★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 145号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース145号 2009年 8月号

 

                目次

 

日本理学療法士協会総会・代議員会報告

平成21年度第2回理事会議事録

平成21年度 千葉県理学療法士学会 開催にあたり

『ベースボールセミナー  〜投球障害教室開催に向けて〜』報告

事務局からのお知らせ

  「財務部より会費納入について」

社会局からのお知らせ

  「医療保険診療報酬Q&A・・・」

  「地域保健福祉部員募集」

学術局からのお知らせ

  「生涯学習についてのお知らせ」

  「千葉県理学療法士会学術誌(仮称)について」

小児高次脳機能障害セミナーのおしらせ

JOCV リハビリテーションネットワーク発会式ならびにシンポジウムのお知らせ

編集後記

求人広告など

【巻末】平成21年度千葉県理学療法士学会演題募集要綱 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

>        各 種 会 議 報 告

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆平成21年度 日本理学療法士協会総会・代議員会報告

――――――――――――――――――――――――――

                           会長 吉田 久雄

 

去る5月27日に第38回社団法人日本理学療法士協会総会・代議員会が開催さ

れ、会員・代議員として出席してきました。

 

冒頭、半田協会長より「2年間協会長として関係各省庁、関係団体との折衝を経

験して、われわれの立場は非常に厳しいと感じている。3年後の診療報酬・介護

報酬同時改定には心して臨まなければならないと感じている」「理学療法士が生

き残れるか、そして我々の要望をどう入れてゆくか、この1年半が非常に大切で

ある」「総会への会員の委任状が3万を超えている、どのように考えればいいの

か」と感想と問いかけがありました。

このあと、議題にそって議事が進みました。

「議事録は、協会のホームページに掲載されます。」

 

代議員会では、協会執行部の説明に対し細部に係る点での質疑があったものの

概ね了承されました。しかしながら総会では1名の会員の過剰ともとれる質疑

があり、私自身としては残念でした。

 

今回の総会では、質の向上としての教育年数や国会議員を出すこと等、社会から

の期待に応えられる体制をつくるスタートの総会でした。

後戻りは出来ません。

千葉県士会としても多くの懸案を抱えていますが、協会と歩調を合わせ、自らの

立場を確立していかなければならないと深く考えました。

 

>◎役員講習会に参加して

――――――――――――

「理学療法士に期待されること」

          講師 和田 勝  日本理学療法士協会 コンサルタント

          元 厚生省大臣官房審議官 国際医療福祉大学大学院教授

 【 感 想 】

 

介護保険制度設立に係った官僚の方で、医療保険制度等幅広い見識をお持ちでし

た。

官僚らしく政策の進めかた、何を問題にしているのかなど、理学療法と理学療法

をとりまくさまざまな問題をかいつまんで話されました。

制度の変更に伴う現場の混乱、利用者の混乱などについての話はありませんでし

た。官僚は、どのように政策を進めるのかの一端を教えていただきました。

 

 

>◆平成21年度第2回理事会議事録

――――――――――――――――

日 時:平成21年5月24日(日) 午後12時30分〜午後2時30分

場 所:千葉県理学療法士会事務局

出席者:<理 事> 吉田、茂木、宮崎、藤井、村永、山下、坂本、江澤、小貫

    <監 事> 宮前、水江

    <委任状> 井田、西山、

 

<各局報告>

事務局 総務部 

    会員動向  施設数:397施設

          会員数:1938名(内、自宅会員203名)

 

<議題>

 

1、第51回千葉県理学療法士会定期総会および議長選出の件

 

定期総会議事書内に一部記載変更がある以外は、議事録に則って進行することが

承認された。

議長団選出について会場からの立候補がない場合、議長に帝京平成大学・長尾邦

彦氏、副議長に介護老人保健施設おみがわ・花垣貴紀氏、書記に湯山整形外科・

内山はづき氏、湯山整形外科・石田裕美氏を執行部案として推薦する事が了承さ

れた。

また、議事録署名人には介護老人保健施設メディケアやまゆり・永井絢也氏、市

川リハビリテーション病院・菊池俊明氏を推薦することも合わせて承認された。

 

