★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 155号★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース155号 2011年  4月号

 

目次

 

会長報告 「第73回関東甲信越ブロック協議会 報告」

各種会議報告

「平成22年度第2回 千葉地域リハビリテーション連絡協議会報告」

「第5回千葉県理学療法士会理事会議事録」

各部局士会活動案内・報告

「第16回千葉県理学療法士学会を終えて」

「市民健康づくり大会を終えて」

「県士会学会 託児室の報告」

学術局からのお知らせ

「会員向け情報サービス 私書箱 <利用案内>」

事務局からのお知らせ

「千葉県理学療法士会 平成23年度新入会ガイダンスのご案内」

「異動・休会・復会等の手続きについて」

書評 『銃・病原菌・鉄』ジャレド・ダイアモンド著

寄稿 「私にとっての6時30分」

編集後記

求人広告など

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

> 会長報告 : 第73回関東甲信越ブロック協議会

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

吉田久雄

 

第73回関東甲信越ブロック協議会が、平成23年2月18日、山梨県甲府市

で開催されましたので、出席しました。

今回の議題は、6題で、3題は関東甲信越ブロック学会に関すること、次年度

予算、協議事項、その他で行われました。

議事録は、後日報告されますので、ここでは感想を主として纏めました。

昨年の茨城学会は、演題数250演題、有料参加者1,590名、機器展示10

企業、広告90件協賛73件でした。

参加者のうち、地元茨城県が約3割、次いで千葉県でした。

予算も、2、271万円強と最高額となっています。

3年後、千葉県が担当します。毎年、規模が大きくなってきています。

早めの対応が求められます。

加えて、発表内容に係る諸問題も、変わらずありました。

 

会員一人ひとりの自覚の問題が根本にありますが、何らかの対策がより強く求

められる時期に入りました。

一方で学会を開催すると、会員の意思疎通が強くなり、仲間意識が強固となり、

その後の会の運営のみならず、会員の質の向上にもつながるという話もありまし

た。各人を、また組織を強くするのは、外部刺激であることを改めて認識してき

ました。次年度は、新潟で開催されます。

自らの質の向上を図るため、学会に触れませんか?

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

> 各 種 会 議 報 告

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

>◆平成22年度第2回 千葉地域リハビリテーション連絡協議会報告

公益事業局 井田興三郎

日時 平成23年2月18日 16:00〜18:00

 

会場 千葉中央メディカルセンター 会議室

 

出席 千葉県、千葉市、関係16団体、他スタッフ

 

議題 1、平成22年度活動報告

講演会4回、連絡会2回、開催

2、平成23年度活動予定

講演会2回、連絡会2回、

3、意見交換等

 

【 感想 】

外部から難病者の住宅改修の相談があった事が報告された。退院されてから通

院もできず介護保険も使えず医療・福祉の谷間に落ちた方からの相談でした。

リハビリ関係筋に連絡を取り漸くたどり着いた建築士会の障害者住宅改修相談

コーナーに紹介する事が出来ました。これは長年の活動による協力の成果と言えま

す。

メンバーも顔見知りになりましたので意見交換も活発に行われました。

 

 

>◆一般社団法人千葉県理学療法士会 平成22年度 第5回理事会議事録

 

日 時:平成23年2月13日(日) 午後12時00分〜午後13時20分

場 所:東金文化会館

 

出席者:<理 事> 西山晴彦、茂木忠夫、井田興三郎、宮崎陽夫、村永信吾、

藤井 顕、山下祥司、坂本光弘、江澤かおり、小貫睦己

<監 事> 水江年城、

<委員長> 内村 元、

<書 記> 藤川孝彦、菊池俊明、高木竜児、

<委 任> 吉田久雄、宮前信彦、

 

<各局報告>

1.事務局

1) 会員動向

施設数:428施設、 会員数:2460名(内、自宅会員242名)

2) 訪問リハ研修会

平成23年3月5〜6日にPT・OT・ST協会合同で行われる訪問リハ研修会の

支出に対し、予備費から支出したことが報告された。

3) 新人歓迎ガイダンス

平成23年4月23日午後に行う予定であり、場所は若葉文化ホールにする

事が報告された。

4) 定時総会

平成23年6月26日の予定。4月9日までに事業収支報告を作成することが

確認された。また、委任状について会員向けに往復はがきで送付する事

と議案内容を4月中の早い時期に決定することが確認された。

 

