別リハビリテーションを行う場合は、

 従前どおり診療費審査委員会の医学的な意見を踏まえた上で判断すること。

 

-----------------------------------

 

◎ 診療報酬改定についての疑義解釈(その7)   平成19年4月20日

 

【7 リハビリテーション】

 

(問10)平成19年4月1日以前に疾患別リハビリテーションの算定

日数の上限を超え、介護保険によりリハどリテーションを行っていた患

者が、同一の疾患等について疾患別リハビリテーション医学管理を受け

ることはできるのか。

(答)

 疾患別リハビリテーション医学管理料の算定対象患者であって、計画

的な医学管理の下に定期的なリハビリテーションを行う必要がある患者

であれば、疾患別リハビリテーション医学管理を受けることは可能であ

る。ただし、介護保険におけるリハビリテーションを実施している月に

あっては、疾患別リハビリテーション医学管理料は算定できない。

 

(問11)平成19年4月1日から新たに算定日数の上限の除外対象患

者とされた、慢性閉塞性肺疾患、心筋梗塞又は狭心症の患者で、3月以

前に疾患別リハビリテーション料の算定日数の上限に達し、介護保険に

おけるリハビリテーションを実施していた患者は、4月1日より疾患別

リハビリテーションが算定できることとなるか。

(答)

 そのとおり。ただし、逓減後の疾患別リハビリテーション料の点数を

算定する。

 

(問12)疾患別リハビリテーション医学管理料を算定すべきリハビリ

テーションは、疾患別リハビリテーションと同様の訓練内容と考えてよ

いか。

(答)

 そのとおり。

 

(問13)疾患別リハビリテーション医学管理料は、入院・通院に関係

なく算定可能か。

(答)

 疾患別リハビリテーションと同様であり、そのとおり。

 

(問14)理学療法士等の従事者が1日に実施できる単位数には、疾患

別リハビリテーション医学管理料を算定すぺきリハビリテーションに係

る時問数も含まれるのか。

(答)

 そのとおり。

 

(問15)疾患別リハビリテーション医学管理料には消炎鎮痛等処置等

が含まれるが、リハビリテーションを実施することが多い場合に、当該

リハビリテーションに係る費用を消炎鎮痛処置で算定すれば、疾患別リ

ハビリテーション医学管理料2回分よりも高い診療報酬を請求できる場

合がある。このような取扱いは可能か。

(例:定期的なリハを1月に15日行った場合)

 ・脳血管疾患等リハ医学管理料(U)260点×2(回)=520点

 ・消炎鎮痛等処置35点×15(日)=525点

 

(答)

 機能の向上又は維持を目的とするリハビリテーションと、疼痛を緩和

させるマッサージ等とは全く異なるものである。従って、リハビリテー

ションを行ったのであれば、当然疾患別リハビリテーション医学管理料

を算定することとなる。

 

(問16)疾患別リハビリテーション医学管理料を算定した月でリハピ

リテーションを行わない日の外来管理加算は算定可能か。

(答)

 算定できない。

 

(問17)疾患別リハビリテーション医学管理料の算定対象患者は、

「特掲診療料の施設基準等別表第九の八に掲げる患者であって、別表

第九の九に掲げる場合に該当する患者以外の患者」であれば介護保険の

要支援・要介護認定の有無や特定の疾病の有無等に関わらず対象となる

と考えるがいかがか。

(答)

 そのとおり。ただし、介護保険におけるリハビリテーションを実施し

ている月にあっては、疾患別リハビリテーション医学管理料は算定でき

ない。

 

(問18)疾患別リハビリテーション医学管理料を算定している患者が、

新たな疾病を発症し、若しくは急性増悪等により改めて疾患別リハビリ

テーションを実施すべき状態となった場合は、改めて疾患別リハビリテ

ーション料を算定できると考えるがいかがか。

(答)

 そのとおり。

 

(問19)「加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病の者」は要

支援・要介護認定を受けていなくても状態が該当すればよいか。

(答)

 要支援又は要介護の認定を受けた者であることが必要である。

 

 

(問20)疾患別リハビリテーション医学管理料のみを算定している患

者に対し、HO03−2リハビリテーション総合計画評価料を併せて算

定することができるのか。

(答)

  算定できない。総合計画評価料は、疾患別リハビリテーション(T)