2、法人化推進の件

 

 定期総会において、第4号議案が承認された後の対応を確認した。

<今後の法人化スケジュール案>

 6月上旬  定款本文の完成

 6月中旬  司法書士から公証人へ定款を提出して貰うための委任状作成

 6月下旬  公証人役場提出

 7月上旬  公証人役場認証済み

 8月中   一般社団法人用「実印」「会長印(角印)」「通帳印」作成

 9月上〜中旬 理事会(設立登記の最終確認)

 10月1日  設立登記申請

 10月中旬  設立登記完了

 

3、その他

 

1)委嘱状の件

 

 法人化前に、部局および委員会・学会に関わる会員へ委嘱状を発行する事が承

 認された。部局長および委員長へ部員・委員の確認を行って貰い、総務部へ報

 告を行って貰う。

 また、学会は学会長のみ委嘱し、学会役員は学会長名で学会事務局から委嘱す

 る事が承認された。

 

2)学術誌発行の件

 

  以下の3点について、原案の通り 提案が承認された。

  @国立国会図書館への国際基準逐次刊行物番号(ISSN)登録の承認

     申請は今年8月を予定し、登録は無料

  A学術誌の雑誌名を公募

     公募方法;HP掲載、県士会からの郵送物、研修会での配布

     締め切り;7月15日(ISSN登録に間に合うように)

  B執筆および投稿規程の承認と公開

     投稿規程は理学療法学に準じて作成中

 

3)第15回千葉県理学療法士会学会の件

 

   上記学会の報告がなされた。詳細は県士会HPにて掲載される。

  日時;2010年3月7日

  場所;国際開発センター OVTA

  学会長;池田純次(船橋中央病院)

 

4)法人設立記念式典特別委員会の件

 

   第15回千葉県理学療法士会学会と同日・同場所で、法人設立記念式典と祝典会

を開催

   する事が確認された。これに伴い、法人設立記念式典特別委員会が設置され、

特別委

   員長として山下祥司理事が就任された。

 

5)第48回学術大会の件

 

   第48回大会へ立候補することが報告された。平成21年9月が応募締め切りの

ため、

   必要事項を定め次回理事会で報告する事が承認された。

 

6)第3回リハビリテーション公開講座の件

 

   上記公開講座の現状報告がなされた。詳細は県士会HPにて掲載される。

 日時:平成21年10月17日(土)

 会場:千葉市美浜文化ホール 千葉市美浜区真砂5-15-2 

 主催:千葉県理学療法士会、千葉県作業療法士会、千葉県言語聴覚士会、

 千葉県リハビリテーション医学懇話会

 後援:千葉県、千葉市、千葉県社会福祉協議会、社団法人日本福祉用具供給協会 

 入場料:無料

 参加対象:県民(誰でも参加可能)

 

7)女性会員支援委員会の件

 

 女性会員支援委員会より活動報告があった。

 本年度はワークライフバランスに関する勉強会(講演)と学会託児支援の継続

 を活動として行う。ワークライフバランスについては、勉強会としてセルフコー

 チングのプロをお招きするか検討中。

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

>        各 種 活 動 報 告

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆平成21年度 千葉県理学療法士学会 開催にあたり

―――――――――――――――――――――――――

          平成21年度 千葉県理学療法士学会 学会長 池田純二

 

 千葉県内の理学療法士数も2000名を超え、千葉県理学療法士学会も年々盛大

となり、関東ブロック研修会に匹敵するような大きなイベントになってきている

なか、「平成21年度千葉県理学療法士学会」を平成22年3月7日(日)に、会場

が海浜幕張のOVTA(オブタ)にて開催を予定しております。

 

 また当士会は、近年「一般法人化」へ向けて活動して参りました。このため関

係諸氏には大変ご尽力いただいておりますが、今回の千葉県理学療法士学会に併

せて、「法人としての千葉県理学療法士会の設立」を達成したいと 準備を進め

ておられるようです。

尚、上記のように法人の設立が達成された場合には、学会と同日に「法人設立記

念祝賀パーティー」も実施する予定になっています。

 

