★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 142号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース142号 2009年 2月号

 

               目次

 

会長メッセージ 「 チェンジ 」、日本PT協会会長講演会のお知らせ

PT・OT・ST士会役員連絡会報告

平成20年度 第4回理事会議事録

平成20年度関東甲信越ブロック新人教育担当者会議 議事録

事務局からのお知らせ 

  「平成20年度会費未納の方へ」

  「FAX通信について」

  「異動届の提出について」

社会局からのお知らせ

  「訪問リハビリテーションの主治医の指示について確認」

  「みんなでつくる千葉市のリハビリ」

第14回県士会学会 間近!

第5回千葉県理学療法士会 社会局 合同部会 案内

<女性会員支援推進委員会> アンケート結果報告5

編集後記

求人広告など

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

> 会長メッセージ     「 チ ェ ン ジ 」

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

                           会長 吉田久雄

 明けましておめでとうございます。

 

アメリカでは、建国以来始めての、大統領が誕生します。

「Yes we can」を掲げて。

私たちも「変わらなければならない年」です。

 

誰も私たちを、変えてはくれません。

自らが自らを変えていかなければなりません。

自分たちのためではなく、私たちを待っている、私たちに期待している方々のた

めに。

私たちが持っている力を、より十分に発揮できるような環境にしていきましょう!

今年は、介護保険分野で動きがあります。

また、国家試験でも昨年以上の動きがあるとの情報もあります。

 

自らを変革できる人間・団体しか生き残れなくなった時代に突入しました。

私は、理学療法士の仕事が好きです。

後世に残したい仕事であると考えています。

皆さんの、力を結集し、みんなで新しい扉を開いていきましょう!

 

 【 再 告 知 】 半田一登 日本理学療法士協会会長講演会のお知らせ 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――

テーマ:「理学療法士を取り巻く現状と課題、ーいま取り組むべきことー」

講 師: 半田 一登 先生 日本理学療法士協会会長

日 時: 平成21年1月18日(日) 午前11時〜

場 所: 順天堂大学浦安病院 外来棟 3F講堂  駐車場 あり

その他: 千葉県PT士会員なら当日参加も大歓迎です!

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

>        各 種 会 議 報 告

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆平成20年度(PT・OT・ST士会役員連絡会報告

―――――――――――――――――――――――――

                           渉外部 井田興三郎

日時 平成20年11月26日 18:30〜

会場 千葉県理学療法士会事務所

出席 PT:吉田会長、他2名

   OT:伊藤事務局長、他1名

   ST:宇野会長、他2名

   リハビリテーション医学懇話会:吉永医師

議題 第2回リハビリテーション公開講座報告

  

   会場のスクリーンに見づらさがあったが、概ね成功した。その後第3回を

   行うべきかをテーマ・予算・動員数から検討した。その結果、会場は美浜

   文化ホールで予算は増額せずに継続する事となった。

 

 

>◆平成20年度第4回理事会議事録

――――――――――――――――

日 時:平成20年12月6日(土) 午後3時〜午後5時

場 所:千葉中央コミュニティーセンターB1

出席者:<理 事> 吉田(久)、井田、茂木、西山、宮崎、村永、山下、坂本

          江澤、小貫

    <委任状> 藤井、

    <欠 席> 宮前、水江、

 

<各部局・委員会報告>

 

●会長報告

 全国都道府県公益法人推進連絡会議へ出席

  日時;11月15〜16日

  場所;国際医療福祉大学東京キャンパス

  内容;1日目 内閣府・公益法人協会・日本理学療法士協会からの講演

     2日目 協会定款の説明および質疑

     定款の主な変更点;理事数の変更 13名⇒23名

     代議員制の導入(協会総会は代議員が出席)

     代議員選挙の実施(都道府県選挙管理委員会が代議員選挙を実施)

     *日本理学療法士協会ホームページに詳細が掲載されているので参照

 

●事務局報告 

 総務部 会員動向 施設数:382施設、会員数:1906名(内、自宅会員187名)

 

●学術局報告 

  再来年を目処に学会誌を学術誌として発行する。

 