2.学術局

平成23年3月26日(土)に生涯学習研修会が開催予定。場所はさんむ医

療センターで、内容は「薬の基礎知識」―整形疾患領域―である事が報

告された。

 

3.各委員会

 

選挙管理委員会

県士会役員選挙の立候補期間について会員へ周知が不徹底であったため、

立候補期間を平成23年2月26日まで延長することが報告され承認された。

役員選挙結果に関してはホームページに掲載し、定時総会で承認を受け

る事が確認された。

 

会員管理システム検討委員会

千葉県理学療法士会独自の会員管理システムについて詳細が報告された。

本サービスは千葉県独自のものであるため協会とのリンクは行っていな

い事と、協会とのリンクに関しては協会の会員管理システムの動向を見

定めた後の検討課題とし、平成23年3月7日よりサービス開始予定で会員

に対する周知を徹底する事が報告された。

 

4.日本理学療法士協会

包括的会員管理システム報告の件

1月23日(日)に開催された説明会へ、西山事務局長と山口総務部事務

所管理部長が出席した。この中で、協会で保有している会員情報(会費

含む)管理および学術単位管理等の「会員管理システム」が一元化され

ることが報告された。現在システム開発中で、完成後に会員へ周知され

る。

また、これに伴いクレジット機能付会員証の見直しをする事が示された。

会員証と会費納入用カードを分離し、会費納入用に年会費無料である

「楽天カード」を協会指定カードにする事になった。三菱UFJニコス

カードを持ち続ける事も可能だが、カード年会費として1050円が個人負

担となる。有料化の時期は協会から通知があるそうだが、会員は平成23

年4月から2年間を目途に順次切り替え作業を進めていく予定と説明があっ

た。新入会・再入会者に関しては平成23年4月から会員証と会費納入用

カード(楽天カード)を分離した新方式での入会方法を薦めていく。

 

5. その他

 

第16回千葉県理学療法士会学会

学会参加者について予定者数300名の所、午前で270名以上の参加が報告

された。

 

<議 題>

1、組織編制の件

活動範囲を広げる部局や新規に立ち上げる部・委員会等を考慮し、次回

理事会で事業計画を踏まえて組織編制を検討する事が承認された。

2、第17回千葉県理学療法士会学会の件

来年度の学会長は、松戸整形外科病院の遊佐隆氏を推薦する事が承認さ

れた。

以上

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――

> 各 部 局 士 会 活 動 案 内 ・ 報 告

――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

>◆第16回千葉県理学療法士学会を終えて

第16回千葉県理学療法士学会

学会長 松本一光

 

今回、東総地域での初めての学会が2月13日に東金文化会館で開催されまし

た。

前日までの天候不順と寒い日が続いており、どうなることやらと心配をしてお

りましたが、当日は幸いにも小春日和の暖かい天候に恵まれて開催することが

できました。

当地域は交通の便が悪い所にもかかわらず、学会参加者617名、一般参加者約

270名と多くの方々に参加をして頂きました。

 

今回のメインテーマは『治療の原点を考える』サブタイトルに「あなたは治療

をしていますか」と題しました。

このテーマに士会員のセラピスト魂が刺激されたのか、学術発表も過去最高の

発表数となり、口述発表70題、ポスター発表54題の演題発表が行なわれました。

最優秀賞は聖隷佐倉市民病院の宮崎舞子さん、優秀賞は船橋整形外科病院の三

上絋史さんが受賞されました。おめでとうございました。

 

このように今学会は、数多くの参加者や演題の結果から、『治療者として理学

療法士の原点を考える』というコンセプトについて、多くのセラピストの方々に

共感と賛同を得られたのではないかと確信した学会でした。

 