 今学会では、副学会長に千葉中央メディカルセンターの工藤先生・準備委員長

に総泉病院の山崎先生・法人設立祝賀パーティー実行委員長に千葉市立青葉病院

の山下先生をお願いし、ご協力いただいております。主な部分はこれらの先生方

を中心に企画・運営して参りますが、士会員の皆様も全員で学会の成功にむけて

ご協力いただきたくお願いいたします。

 

 今回の学会特別講演は、慶応大学大学院健康マネージメント科教授 高木安雄

先生に『医療現場の顧客満足(仮題)』というテーマでお願いしております。

高木先生には、昨年度の千葉県理学療法士学会での講演をお願いしておりました

が、先生の健康上の理由で、東京医科歯科大学大学院教授 川渕先生にお願いす

ることになった経緯があります。しかしながら高木先生は、昨今の日本の医療事

情に通じておられ、医療分野の経営といった方面でも指導的立場におられる方で

すので、今回は無理を押してお願い致しました。

一般公開講座は、講師は未定ですが『在宅におけるリハビリワンポイントアドバ

イス(仮題)』という方向で検討しております。

 

 今年は、千葉県理学療法士会にとって大きな変化の年となるようです。

この”Change”の年なればこそ 士会員の皆様の学会への多数のご参加をお待ち

しております。

 

 

 

>◆『ベースボールセミナー 〜投球障害教室開催に向けて〜』報告

―――――――――――――――――――――――――――――――

                 スポーツ健康増進委員会委員長 岡田 亨

 

 この時期の長雨を、江戸時代の頃から「つゆ」と呼ばれておりますが、これは

梅の実が熟し、つぶれる時期ということから来ているとか、新緑の木々の葉につ

く、露(つゆ)・しずくからなどともいわれ、大変風情のある表現であります。

 

しかし、6月21日に当委員会で開催しました研修会、『ベースボールセミナー〜

投球障害教室開催に向けて〜』の当日は、この梅雨などとはほど遠い、バケツを

ひっくり返したような豪雨の中での開催となってしまいました。新型インフルエ

ンザの驚異に加えこの大雨で、スタッフ一同参加者のみなさんにお越し頂けるか

大変気を揉んでおりましたが、千葉県士会員以外の他県のPTの方、トレーナー関

係の方も含め総勢180名を超える参加者のみなさんにお越し頂きまして、大変盛

況な研修会を行うことが出来ました。ご参加頂きましたみなさまに、心より御礼

申し上げます。また研修会会場としてご協力を頂きました帝京平成大学専門学校

様、ならびに機器展示のご協力を頂きました企業の皆様にも、重ねて御礼申し上

げます。

 

さて、今回の研修会は、単なる投球障害についての勉強会を行う会という事では

なく、この研修会で得た知識をもとに、今年の12月に県内4カ所(船橋・松戸・

成田・鴨川)で投球障害教室を県士会員の皆様とともに開催し、県民の皆様や県

内ジュニア野球選手の皆様に、PTによる情報還元を行うという能動的な活動を実

現するための企画として行われました。

 

研修会は、特別講演として、有限会社フィジストレーナー代表山口光國氏を講師

にお招きし、「投球障害肩こう診て・こう治せ」と題し、ご講演いただきました。

講演ではEBMとNBMをしっかり意識し、理学療法士だからこそ行えるアプローチ、

選手の立場に立ったアプローチを常に考えてゆくことが重要であると、ご講演い

ただきました。実業団サッカー選手から理学療法士、さらにプロ野球界のフィジ

カルコーチを経て、現在、(有)フィジストレーナーを立ち上げられた山口氏、

いや、失礼ながら我らの偉大な先輩から、暖かい指導を頂戴した内容でありまし

た。

 