を届け出てる保険医療機関であって、疾患別リハビリテーション料を算

定すべきリハビリテションを行った場合に算定できるものである。

 

(問21)運動器リハビリテーション料については、発症、手術又は急

性増悪から150日以内に限り算定できることとなっているが、「前腕

骨骨折」でのリハビリテーションが終了し、「手関節不全拘縮」として

治療を開始した場合は、当該日を新たな発症日として、新たな運動器リ

ハビリテーション料を算定できるのか。

(答)

 一般的には、「前腕骨骨折」のリハビリテーションは、手関節拘縮等

の廃用性の疾患が発症しないように実施されるべきものであり、新たな

疾患が発症したものとして取り扱うことは想定していない。

 

(問22)運動器リハビリテーションを行っている傷病等について、患

者が任意に診療を中止し、1月以上経過した後診療を再開する場合など

は、初診として取扱い、新たな発症日となるのか。

(答)

 患者の都合により診療を中止し、1月を経過した後診療を再開した場

合でも、慢性疾患等明らかに同一の疾病又は負傷であると推測される場

合には、再開日が初診日とはならない。

 また、同一の疾患等について運動器リハビリテーションを再開するの

であれば、当該リハビリテーションの起算日は患者が診療を中止する前

の当初の発症日等となる。

 

(問23)「膝の変形性関節症」での運動器リハビリテーションが終了

した日以降、「脊椎疾患」や『隣接関節疾患」などで、新たな運動器リ

ハピリテーション料を算定できるのか。

(答)

脊椎疾患等の傷病が新たに発症したものであれば算定できる。なお、脊

椎疾患等の慢性的な疾患については、膝変形性関節症に対するリハビリ

テーションを実施中に既に発症していた可能性が高いことから、発症日

を十分に確認する必要がある。

 

(問24)特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱

いについて(平成18年3月6日保医発第0306003号)において、疾患別

リハビリテーションの届出様式が改正されているが、受理通知は従前の

ままで良いか。

(答)

 良い。

 

(問25)失語症などの言語聴覚療法が必要な疾患を含む疾患に係る脳

血管疾患等リハビリテーションが必要な患者について、作業療法及び理

学療法を実施している保険医療機関に言語聴覚士がおらず、言語聴覚療

法が実施できない場合には、他の保険医療機関で言語聴覚療法を実施し

ても良いか。   

(答)

 同一疾患等に係る疾患別リハビリテーション又は疾患別リハビリテー

ション医学管理については、一つの保険医療機関が責任をもって実施す

るべきである。ただし、言語聴覚療法を実施できる保険医療機関が少な

いこともあり、当分の間、他の保険医療機関において、言語聴覚療法に

係る疾患別リハビリテーション料又は疾患別リハビリテーション医学管

理料を算定しても差し支えない。

 また、当該患者に係るリハビリテーション実施計画については、両保

険医療機関においてリハビリテーションの進捗状況等を確認しながら作

成すること。

 なお、この取扱いは言語聴覚療法に限られるものであり、同一の疾患

等について、作業療法と理学療法を別の保険医療機関において実施する

ことはできないので留意すること。

 

(26)平成19年4月から、介護保険におけるリハビリテーションに

移行した日以降は、同一の疾患等について医療保険における疾患別リハ

ビリテーション料は算定できないこととされている。患者の状態によっ

ては、医療保険における疾患別リハビリテーションから介護保険におけ

るリハビリテーションへの移行にあたって、移行当初に医療保険におけ

るリハビリテーションを併用した方が良い場合もある。そのような場合

どのように取り扱えばよいか。

(答)