会場を見回していますと、若い士会員諸氏の多さには驚きを感じえませんでし

た。昔だったら、だいたい知った顔ぶれが何人もいて挨拶することが多かった

のですが・・ 時代と言いますか、世代交代を改めて感じました。

学会は研究成果の集大成を発表する場です。

授賞式の時間帯になると、もう受賞とは関係ないからと早々と帰られる姿が多

く見られていました。これは実に悲しいことです。

最後まで仲間の研究発表の栄誉を称え、お互いに「お疲れさま」「ご苦労さま」

と言えるような気持ちを持ったセラピストでいたいものです。

来年の学会では、最後の閉会式まで残るように気をつけて参加するようにしま

しょう。もしかして来年はあなたが受賞の番かもしれませんから・・。

 

今回、多くのスタッフの方々に支えてもらい無事に終わることができました。

関係者のみなさまにはご協力を頂き深く感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました。そして参加して頂きましたみなさまもご苦労

様でした。

最後に、開会式に出席できなかったみなさまのために、学会長の挨拶全文を掲

載し、今学会での私の思いの丈を伝えたいと思いますのでご覧ください。

 

−−−−−− 学会長の挨拶 −−−−−−

 

みなさんご存知のように、本学会のメインテーマは『治療の原点を考える』

サブタイトルは『あなたは治療をしていますか?』と致しました。

みなさんこの言葉を学会誌などでご覧になってどのようにお感じになられたで

しょうか。

少し耳が痛いなぁーと感じられた方が多いのではないでしょうか。

 

何故、このような辛らつなサブタイトルを付けたかと言いますと、これからの

理学療法士の将来像を真剣に考えて頂きたいという思いがあったからです。

 

今、理学療法士は様々な分野で活躍の場が求められています。

わたしが理学療法士になった、ウン十年前には理学療法士の働く場所は、主に

医療現場に限られていました。

現在は、福祉・行政・スポーツ分野などの多岐にわたり活躍の場が広がってき

ています。

これは誠にすばらしいことです。

しかし、わたし達、理学療法士の原点とは何かということを考えましたら、わ

たしは『治療』ではないかと考えています。

 

ここ数年、学会のテーマを見まして、毎年のように理学療法士の発展や期待が

求められています。

これは私だけでなく、先輩の理学療法士達が、これからの若い世代の理学療法

士に対し、理学療法士としての技術や能力に何らかの危惧を抱いている面があ

るということです。

 

理学療法士という職業は、『治療者』であり『治療を技術』としている職種です。

『治療』というのは私たちが対象としている病気や障害を持った人々を日々変

化させていくことを求められています。

 

そして今日(きょう)、今、行っている治療時間の中で患者さんが変化していか

ないと治療をしているということにはならないのです。

治療の前後で何らかの変化がないと駄目なのです。

 

> ◆【市民健康づくり大会を終えて】

千葉中央メディカルセンター 大前 圭裕

 

平成22年10月16日、千葉市中央区のQiball(きぼーる)で行われた「みんなで

進めよう!新世紀ちば健康プラン 市民健康づくり大会」に、千葉県理学療法士

会 公益事業局 スポーツ・健康増進支援部の活動として「あなたの体力年齢

は?」というテーマでブースを設け、スタッフ7名の構成で参加しました。

前年度の企画では約130名の参加が得られたため、今年度も多くの方に参加し

て頂き、理学療法や健康増進に興味をもってもらえるよう、イベント内容に何度

も検討を重ねました。

 

内容としては歩行能力としてTUG(Timed”up and go” test)を、バランス能

力としてFRT(Functional reach test)を、筋力として台からの立ち上がり試験

を、俊敏性として棒反応試験を測定しました。それぞれで出た結果を、一般的

にいわれている年齢別平均値と比較し、項目ごとに○○年齢として提示しまし

た。

そして、4つのテストを統合して体力年齢として提示しました。また、新しい試

みとして、本企画をきっかけに運動習慣に変化があったかどうかを調査する目

的で、参加された方に当日から1週間後以降にこちらで用意した葉書に変化を記

入して投函してもらうよう依頼しました。

 

当日は、昨年同様10時の開場と共に多くの方に足を運んでいただき、順番待ち

用に用意していた10人分の椅子が常に埋まっているといった状態でした。7名の

スタッフが昼休憩をとる暇も無く16時まで活動した結果、高齢者の方を中心に

計121名の参加がありました。

アンケート葉書は計33枚の返信がありました。そのうち、32名の方が本企画を

きっかけに身体を動かす機会が増えたと解答され、その中には、「普段買い物

に行くときに車ではなく歩いていくようにしている」「膝が悪いので、時間をみつ

けたら足首を30回動かすようにしている」など、それぞれのレベルに合わせた

運動を実践するようになったことが分かりました。

 