特別講演2では、船橋整形外科スポーツ医学センター理学診療部課長の高村隆氏

から「投球障害教室開催に向けての理論と実践」と題し、今年の12月に開催を予

定する投球障害教室について、その内容や指導の方法などについて、デモンスト

レーションを交えながらご講演いただきました。講演後には、投球障害教室開催

への参加をイメージした質疑が活溌に行われ、事前申し込みでは参加希望が40名

前後であった投球障害教室に、開催地域ごとに20〜30名の士会員が配置されるほ

どの追加希望を頂ける結果となりました。山口氏、高村氏お二人のすばらしい講

演のおかげと重ねて御礼申し上げます。

 

 我々スポーツ・健康増進委員会は、本年12月の投球障害教室開催に向けて、さ

らに準備を進め、ご参加頂く県士会員の皆様や、県民の皆様にとって、良き機会

が設けられる様、努めて参りたいと考えております。宜しくお願いいたします。

また今後の当委員会の方向性としましては、今年度のスポーツ関連である投球障

害教室開催を皮切りに、次年度以降は健康分野としまして、腰痛教室開催や、転

倒予防教室などの開催企画を検討して行きます。当委員会の名のとおりスポーツ

と健康増進の両分野における理学療法士の活動の場を県内で設け、県士会員と県

民のみなさまが教室開催という窓を通じて有益な交流が図れるようにお手伝いし

てゆきたいと考えております。今後も当スポーツ・健康増進委員会にご注目くだ

さい。宜しくお願いいたします。

まずは、平成21年度スポーツ健康増進委員会研修会『ベースボールセミナー 

〜投球障害教室開催に向けて〜』の無事終了をみなさまにご報告申し上げます。

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

>        各 種 案 内 ・ 告 知

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

 ―――――――――――

>◆事務局からのお知らせ

 ―――――――――――

>◎会費納入について

                           財務部 宮崎陽夫

 

現在、会費納入振替方法として、クレジット会員証による納入とダイアモンドフ

ァクターのよる納入がありますが、平成21年5月引落を最後にダイアモンドファ

クターによる会費自動振替が終了しました。

速やかに会員証による会費納入の手続きをお願いします。

(対象となる会員には協会より個別に案内を郵送する予定との事です。)

 

 

 ――――――――――――

>◆社会局からのお知らせ

 ――――――――――――

>◎医療保険診療報酬Q&A・・・

                       医療保険部 部長 齋藤義雄

 

平成21年4月に介護保険の改定がなされ、会員の方々もすでにご存知の事は多数

あろうかと思います。

当医療保険部では日頃より情報収集と会員の皆様からの質問に答えられるよう準

備を重ねてまいりました。

今後の動向はニュースでも適宜配信する予定ではありますが、今のところ定かな

事はないのが現状です。

先日も会員の方からお電話いただき、対応しようと努力致しましたが、臨床の傍

ら丁寧な対応は出来ません。

つきましては以下の要項に従い、メールでの質問をお願いしたく存じます。

 

●電話による問い合わせ不可。

 

●所属・氏名・経験年数・スタッフ構成・質問者の役職・病床数・現在の施設基

 準・リハ医師の有無・以上の8項目は必須入力としてください。

 

●質問はわかりやすく箇条書きなどにし、簡潔・明瞭な形で文章化してください。

 

●質問には迅速に対応しますが、当方の事情により時間がかかる場合があります

 ので、予めご了解願います。

 

●あて先メールアドレスは、当人職場のアドレスになりますので、取り扱いには

 十分注意していただきたく存じます。

 

●添付書類がある場合はWordかExcelにてお願いします。

 画像などもWordかExcelに貼り付けた形で添付していただけますと助かります。

 

●最後に、どうしても電話で相談したいという会員の皆様におかれましては件名

に “電話相談” とし、メールにその旨記入して頂き、電話番号と共にご自

身の希望日時を明記していただきましたら、こちらからお電話差し上げます。

 

以上よろしくお願い申し上げます。

 

 

>◎地域保健福祉部員募集

 

地域保健福祉部では地域におけるリハビリテーションに関すること、介護、障害

福祉に関すること、地域保健に関すること等々、意見・情報交換や企画、事例検

討など行っています。

地域にご興味のある方、気軽にお声かけください。

 

<問合せ先>

船橋市訪問看護ステーション 松川 基宏

船橋市海神2-13-25 TEL047(423)3377 FAX047(423)2553

e-mail; hokan@city.funabashi.chiba.jp

 