●法人化推進委員会報告

  新公益法人に関する説明会に参加

   日時;11月20日

   場所;千葉県文書館

   内容;千葉県職員・千葉県地方法務局職員から「一般社団・財団法人制度

      の基本的な仕組み」「新公益法人制度の基本的な仕組み」の講演

 

<議題>

 

1、平成21年度事業計画・予算案の件

 新規を含む次年度事業計画・予算案を12月中旬までに各部局から事務局へ提出

 する事が確認された。

 新規事業としては事務局機能を充実させる内容が挙げられ、予算措置を付ける

 ことで承認された。

 

2、一般社団法人の登記を延期する件

 公益法人へ移行するための財政上の条件のうち遊休財産額が制限を越えない事

 に対して、公益法人の基準を満たさない事がはっきりした。

 このため平成21年4月に一般社団法人へ移行する事を延期する事と同時に、遊

 休財産額を減少する対策を講ずる事が了承された。

 次回総会で特定目的資産預金を流動資産預金とする案を提出することが承認さ

 れた。

 

3、その他

・会費未納状況の件

 平成20年12月1日現在の1年間未納者199名、2年間未納者36名が確認された。 

 計235名の未納者全員の氏名をニュース掲載する事が承認された。

 会費未納者に対しての千葉県士会独自の対応は、今後検討することとなる。

 

・協会賞推薦の件

 今年度は該当者なしとすることが承認された。

 

・FAX通信の件

 会員への情報伝達手段として、県士会ニュース・ホームページ・各種郵送の3

 方法の他にFAXによる伝達が紹介された。

 全会員への通知が出来ないことから、速報的な情報を提供するなど、必要に応

 じて使用することが承認された。

                                  以上

        ◎次回理事会開催予定 平成21年2月22日◎

 

 

>◆平成20年度関東甲信越ブロック新人教育担当者会議 議事録

―――――――――――――――――――――――――――――

 

日時:平成20年9月20日(土)14:00〜16:35

場所:日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 3号館 11階 会議室1

 

議題

1)各士会の実施状況報告

 

茨城県士会:三年次の履修、特に症例検討Vの履修率が低い。新人教育プログラ

      ムのみでなく、各学会へ一般演題として発表を実施している。

      履修履歴管理システムは外部委託したことにより、作業効率が改善

      した。養成校と士会の連携として、卒前教育から卒後教育へ上手く

      スライドできる取り組みはないか?

 

栃木県士会:新人教育プログラムの未修了者は230名。

      10年経過でのリセット者は40名。他県から異動してきた会員の、元

      の県での履修状況が不明であることがある。症例検討Vの履修が進

      まず、医師会の研修会のものにも単位認定を行っている。

 

群馬県士会:例年同様、年次毎に各1回のセミナーと症例検討会を企画している。

      症例検討会は先輩の発表を参考にできるよう、3月から6月に変更。

 

埼玉県士会:平成19年度新人教育修了者数は30名であり、昨年よりあまり増えて

      いない。会への出席は増えてきているので、今後修了者も増えると

      考えている。平成20年度より新人教育プログラム検討委員会を設置、

      アンケートにて実態調査行い、今後の研修会の内容・方法など検討

      していく。また、平成20年度より新人教育フォローアップを企画検

      討中。10名以上の希望があれば、講師の日程を検討した上で同じ研

      修を再度行う。10月から実施予定であり、今年度は試行的に行って

      いく。今後、養成校を会場とし、1年次は必ず発表を行う試みを検

      討中。現状では、半分以上の養成校からは良い返事をもらっている。

 

千葉県士会:新入会員は200名程。新人教育プログラム修了者は36名。

      1年次は200名程が研修会に参加するが、2年次では100名程、3年次

      では30〜50名程となり、段々と受講者が減っていってしまう。受講

      が続かないことと、症例検討Vの履修が問題。年度末にPT協会以外

      の会に所属しているかアンケートを行い、他団体での発表などの読

      み替えも検討していく。

 