医療保険における疾患別リハビリテーションを実施している期間におい

て、介護保険におけるリハビリテーションに円滑に移行できるようなリ

ハビリテーション実施計画を作成し実施するべきであり、原則として、

介護保険におけるリハビリテーションに移行した日以降は、医療保険に

おける疾患別リハビリテーション料は算定できない。

 ただし、患者の状態や、医療保険における疾患別リハビリテーション

を実施する施設とは別の施設で介護保険におけるリハビリテーションを

提供することになった場合などでは、一定期間、医療保険における疾患

別リハビリテーションと介護保険のリハビリテーションを併用して行う

ことで円滑な移行が期待できることから、必要な場合には、診療録及び

診療報酬明細書に「医療保険における疾患別リハビリテーションが終了

する日」を記載し、当該終了する日前の1月間に限り、同一の疾患等に

ついて介護保険におけるリハビリテーションを行った日以外の日に医療

保険における疾患別リハビリテーション料を算定することが可能である。

 また、医療保険における疾患別リハビリテーションが終了する日は、

算定日数の上限の日以前の場合もあり得るが、最初に設定した日以降に

ついては、原則どおり、同一の疾患等について医療保険における疾患別

リハビリテーション料は算定できないものであるので留意すること。

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 連載 PT起業へのチャレンジ顛末記(その8)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

                   リハビリ健康社 井田興三郎

(続)自動車の件

 

12月に軽自動車(ミラ、H6、65.000Km,10万円)で購入、自動車保

険は前回書きましたプロ中のプロの保険業者です。息子の事故から修理

会社というよりも1人の整備士を紹介されました。元々、私は埼玉県の

川越工業の機械科を卒業し、20歳台の時に親友と共に倒産寸前のガソ

リンスタンドの建直しを経験しました。

 

その為その整備士の方の対応と知識の確実さに感じ入りました。その為、

ミラの前輪がパンク(というよりバーストです。)した時の購入業者の

対応と責任を持って入れ替えてもらった中古タイヤのアフターケアー

(エアー抜け)でのやり取りから自動車整備に件に関しては、その会社

というより彼に全てをお願する事にしました。

 

自分が乗っているスズキの箱バン(エブリー、初回車検H15,走行10万

キロを超えました、購入55万円、車検費用16万円)が12月の車検後

に今ひとつ調子が良くないので見て貰いました。彼は、即座に電気系統

が不良で三つあるプラグの一つが旨く働いていないと指摘しました。

 

そして、今後の整備の考え方として少しずつ掛かる修理費用の累積額と

新車に乗り替える額の検討をする事をアドバイスしてくれました。

今使用しているエブリーの新車価格は90万円弱でプラス税金だそうで

す。私には信頼できる整備士のプロと自動車保険のプロが居ますので安

心して業務に打ち込めるようになりました。

 

自動車関係に安心して任せられる協力者が居ないのならば、車種と車検

期間により金額に差が出てくるそうですが、新車で安心して業務に使用

できますのでリース車両を考える事をお奨めします。

業務ソフト件については、次回に報告します。

 

 

◇ 編 集 後 記 ◇

 

早いもので私が県士会ニュースの担当となってから10年近く経とうと

しております。

これまでも何度か紙面リニューアルを企画したことがあったのですが、

タイミングが合わなかったりで延期してきましたが、ついにやりました!

ようやく宿題をやり終えた気分でおります。

 

これまでは「ニュース」の名に恥じぬようホットな情報を伝えたいと思

い、締め切り厳守、校正・印刷・発送の効率化を進めてきたつもりでは

ありますが、いつまでも誤植がなくならず速報性のために信頼性が低下

しているのではないかと自責の念に駆られていましたので今号より二重

に校正作業を入れることにしました。

 

レイアウトについての要望や連載企画のアイデアなど募集中ですのでぜ

ひご意見ご感想をください。

(メルマガ版では新紙面って感じしませんね。乞うご期待です!)

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成19年6月30日(土)です ※

 

-----------------------------------------------------------------

 

――――――――――――― 問い合わせ先 ――――――――――――

● 千葉士会公式ウェブ  http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 千葉士会公式ウェブに関する意見  pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp ●

● 広告受付:千葉士会事務局    chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp ●

● 県士会メルマガ問い合わせ   m6784vj546v@asahi-net.or.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

発行人 吉田久雄

 

発行  千葉県理学療法士会 事務局

    〒260-0026 千葉市 中央区 千葉港 2−1

    千葉中央コミュニテーセンターB1

    Tel 043−238−7570

    (電話窓口対応は平日の月・火・木・金 12:00〜16:00)

    FAX 043−242−6203 ※変更となりました

    MAIL chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp

 

編集  千葉市立青葉病院 リハビリ科 山下祥司

    〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

    Tel 043-227-1131 Fax 043-227-2022

    Mail m6784vj546v@asahi-net.or.jp ※変更となりました

 

=========================================================[END]===

 