近年、人の行動に関する研究が多く見受けられるようになり、「理解する」と

いうことは「行動変容する」ということを必ずしも意味しないことが明らかになっ

ています。喫煙者や肥満気味の人は、喫煙や食べ過ぎが良くない行為であると

いうことを知っていることが多いと思われます。Noreenによると、健康を増進し

ていくためには個人と同様コミュニティにも重きが置かれるべきであるそうです。

過去25年間で喫煙率が驚異的に低下したのは、個々人への禁煙支援とコミュニ

ティレベルでの新たな行動規範・期待を作りあげる支援という、双方の複合的取り

組みによるところが大きいとも述べています。今回の参加者の中には、数年前か

ら本企画に参加しており、毎年楽しみにしているという方もいらっしゃいました。

本企画や事後のアンケート調査が、「行動変容」のきっかけとなっていることを

期待しています。

 

最後になりましたが、ご多忙の中ご協力いただきましたスポーツ・健康増進支

援部の石田隆先生を始めとするスタッフの皆様、その他大勢のご協力頂いた皆

様に感謝致します。

 

> ◆ワークライフバランス部活動報告 【県士会学会 託児室の報告】

ワークライフバランス部 浅香 幸代

 

一昨年、昨年に引き続き、今年も県士会学会において託児室を設置しました。

託児室の表示は防犯上の配慮から、学会誌や会場には設けず、利用される会員

の方から準備委員へ声をかけていただき、ご案内することにご協力いただきまし

た。当日は事前にお申し込みいただいた0歳〜8歳まで、6名のお子様がご利用さ

れました。

今回託児をお願いしたのは昨年に引き続き玩具メーカーで有名な『コンビ・ウ

ィズ』です。お子様の年齢の幅が広かったため、3人のベビーシッターさんがそ

れぞれの年齢に合わせて、いろいろな玩具を用いた遊びから、折り紙、バルー

ンアート、かるた、塗り絵、お絵かきなど、それぞれのお子様に合った様々な遊

びをして、楽しませてくれました。はじめは不安そうな表情を浮かべていた子ど

もたちいましたが、ベビーシッターさんとのやり取りや周りの子どもたちの遊ん

でいる様子を見ているうちに徐々に落ち着いて、お父さん・お母さんのお迎えを

待つことができていました。

お昼はお父さんやお母さんが託児室に来てくださり、子どもたちと一緒に過ご

されていました。

 

今回の反省点としては、当初の予定より演題数が多かったため、学会終了時間

が延長されていましたが、託児室終了時間を延長できなかった点です。託児室を

ご利用いただいた会員の皆様にはご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

託児室ご利用後のアンケートでは、次回の学会でも託児室を利用したいという

ご意見や、通常の休日保育や市町村のファミリーサポートを利用する場合、多く

の費用がかかる現状など貴重なご意見をいただきました。

 

子どもたちを安心して預けて、学会に参加できる環境づくりは会員の皆様のご

協力によって支えられていると思います。今回の託児室運営も、これまでの託児

室担当の方からのアドバイスや今回の学会準備委員の皆様をはじめ、多くの方

のご指導・ご協力の下に無事終えることができました。託児室にご意見をくだ

さった皆様、誠にありがとうございました。

今後も会員の皆様が仕事を継続しながら、子育てなどご自身の生活を豊かに送

るために役立つ事業を展開していきたいと思います。引き続き、ワークライフバ

ランス部にご意見・ご要望をお願いいたします。

 

 

―――――――――――

>◆学術局からのお知らせ

―――――――――――

>◎会員向け情報サービス 私書箱 <利用案内>

 

本サービスは千葉県理学療法士会会員対象の情報サービスです。

パソコンおよび携帯端末による登録情報の閲覧・変更申請、認定単位の確認、

研修会の閲覧・申し込みが可能となります。

ご使用になるには日本理学療法士協会より発行される新会員番号(8桁)と千

葉県理学療法士会より発行されるパスワードおよびパソコンメールアドレスの

登録が必須となります。

 