東京都士会:1年次から新カリキュラムを開始し、2年次・3年次は旧カリキュラム

      で実施。1年次会員は400名以上であり、人数が多いので2回に分け

      て行ってほしいとの要望あり、検討中。3年次の研修会は日曜日に

      予定しており、初の試みとなる。平日に行っている事に関しては、

      平日希望・休日希望双方の意見があり、365日の勤務体制や新人が

      多い職場、1人職場などの背景がある様子。ビデオ研修や都士会以

      外の研修会も促している。また、ホームページでの研修会申し込み

      を開始し、運営する側の作業は楽になった。単位の読み替えに関し

      ては、時間・団体・内容など踏まえて判定。会則や名簿があり、会

      員が50名以上の団体に関しては、事前に判定を行うこともある。読

      み替えの基準がはっきりしていないとのクレームもあった。また、

      手帳を持っていないPT会員がおり、どうやら手帳を配っていない学

      校があるとのこと。新設校が増えていく中、協会のさらなる対応・

      指導が必要だと感じている。

 

神奈川県士会:今年度の研修会は1年次・2年次が1回ずつ終了しており、1年次の

      履修者は190名程度、2年次の履修者は200名程度。症例検討Vの通

      過率が悪いことに対しては、グループでの発表も認定することで対

      応した。新人教育プログラム修了者は432名となり、会員数の26.2

      %となった。そのうち、専門部会に登録しているのは43名である。

      症例検討Vに関して、学生時にエントリーし新人となった後に発表

      して単位認定してほしいとの要望があった。神奈川県士会としては、

      新人教育プログラム開始から3年目で認定するよう対応。他県士会

      ではどうか?

 

新潟県士会:1年次・2年次は1日でほぼ全ての単位が取れるように実施している。

      研修開催日以降に転入してきた人は翌年の受講となってしまう。ト

      ピックスは2つ受けて認定している。症例検討Vは、複数の施設に

      またがっていれば読み替え認定している。1年次・2年次・3年次と

      も受講者数は60〜70名で、あまり変わらない。

 

山梨県士会:昨年度の新人教育プログラム修了者は27名。

      修了者の中でも更新を行っているのは2割以下。管理が困難なため

      と考えられ、外部委託のようなシステムが整っていればと思う。現

      実的には難しいのかもしれないが、関ブロ全体で委託はできないか?

 

長野県士会:一日に4〜5コマの研修会を年4回行っている。

      新人教育プログラム対象者は435名であり、修了者は70名。症例検

      討Vは3年次に年1回の発表の場を設けている。

 

 

2)協会からの情報提供・報告

これはお願いに近いが、2010年の基礎プログラム更新への啓蒙を各士会でも行っ

ていただけるとありがたい。また、専門領域研究部への登録を申請できる方は、

今後制度がどう動くかは現時点では不明のため、早急に申請を促していただきた

い。新人教育プログラムの新カリキュラムに関してのご意見などあれば随時受け

付けている。

 

(質問)東京:基礎プログラムについて呼びかけはしているものの、あくまで個

       人管理となっている。詳細の問い合わせは協会でよいのか?

(応答)協会:できる範囲でお願いしたいが、会員数が多いところでは大変な実

       状もある。大枠はアナウンスしてもらいたい。詳細は協会に問い

       合わせてもらえれば対応する。

(質問)委員長:個人ではなく、士会がまとめて申請してもよいのか?

(応答)協会:個人が了承した上で、士会管理と個人管理で食い違いが生じなけ

       れば問題ない。

 

3)ブロック学会時の新人教育プログラム開催について:配布資料参照

   資料報告のとおり。特記すべき追加事項なし。

 

4)PT協会への質問、要望

・カリキュラムの改正、運用マニュアル、新人教育プログラムについて

(質問)協議会:今年度にカリキュラムの改訂が行われたが、ホームページ上で

        の案内のみで現場担当者への最終的な案内がない。運用マニュ

        アルについても同様である。

(応答)協会: カリキュラムについては平成18年度にアンケート調査を実施

        し、長崎での全国研修会で結果を報告した。カリキュラム改訂

        についても同研修会で報告したと認識している。

        また運用マニュアルについては、新たにQ&Aを作成している。

        来年年明けには各士会の担当者へ配布する予定。

        さらに新人教育プログラムについては、教本が改訂され今後3

        年かけて移行する予定。各士会におかれてはこれをもとに新プ

        ロを実施していただきたい。

 