===[PR]==========================================================

---------------

 

【求人コーナー】

 

● 理学療法士募集

 

募集人数 : 常勤若干名 (新卒・経験者)

給 与  : 当法人給与規程による

        ※経験、能力により異なります。

勤務時間 : 8:30〜17:00

休 日  : 4週8休

応募方法 : 電話にてご連絡ください。

        面接・見学随時受付けしています。

        履歴書、資格写し持参

施設基準 : 脳血管疾患リハ、運動器リハ、呼吸器リハ

 

 

財団法人日産厚生会 佐倉厚生園

〒285−0025

佐倉市鏑木町336番地

Tel  043−484−2161

Fax 043−484−1852

担当 : リハ室 鈴木/事務部長 青山

 

---------------

 

 ◎ 理学療法士募集 ◎

 

平成17年6月に開院したばかりのまだ新しいクリニックです。 スタッフが明るく大変

活気のある楽しい職場です。 意欲のある方の募集をお待ちしております。

 

【募集職種】 理学療法士(常勤) 若干名

【給与】 21〜30万

【待遇】 当院規定により優遇、昇格年1年・賞与年2回・各種保険完備

【施設概要】 整形外科・リハビリテーション科(外来のみ)

       運動器リハT

        (理学療法士2名、リハ助手6名、*運動療法は完全予約制)

       リハ施設面積:100u

【休日・休暇】 木・日・祝日、年末年始、夏期休暇、有給制度あり

【勤務時間】  午前:8時45分〜12時45分

        午後:2時45分〜6時45分 (土曜のみ8時45分〜13時45分)

【交通手段】  マイカー通勤可

【応募方法】  受付随時 電話連絡の上、履歴書(写貼)を郵送して下さい。

施設見学歓迎。 いつでもご連絡下さい。

 

医療法人社団  メディアクア

 整形外科・リハビリ科  加藤大介クリニック

 〒293-0036 千葉県富津市千種新田11-14

              TEL:0439-80-0080 

              FAX:0439-80-0330       担当:金子

 

---------------

 

● 理学療法士(嘱託職員)募集

 

 募集人員:1名

 雇用期間:平成19年5月 1日〜平成20年3月31日

 応募資格:理学療法士免許をお持ちの方

 勤務時間:週5日、 1日6時間

 給  与:132,600円〜159,900円(経験年数による加算あり)

 社会保険:健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険

 休 暇 等:週30時間、週休2日制(土曜、日曜、祝祭日、年末年始等)

 福利厚生:職員住宅(単身・世帯)、院内保育所あり

 応募方法:成人、小児と幅広い訓練を行っています。是非、電話連絡にてお問い合わせください。

      担当:事務局総務班 п@043-291-1831( 内線 432 )

 

所在地(勤務地)

  〒266-0005 千葉市緑区誉田町1−45−2

    千葉県千葉リハビリテーションセンター

    (JR外房線 鎌取駅からバス10分程度、千葉県こども病院の隣)

     TEL 043-291-1831 (http://www.chiba-reha.jp)

 

---------------

 

●理学療法士募集

 

千葉県こども病院では、理学療法士(臨時的任用職員)を募集しています。

パート希望の方は、勤務日数、時間等、御相談下さい。

随時、見学も可能ですので、気軽にお問い合わせ下さい。

 

期間:平成19年8月2日から21年3月31日(要相談)

   または平成19年8月2日から1年間

給与:県の規定による。経験者優遇。

勤務日:週5日。パート希望の方は要相談。  土日のみ完全週休2日

勤務時間:8:30〜17:15

勤務内容:こども病院の入院、外来患者

資格:理学療法士免許取得者

勤務地:千葉県千葉市緑区辺田町579−1

    千葉県こども病院

交通機関:JR外房線「鎌取駅」よりバス5分〜10分、こども病院下車

     または駅より徒歩15分

* 現在常勤PT1名、嘱託PTが週4日、OTが週3日勤務しております。

  整形外科、神経科、脳外科、循環器科、代謝科等からの依頼多数です。

  独身寮あります。

 

  問合せ先  千葉県こども病院

        理学療法士  高橋 幸枝

  TEL   043−292−2111 内(8222)

       日中の問い合わせでお願いします

 

--------------------------------

 

=========================================================[END]===