 

 ―――――――――――

>◆学術局からのお知らせ

 ―――――――――――

>◎生涯学習についてのお知らせ

                            学術局 藤井 顕

 

生涯学習プログラムの変更につきまして、協会ホームページ(平成21年6月24

日現在)に案内されております。ご確認下さい。

 

 1. 2010年は「生涯学習基礎プログラム」更新年です」は休止となりま

    したのでお知らせ致します。

 2. 第38回総会に於いて平成21年事業が承認され、生涯学習基礎プログ

    ラムは廃止となり、今後は新人教育プログラム終了後、1つ以上の専門

    領域研究    会に登録することが義務づけられます。

 3. 協会ニュース研修会案内(協会主催以外)に掲載された学会、研修会、

    講習会等に参加した場合は生涯学習基礎プログラムの1単位として認め

    られてきました。しかし、平成21年度以降開催される学会、研修会、講

    習会は協会ニュース「協会主催以外」に掲載されても生涯学習基礎プロ

    グラムの単位が認定されないことになりましたのでお知らせします。

    学術大会、学術研修大会、理学療法士講習会基本編、応用編、専門領域

    研究部会主催研修会、その他協会主催研修会、都道府県理学療法士会主

    催学会、研修会はこれまでとおり単位認定の対象です。

 4. 専門理学療法士制度が変わります。専門理学療法士制度につきまして、

    現在、第1から5報まで案内されております。

    

 

>◎千葉県理学療法士会学術誌(仮称)について

                  学術誌編集委員会 委員長 長尾 邦彦

 

以前より要望のありました千葉県理学療法士会が発行する「千葉県理学療法士会

学術誌(仮称)」を、平成22年3月発行に向けて準備を開始いたしました。こ

の学術誌を会員の皆様の日頃の研鑽の発表の場として活用していただきたいと考

えています。

 

また、これまで機関誌に掲載して参りました士会研修会講師からの投稿も継続し

て掲載していく予定です。

今回の学術誌は国会図書館を通じてISSN(International Standard Serial

Number、国際標準逐次刊行物番号)の取得も行う予定です。

正式な雑誌名および具体的な投稿規定は次回のNEWSにてお知らせいたします。

皆様からの投稿をお待ちしています。

 

 

 ――――――――――――――――――――

>◆小児高次脳機能障害セミナーのおしらせ

 ――――――――――――――――――――

日時:9月12日(土)13時〜16時半

会場:めぐろパーシモンホール(東京都目黒区)

内容

 家族の思いを伝える ハイリハキッズ(家族会)

 小児の診断について 荏原実千代(千葉リハ)

 小児支援の実際(福祉と教育機関の連携) 内田由貴子(コロポックル札幌)

 小児の復学支援(医療と教育の連携) 廣瀬綾奈(千葉リハ)

 小児支援の初めの一歩 波平智雄(沖縄平安病院)

 小児支援をめぐる全国の動き 名越究(厚生労働省)

 司会 中島八十一(国立障害者リハビリテーションセンター)

主催 千葉県千葉リハビリテーションセンター

後援 厚生労働省、千葉県、神奈川リハ、東京都身障センター、埼玉リハ、

   日本脳外傷友の会、東京都言語聴覚士会

 

 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>◆JOCV リハビリテーションネットワーク発会式ならびにシンポジウムのお知らせ

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                    (有)リハビリ健康社 小檜山 希

青年海外協力隊経験者を中心に、JOCVリハビリテーションネットワークが設立に

至りました。

 

そこで本会発足に際し、「障がい者がより幸福に暮らすための支援へのネットワー

ク造り」の一環として、それぞれの相互理解とネットワーク促進のためのシンポ

ジウムを開催いたします。

ご関心のある皆様は、ぜひご参加をお願いいたします。

【シンポジウムテーマ】

 国際協力における障がい者支援のネットワーク −より良い包括的支援を目指して

【日時】 平成21年8月30日(日)