・臨床実習指導者研修会

(質問)協議会:今年からブロックでの実施となった経緯についてお伺いしたい。

(応答)協会 :本件は教育部分掌であり、生涯学習部員からお答えする立場に

        ない。

 

・部員を含むPT協会役員の基礎プログラム更新状況について

(質問)協議会:PT協会自体が推進する生涯学習であり、会員の士気に関わるこ

        となのでぜひ公開していただきたい。

(応答)協会 :部員を含む役員全員の更新状況は不明。少なくとも生涯学習部

        員は全員更新されている。

 

5)その他

埼玉県士会:生涯学習の履修状況を会員証によって確認できるシステムの構築を

要望する代議員会提出議題を各士会の総会へご提案いただき、次期PT協会代議員

会へ関ブロ協議会で足並みをそろえて提出できるようご協力をお願いしたい。

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

>           各 種 案 内

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

 ――――――――――――  

>◆事務局からのお知らせ

 ――――――――――――

>◎「会費未納者へ」

 

平成20年度会費未納者は今年度中に会費振込願います。

また、会員証での引落し予定の方は日本理学療法士協会への確認の上、納入願い

ます。

 

(注意)必ず送金される士会員のフルネームを記載してください。

    送金元が分からない場合は千葉県士会から日本理学療法士協会へ送金で

    きないため、協会費・士会費とも未納という状況になる恐れがあります

    のでご注意ください。

 

 【振込先】

千葉銀行 松が丘支店 (普) 2088427

日本理学療法士協会 千葉県理学療法士会 西山 晴彦

 

>◎総務部より「FAX通信について」

 

 千葉県理学療法士会から会員の皆様への情報発信の方法として、

 県士会ニュース、ホームページ、各種郵送の方法を取ってきました。

 今後、上記3方法以外に必要に応じてFAX通信を行いたいと考えて

 おります。FAX通信を行う場合、施設宛382件と自宅会員宛187件の

 計569件へ送付予定です。現在、事務局で管理しているデータには、

 382施設中40施設(10.5%)・自宅会員187件中137件(73.3%)の

 FAX番号の未登録があります。スムーズな県士会運営のため、

 FAX番号の未登録の方は事務局へご連絡頂きたいので ご協力下さい。 

 未登録施設に関しては、2008年12月 第141号に同封しました

 「平成20年度版 会員名簿」をご参照下さい。また、自宅会員の方は

 4分の3近くの方が未登録です。FAX可能な自宅会員者は事務局へ

 お知らせ下さい。

 通知方法ですがFAXで以下の@〜Cの情報をご連絡下さい。

 異動届等の用紙の限定はありません。「FAX番号の通知について」

 @施設名A代表者名 B電話番号 CFAX番号

 

 ご協力お願い致します。 

         千葉県理学療法士会事務局 FAX043-242-6203

 

>◎「異動届の提出について」

 

年度末に近づき職場を転職、退職、休職される方が、いらっしゃると思います。

その際、所定の書類を千葉県理学療法士会事務所へ郵送を頂けますよう

御願い致します。所定の書類は会員異動届・退会届・休会届・復会届の4種類です。

巻末に会員異動届を添付いたしました。また他の書式は、日本理学療法士協会HP

からダウンロードできます。

協会・県士会からの書類等を確実に郵送させていただく為に書類の提出について、

ご協力を御願いいたします。

 

 

 ――――――――――――  

>◆社会局からのお知らせ

 ――――――――――――

>◎介護保険部より「訪問リハビリテーションの主治医の指示について確認」

 

以前から、訪問リハビリテーション(以下訪問リハ)においての主治医からの指

示について、いくつかの質問が寄せられていましたので、今回は以下にその内容

を法律的な面から確認します。

 