○推奨閲覧環境

Windows :Internet Explorer 7.0以上/Mozilla Firefox 3.5以上

Mac :Safari 5.0以上

 

携帯端末 :

■docomo FOMA端末(UAがdocomo/2.0/で始まるもの)以上

■au WAP2.0(WINシリーズ)以上  ■SoftbBank 3GC端末以上

 

本サービスでは、docomo、au、SoftBank等の携帯端末からもご利用頂けますが、

すべての端末で動作検証は行っていないため100%の動作保証は出来ません。そ

のため、携帯電話からのご利用におきましては推奨環境においても動作しない可

能性もございます。

 

○ログイン

初回登録はパソコンより行って下さい。

登録メールアドレスはパソコンメールのみ可能です。

 

パソコンから:千葉県理学療法士会ウェブサイトよりログインページへ

 

携帯端末から:https://www.pt-chiba.jp/ptm/MobileSite/M1/

上記URLあるいは右記QRコードよりログインページへ

 

○初回登録手順

 

1.郵送にて新会員番号およびパスワードの記載された私書箱利用案内が届く。

 

2.パソコンのウェブブラウザにて千葉県理学療法士会ウェブサイトを表示させる。

 

3.千葉県理学療法士会ウェブサイトの「私書箱(会員用)」ボタンよりログインページ

へアクセス。

 

4.ログインページにて会員番号とパスワードを入力し、初期登録画面を開く。

 

5.初期登録画面の必須項目を選択・入力し、初回登録ボタンを押し確認画面へ。

(登録メールアドレスはパソコンメールのみ可・認証作業ができないため携帯メール

不可)

 

6.送信ボタンを押し、登録メールアドレスへ認証メールが届く。

 

7.認証メール内のURLをクリックし、ウェブブラウザにて認証画面を開く。

 

8.認証画面にて会員番号とパスワードを再度入力し「送信」をクリックし認証完了。

 

◯利用マニュアル

詳細なマニュアルはログインしたページ内にあります。

このマニュアルはダウンロード可能です。

 

 

―――――――――――

>◆事務局からのお知らせ

―――――――――――

>◎一般社団法人千葉県理学療法士会 平成23年度新入会ガイダンスのご案内

 

平成23年度新入会ガイダンスを下記のとおり開催いたしますのでお知らせいた

します。

貴所属施設および関係者の中で該当する方がおられましたら、周知していただ

きますようお願いいたします。

 

日 時: 平成23年4月23日(土) 14:00〜17:00(受付13:20から)

場 所: 千葉市若葉文化ホール 千葉県千葉市若葉区千城台西2-1-1

◇千葉都市モノレール千城台駅から徒歩3分

対象者: 第46回(平成23年3月施行)国家試験合格者で、千葉県内在勤また

は在住者

内 容:1)会長挨拶

2)日本理学療法士協会ならびに千葉県理学療法士会活動内容の説明

3)入会方法の説明

4)生涯学習ガイドラインの説明

参加費: 無料

申込方法:当日受付。事前申し込みの必要はありません。

その他: 今回の内容は、入会後に新人教育プログラムの単位として認められ

ます。

問合先: FAXにて下記までお願いします。

千葉県理学療法士会 事務局 FAX043−242−6203

 

 

>◎異動・休会・復会等の手続きについて

 

在会者に関して異動・休会・復会する場合、以下の方法で対応いたします

ので内容を確認して下さい。また、異動届等の用紙が一部変更になりまし

た。日本理学療法士協会ホームページに最新の異動届等がありますので、

必要があれば、そこからプリントアウトして下さい。平成23年度入会者に

関しては、平成23年4月23日(土)に新入会ガイダンスで説明しますので

是非出席を促して下さい。

 

【県内異動】

1. 勤務先異動・改姓・自宅住所変更等により、会員登録に変更が生じた場合

は、会員異動届を所属都道府県士会事務局へ提出してください。

2. 自宅会員へ変更する場合は、勤務先名称欄へ「自宅会員」とご記入くださ

い。

 

【県外異動】

1. 勤務先異動等により県外へ異動となる場合は、会員異動届を異動前・後の

両都道府県士会事務局へ提出してください。

 