【場所】 JICA地球ひろば セミナールーム301

【日程】 10:00- 開場

 10:30- 発会式

 11:00-13:00 シンポジウム

 13:30- 懇親会

*シンポジウムは無料ですが、懇親会出席者は飲食費4,000円をご負担願います。

 

【シンポジスト】

 

古郡 恵 :作業療法士。現在、札幌にて発達障害領域の診療所に勤務。

      JICA障がい者支援グループ派遣(一般短期)にてパキスタン派遣。

      地震被害による脊髄損傷者への支援を中心に活動を行った。

石井 博之:理学療法士。現在国際医療福祉大学保健学部理学療法学科講師。

      青年海外協力隊員としてマレーシア、JICA専門家としてベトナム、

      ヨルダン派遣。

*他にも障がい者の生活を支える他分野の専門家のご参加を予定しております。

 

【申し込み方法】

 @氏名A職種B所属C懇親会参加の有無を記載の上、8月22日までに下記メー

 ルアドレスにお申し込みをお願いいたします。

 JOCVリハビリテーションネットワーク事務局 河野 眞

 E-mailアドレス: jocvrehabnetwork@gmail.com

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

            ◇ 編 集 後 記 ◇

 

いよいよ千葉県理学療法士会の社団法人取得が秒読み段階に入りつつあります。

次回学会長のご挨拶の中にもありましたように、来年の学会後に法人化記念式典

と祝賀会を同じ会場でたくさんの会員とともにお祝いできるよう鋭意企画中です。

 

学会ともども多くの会員の皆様に準備委員としての協力依頼をしておりますけど、

お忙しいこととは思いますがぜひ新しい時代の幕開けを一緒にやりましょう。

 

   ※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

   ※ 平成21年8月31日(月)です ※

 

---------------------------------------------------------------------

 

――――――――――――― 問い合わせ先 ――――――――――――

● 千葉理学療法士会   http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

● 求人広告のお申込・お問い合わせ chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp ●

● ニュース・メルマガ編集部   m6784vj546v@asahi-net.or.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

  ※当メールマガジンの無断転載・引用はかたくお断りいたします※

――――――――――――――――――――――――――――――――

発行人 吉田久雄

発 行 千葉県理学療法士会 事務局

 〒260-0026 千葉市 中央区 千葉港 2-1 千葉中央コミュニテーセンターB1

 電話番号 043−238−7570(月・火・木・金12:00〜16:00)

 FAX  043−242−6203 メール chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp

 

編集部 千葉市立青葉病院 リハビリ科 山下祥司

    〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

    電話番号 043-227-1131 FAX 043-227-2022

    メール m6784vj546v@asahi-net.or.jp 

 

=========================================================[END]===

 

===[PR]==========================================================

----

【求人コーナー】

 

◆理学療法士急募!◆

 

千葉労災病院は、「地域住民と勤労者に最も信頼される病院となる」ことを理念

とし、 市原市を中心とした医療圏の住民と勤労者の健康を守る中核病院となっ

ています。

リハビリテーションの多くは入院患者で、発症後間もない急性期では個別にベッ

ドサイドで行い、回復期では訓練棟で機器を利用してリハビリテーションを行っ

ています。

 

募集人数 若干名 (嘱託職員)

勤務時間 8:30〜17:00

休 日  完全週休2日制

待 遇   時給1.500円〜2.500円

各種社会保険完備、時間外手当、通勤手当

         ※ 院内保育室利用可

士会ニュースとは相違あり・こちらが最新情報(7/10現在)

         

応募方法 まずは電話にてお問い合わせ下さい。

 

独立行政法人 労働者健康福祉機構 千葉労災病院

〒290-0003 千葉県市原市辰巳台東2-16

TEL 0436-74-1111  (総務課 人事担当)

 

 

----

 

◆理学療法士 募集◆

 

募集人員 : 1名

雇用形態 : 臨時

勤務時間 : 火曜から日曜 8:45〜17:30(相談に応じます)

勤務内容 : 身体障害者の機能訓練

雇用期間 : 随時〜平成22年3月31日

応募方法 : 電話連絡のうえ、履歴書と資格免許の写しを郵送してください。

交 通  : JR京葉線 稲毛海岸駅 徒歩7分

 