まず介護保険法事態には訪問リハ 訪問看護共に、医師から指示を受けて、サー

ビスを行った場合に報酬の算定ができることは明記されていますが、指示書の有

効期限については明記されていません。そして医師の指示書の有効期間が明記さ

れている最新の文章はH18年3月3日介護報酬算定・指定基準の解釈通知の規定

に出ています。

 

その内容は、医療機関、老人保健施設から行なう訪問リハについては指示を行な

う医師の診察日から1月以内に行なわれた場合に算定できるとなっています。

 

また、訪問看護ステーションから行なわれる訪問リハ(訪看7)では主治医の判

断に基づいて交付された指示書の有効期限内に行った場合に算定するとなってい

ます。

 

結果、医療機関等から行なわれる訪問リハでは医師の診察、指示から1ヶ月、訪

問看護ステーションから行なわれる訪問リハ(訪看7)では医師の指示した期限

となりますのでご確認の上、業務運営を行ってください。

 

 

>◎「みんなでつくる千葉市のリハビリ」

〜顔をあわせて人柄を知ろう。名刺交換会〜 参加報告

                       リハビリ健康社 井田興三郎

 

日時 H20.11.18.(火)19:00〜20:30

場所 千葉中央メディカルセンター

参加 地域リハに興味を持つ医療・介護・福祉の関係者

主催 千葉地域リハビリテーション広域支援センター

 

感想 スタッフを含めると90名以上の方々が集まりました。一枚の名刺を壁に

   職種・所属別に張りだしまして、それを見て知り合いたい人とお互いに名

   刺を交換しました。この名刺交換会を機会に千葉市内では医療・介護・福

   祉関係者の連携がより良く取れるように変わって行くことでしょう!お互

   いに顔が解るようになりましたので・・会員の皆さんもやはり頑張ってP

   Tの顔を売るように努力して行きましょう!

 

 

 ――――――――――――――

>◆第14回県士会学会 間近!

 ――――――――――――――

               第14回千葉県理学療法士学会長 嶋田 裕敬

 

「何をどうすれば・・・?」と準備委員長の松川さんと思案にくれた日々から瞬

く間に1年が過ぎました。多くの士会員が参加でき、「元気が出る学会を!」を

モットーに会場選びから始めました。また、準備の協力を士会員に呼び掛けたと

ころ、沢山の皆さんに手を挙げて頂き、嬉しい悲鳴を上げました。

 

今回は、参加し易い様に交通の便が良い会場の選択や、お子さんのいらっしゃる

会員でも参加出来る様に託児室を設ける案を実現するなど準備役員の方々には大

変ご苦労をお掛けしました。託児室利用には数名の方が申し込まれました。

 

県士会予算の中では、1800名を超す会員を有する士会学会の運営は初めから厳し

い事は明らかでした。財源については色々な案が出ましたが、会員皆さんの参加

費の値上げだけは避けたい一念から、多方面へ協賛費のお願いをする事としまし

た。担当役員の先生方のご尽力で、何とか開催出来そうな所まで漕ぎ着けました。

 

学会内容につきましても、発表・質疑応答の時間を多少ではありますが、これま

でよりも多めに調整して頂き、活発な応答をして戴こうと思っています。

また特別講演では、「医療制度改革とこれからの理学療法士の課題」と題して慶

応義塾大学大学院・教授の高木安雄先生に、ご自身の理学療法体験を通してこれ

からのPTについてのアドバイスを分かり易くお話し頂きます。一般公開講座で

は、船橋整形外科病院の岡田亨先生(PT)に「ジュニアスポーツにおける障害

予防」〜ジュニア選手がするべきことは〜 と題し、お話しして頂く予定です。

みなさんの周りでもスポーツが盛んに行われている事と思いますが、是非お子さ

ん達、そのご両親、そしてコーチの方々にも声掛けをして頂ければと思います。

この一般公開講座に対し、千葉県をはじめ船橋市、船橋市・市川市・習志野市教

育委員会、船橋市医師会、船橋市社会福祉協議会の後援を頂きました。学術団体

としての理学療法士会を広く県民にアピール出来る事と思います。

 

多くの人々の縁の下の力によって、今学会はより良き充実した学会となる事と確

信しております。

 

皆さんの学会は、沢山の士会員の発表と参加によって完結されます。

一人でも多くの会員の参加をお待ちして居ります。

 

 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――

  >   ◆第5回千葉県理学療法士会 社会局 合同部会   ◆<

         最新の褥瘡ケアと介護報酬改定情報

 ――――――――――――――――――――――――――――――――

■日程:平成21年3月29日(日) 13時30分〜16時30分      

■ 会場:千葉県教育会館 203会議室

JR千葉駅 徒歩15分 JR本千葉駅 徒歩10分

千葉県千葉市中央区中央4−13−10 TEL 043‐227‐6141

http://www.roudouanzen.com/annaizu/annaizutibakyouikukaikan.htm

 

■参加費:1000円    ■定員:80名

 

【 プログラム】

13:30〜13:40 開会

13:40〜15:00

『最近の褥瘡ケアの動向』

日本医科大学千葉北総病院 看護師長

日本看護協会 皮膚・排泄ケア認定看護師

菅原光子 氏

15:00〜15:10 休憩

15:10〜16:30

介護保険改定情報

介護保険部 部長 大塚  剛 氏

※一部内容が変更する場合があります。

16:30 終了

 

【ポイント】

・最新褥瘡ケアを学びPTとして---褥瘡ケアへの関わりを考えます。

・H21年4月の介護保険改定情報

 ---を直前になるべく全体を網羅したかたちで報告いたします。

 

【単位認定について】

 

今回の研修会は新人教育プログラム理学療法トピックスT、U、V及び生涯基礎

に認定されます。認定手続は当日受講証明を配布いたしますので、その後1週間

以内に士会単位管理部へ郵送する形での認定手続きが必要となります。詳しくは

当日説明いたします。

 

●申し込み、問い合わせ先:

 

参加は以下のFAX番号またはメールアドレスへ合同部会参加申し込みと明記し所

属、名前、電話、FAX番号(メールの方はアドレスもお願いします。)をご記

入の上3月15日までにお申し込み下さい。尚、お問い合わせについても下記の

方へお願いします。

(電話でのお問い合わせはできませんのであらかじめご了承下さい。)

 

介護老人保健施設 総和苑 PT 村田 FAX:043‐291‐9710  

E−Mail: zvr10365@nifty.ne.jp

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

><女性会員支援推進委員会> アンケート結果報告 第5回

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

                        女性会員支援推進委員会

 

仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらすものですが、同時に、家事・

育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしに欠かすことができないものです。

現代の日本において、仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られます。それ

を解決する取組が、仕事と生活の調和(以下ワーク・ライフ・バランス)の実現

と考えられ、近年政府も積極的に取り組みを行っています。皆さんも自らの仕事

と生活の調和の在り方を考えてみませんか。

 

第5回 ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて

 

1.仕事と生活の調和

 

日本全体をみると、パートタイム労働者の増加と長時間労働の正社員という労働

時間の二極化、共働き世帯の増加、仕事と育児の二者択一を迫られる女性といっ

た状況が生じています。このような中、平成19年に「仕事と生活の調和(ワーク

・ライフ・バランス)憲章」が策定されました。

 

憲章では目指すべき社会の姿として、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感

じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、

子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現で

きる社会」 を掲げています。 今回は意識調査の結果から仕事と生活の調和に必

要な事柄を考えてみたいと思います。

 

2.意識調査の結果から

 

意識調査は26問あり、「1.全くそう思わない」「2.あまりそう思わない」

「3.どちらとも言えない」「4.ややそう思う」「5.全くそう思う」の5つ

の選択肢からひとつ選択する形で回答していただきました。平均値をグラフ化し

たものが図1です。ここから、PTになってよかった!と感じながらも仕事を効率

化し私生活を充実させたいと疲労をためながら考えている多くのPTの姿が見えて

くる気がしませんか?

 

3.男性と女性で意識の違いはある?