社会福祉法人 千葉市社会福祉事業団

千葉市療育センターふれあいの家

(身体障害者福祉センターB型)

〒261-0003 千葉市美浜区高浜4−8−3

TEL 043-279-1141 FAX 043-277-0220

 

----

 

◆理学・作業療法士 募集◆

 

募集職種: 理学療法士・作業療法士 常勤若干名

     ※運動器リハの経験や勉強をしたい方、歓迎いたします

給  与 : 経験等を配慮し相談に応じます

勤  務: 8:30〜17:30(水・日曜・祝祭日。夏期・年末年始、有給休暇あり)

応募方法: 見学も随時行っていますのでお気軽にご連絡ください

 

医療法人社団 威風会 栗山中央病院 (総務部長 高橋)

〒284-0007 千葉県四街道市栗山906-1 

tel:043-421-0007 fax:043-421-0460

 

施設概要:急性期一般病棟83床。併設;介護老人保健施設105床

施設基準:運動器リハT、呼吸器リハT、脳血管リハU(PT4名、OT1名)

その他 : 各種健康保険、通勤手当、住宅手当、院内託児所併設

 

--------------------------------

【巻末】平成21年度千葉県理学療法士学会 演題募集要項

 

口述およびポスター発表の演題を募集します.

 

1.応募方法

 

 @郵送 :演題申し込み用紙を印刷して必要事項を記入し,返信用ハガキを同

  封の上,郵送にてお送り下さい.なお返信用ハガキには必ず受け取り人の宛

  先(氏名と住所)をあらかじめご記入下さい. ※当日消印有効です.

 

 Aメール:演題申し込み用紙をダウンロードし,必要事項を記入の上,下記の

  アドレスに添付して送付して下さい.なお,件名には「平成21年度千葉県

  理学療法士学会演題」と必ず標記してください.

 

アドレス:masamimorozumi@gmail.com

URL:http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ (県士会)

URL:http://www.ne.jp/asahi/max/hp/    (学会オリジナル) 

 

演題の申し込み締め切りは平成21年9月26日(土)です.申し込み確認後、折り返

し、返信はがきもしくはメールにて申し込み受諾書を送付させて頂きます.

 

2.応募先

 

 国際医療福祉専門学校 理学療法学科

  平成21年度千葉県理学療法士学会 学術部

   担当:両角昌実、高根和美

  〒260-0825 千葉県千葉市中央区村田町336-8

  TEL:043-208-1601 メール:masamimorozumi@gmail.com

 

3.抄録締め切り:平成21年11月7日(土)

 

(1) 口述およびポスター演題どちらも抄録原稿の提出が必要となります.

(2) 原稿はCD-R郵送もしくはメール添付でお願い致します.

    ※送付先は同上、郵送の場合,当日消印有効です.

 

4.抄録作成上の注意

 

(1) 演題名・筆頭演者名(所属),共同演者名(所属)を記入して下さい.

(2) キーワードは必ず3個選び,間に「・」を入れて下さい.

(3) 本文は【はじめに】,【目的】,【対象】,【方法】,【結果】,【考察】

などの小見出しをつけて下さい.(本文の文字数は800字以内でお願いします.)

(4) ファイルはテキストまたはワード形式でお願いします.

 

5.演題内容

 

(1) 演題は自由演題とします.他学会で発表したものでも可とします.

(原稿提出時に他学会名,テーマを明記して頂き,採否に関しては演題審査委員会

で判断致します.)

(2) 演題の発表形式は,口述発表とポスター発表とさせて頂きます.

(3) 口述発表は,PC(パワーポイント)で発表.発表時間は7分(仮),質疑応答

3分(仮)です.(発表・質疑応答時間は演題応募数により変更あり)

(4) ポスターの発表形式は,演題応募数により決定致します.

(5)発表用プレゼンテーションファイルの作成については後日、詳細を連絡致します.

 

6.演題の採否について

 演題審査委員会により通知致します.

 

7.問い合わせ先  「2.応募先」と同じです.

 

=========================================================[END]===