 

仕事との考え、21.職場残留意識でした。男性が高い設問は、2.夫は外・妻は家

庭、3.5年後のキャリアの想定、11.仕事の効率化可能でした。

男女での比較においては、女性のケア役割意識の強さ、男性の仕事意識の強さが

見られるように思います。

 

4.因子分析から、ワーク・ライフ・バランスに必要な要因を考える 

 

意識調査結果を用いて因子分析を行いました。因子の抽出には主因子法を用い13

因子が抽出されましたが、因子の解釈可能性を考慮し5因子に限定し再度因子分

析を行いました。バリマックス回転後因子負荷量の高いものを選択し5因子とし、

バリマックス回転を行った結果の因子負荷量を表1にまとめました。第1因子は

「疲労とストレス」、第2因子は「性別役割分業意識」、第3因子は「子育て職場

事情」、第4因子は「支援」、第5因子は「キャリア志向」に関する因子としまし

た。

疲労とストレスといった健康感、性別役割分業意識やキャリア志向といった意識、

子育てと職場の事情や支援といった環境が、私たちのワーク・ライフ・バランス

に影響を与えているようです。

 

 内閣府では「カエル!ジャパン」キャンペーンを行っています。その中でワ

 ーク・ライフ・バランスの実現に向け関係者が果たす役割として、就労によ

 る経済的自立、健康で豊かな生活のための時間の確保、多様な働き方の選択、

 職場風土改革等が挙げられています。皆さんの職場や家庭でもこの機会に自

 分たちの健康感・意識・環境を考えながら、働き方を見直してみませんか。

 

      <この記事へのご意見は下記までお願いします.>

       Mail: ez@igidai.ac.jp 担当:小檜山

       

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

            ◇ 編 集 後 記 ◇

 

昨年末に平成21 年度介護報酬改定が協会FAXニュースで入ってきました。

詳細は年明けに協会ホームページに掲載されましたが介護報酬全体が3%アップ

されリハビリ部門にも好影響のようです。

 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jpta/pdf/cost_20081226.pdf

介護保険の通所リハビリテ-ションを医療リハビリ施設でも行えるよう見なし指

定されたり、訪問リハビリでも回数制限など緩和されPTにとっては従来より動

きやすい環境が与えられそうです。

 

こうした改善案がもっと早めに出てきてくれていたなら、せめて算定上限日数が

出てくる際に間に合っていれば無用な混乱など防げたのにと思いもしますが・・

1月18日には半田協会会長講演会が浦安にて開催されます。まだ座席に余裕があ

りますので当日ドタ参加?も歓迎だそうですのでお誘い合わせのうえご来場くだ

さい。

 

   ※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

   ※ 平成21年2月28日(土)です ※

 

---------------------------------------------------------------------

 

――――――――――――― 問い合わせ先 ――――――――――――

● 千葉理学療法士会   http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 求人広告のお申込・お問い合わせ chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp ●

● ニュース・メルマガ編集部   m6784vj546v@asahi-net.or.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

  ※当メールマガジンの無断転載・引用はかたくお断りいたします※

――――――――――――――――――――――――――――――――

発行人 吉田久雄

発 行 千葉県理学療法士会 事務局

 〒260-0026 千葉市 中央区 千葉港 2-1 千葉中央コミュニテーセンターB1

 電話番号 043−238−7570(月・火・木・金12:00〜16:00)

 FAX  043−242−6203 メール chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp

 

編集部 千葉市立青葉病院 リハビリ科 山下祥司

    〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

    電話番号 043-227-1131 FAX 043-227-2022

    メール m6784vj546v@asahi-net.or.jp 

 

=========================================================[END]===

 

===[PR]==========================================================

【セミナー案内】

 

★2009年スポーツ理学療法セミナー(SPTS)開催のお知らせ

 

第5回スポーツ理学療法セミナー(Sports Physical Therapy Seminar: SPTS)、

並びに2009年度臨床的スポーツ理学療法(Clinical Sports Physical Therapy:

CSPT)についてご案内致します。

 

(1)第5回SPTS

 

スポーツ理学療法分野におけるグローバルスタンダードとエビデンスの確立を目

指す勉強会です。このセミナーの内容は「スポーツ理学療法セミナーシリーズ」

として有限会社ナップより出版されます。

 

テーマ:『スポーツにおける肘関節疾患のメカニズムとリハビリテーション』

日時:2009年3月22日 

会場:横浜市教育会館4Fホール(横浜市西区紅葉ヶ丘53番地:桜木町駅)

参加費:一般 12,000円、学生 6,000円 

主催:株式会社GLAB 

協賛:有限会社ナップ

 

(2)CSPT2009

 

横浜市スポーツ医科学センター・貞松病院・広島国際大学蒲田研究室が協力して

開催するセミナーです。臨床的な工夫やアイディアと文献的なエビデンスが融合

され、明日の臨床に役立つ内容です。

 

横浜会場:横浜市スポーツ医科学センター/福岡会場:和白リハビリテーション学院

日程:2009年5月から2010年1月まで毎月1回(各会場合計9回)

主催:株式会社GLAB

 

【詳細・お申し込み】http://spts.ortho-pt.com をご覧ください。

 

---------------

【求人コーナー】

 

●理学療法士募集

 

地域に根ざして10年たちました。リハビリ部門の充実を必要としています。

整形外科領域の運動器リハが中心です。ベテランから若手まで幅広く人材を求め

ています。意欲のある方の応募をお待ちしています。

 

〈募集職種〉理学療法士 若干名(常勤) パートも応相談

〈施設概要〉無床診療所(整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科)

      リハ室100u (PT 1 名、セラピスト2名)

〈勤務時間〉 8:30〜12:30 14:30〜18:30(水・土午後休診)

〈休日・休暇〉日・祝・第1,3水曜、年末年始、夏季休暇

〈給与〉年収(概算) 経験1年未満 300万円

           経験2年〜  350万円〜

      ※運動器リハの経験豊富な方を優遇します。

〈待遇〉各種保険完備、昇給年1回、学会・研修会等の参加費支給制度あり

〈交通〉マイカー通勤可

〈勤務開始〉相談の上随時

〈応募方法〉受付随時 下記まで電話連絡ください

 

医療法人社団緑元会 かずさ整形外科

〒292-0042 木更津市清見台南1−4−9

TEL 0438-30-5068 FAX 0438-30-5072

 

-----

 

●理学療法士(非常勤)急募!

 

1.施設名 市川市障害者地域生活支援センター

2.施設住所 〒272−0032

      市川市大洲1−18−1急病診療・ふれあいセンター3階

3.分野  身障(発達)

4.電話 047−370−1871

  FAX 047−370−1872

5.募集人員  理学療法士1名(週1日月曜日の非常勤)

6.出勤日 毎週月曜日8時40分〜17時10分(時間は応相談)

7.待遇  本市定数外職員任用の規定による

      (詳細はお問い合わせ下さい)

8.担当者 障害者支援課 池澤直行(作業療法士)

9.メール ikezawa-n@city.ichikawa.chiba.jp

10.事業概要 

平成20年11月より、「身体障害者機能リハビリテーションモデル事業」として、

18歳以上40歳未満の肢体不自由の方を対象に機能維持的な個別訓練を実施してい

ます。ついては、この事業に従事して下さる理学療法士の方を緊急に募集してお

ります。関心のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

----

◆理学療法士募集◆

 

身体障害と知的障害(脳性麻痺・交通外傷等)を持つ成人の方の通所施設です。

 

○募集職種 理学療法士(パート)1名

○給与     時給3.000円

○勤務時間  週1〜3日 10:00〜15:30

○休日     土・日・祝日 他法人規定による

○待遇     通勤手当有り 車通勤可

○交通     JR北小金駅北口より徒歩8分

 

○応募方法  随時受け付けておりますので、まずは電話にてお問い合わせ下さい。

 

 

  社会福祉法人松の実会 第2いぶきの広場

  〒277-0003

  千葉県松戸市東平賀651

  047-341-1167 担当 大久保まで

 

--------------------------------

 

=========================================================[END]===