【休 会】

1. 休会を希望する場合は、休会届を所属都道府県士会事務局へ提出してくだ

さい。 休会中の連絡先が県外へ異動する場合は、休会届と併せて県外異

動届を提出してください。 但し、短期間で現所属都道府県士会へ復会予

定の場合は、県外異動の必要はありません。

2. 休会期間は4年間です。(*公益法人化後は休会期間が4年間から年度単位

に変更予定) 4年を経過した場合は、復会・休会継続・退会届いずれかの

届出が必要となります。

3. 休会期間4年経過後、翌1年以内に届出がない場合は規定により退会となり

ます。 再度、入会を希望する場合は、入会金・入会届が必要となり、ま

た、生涯学習基礎プログラム・新人教育プログラムの履修が、再度必要と

なります。

4. 休会中に「休会中の連絡先」が変更となりましたときは、異動届を提出し

てください。

5. 休会中の研修等への参加資格は無くなります。

 

【復 会】

1. 休会中の会員が、復会を希望する場合、復会届を都道府県士会事務局へ提

出してください。

2. 復会の際、休会中の所属都道府県士会から県外へ異動する場合は、復会届

と併せて県外異動届を提出してください。

 

【海外会員】

1. 海外在住・在勤者は、都道府県士会に所属せず海外会員として登録できま

す。

2. 異動届提出の際、事前に協会事務局へご連絡ください。異動後の連絡先・

発送物の送付先・会費の支払い方法について確認します。

3. 異動届の余白へ国内連絡先を必ず記入してください。また、ご本人様と連

絡が取れるeメールをご記入願います。(海外の場合、発送物を返送され

ることが多く、確認をさせていただくことがあります)

4. 帰国後は、必ず都道府県理学療法士会に所属しなければなりません。

 

【退会】

1. 所属都道府県士会および社団法人 日本理学療法士協会を退会する場合は、

退会届を都道府県士会事務局へ提出してください。

【注意:当年度とは4月1日から翌年3月31日までを示します。】

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>◆書評 『銃・病原菌・鉄』ジャレド・ダイアモンド著 倉骨彰 訳(草思社)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新八千代病院 大森真帆

 

今回は,少し趣向を変えて,ノンフィクションの名著をご紹介したいと思います.

なぜ,現代において富と権力を手にしている民族がいる一方で,物質的な豊か

さとは全く無縁な民族がいるのか.なぜ,過去に他を侵略し征服した民族と,

支配された民族がいるのか.さらに言うならば,両者の差異は,民族としての優

劣からくるものなのか.これが,著者の投げかける根源的な疑問です.

 

インカ帝国の例にもあるように,侵略者たちが勝利した要因は,彼らが「銃・

病原菌・鉄」を持っていたから.すなわち,現地人を鉄の武器や銃を使って蹴散

らすことができ,また,侵略者の故郷からもたらされた疫病は,現地人にとって

さらに恐ろしい武器として働いたのです.

 

興味深い話ではありますが,これではまだ壮大なストーリーの扉を開けたばか

りです.ではなぜ,直接的な要因である「銃・病原菌・鉄」を持つに至った者た

ちと,ついに手にすることがなかった者たちが存在するのか.その謎を解き明

かすために,氷河期の後から1万3000年にもおよぶ歴史の旅が始まるのです.

結論からすると,著者の主張は明快です.ある民族が豊かな物資や権力を持つ

に至るかどうかは,人種の優劣には関係なく,彼らを取り巻く「環境」による必

然が存在するだけなのです.

 

ある生活環境が食料の大量生産を可能にし,余剰食料の備蓄が複雑な社会機構

を生み出したこと,家畜にしやすい野生動物が存在した地域では,家畜を集団飼

育し始めたことにより病原菌の発生を招き,さらに長い年月をかけて人々が免疫

を獲得していったこと,など,とても全てを紹介することはできませんが,実に

さまざまな観点から検証が行われ,それらが積み重ねられていく過程は心踊ら

されるものがあります.

現代の世界では,欧米式の生活様式,物資などはあらゆる場所を侵食し続けて

いるかに思えます.これは著者が唱える「環境による必然性」の道筋の先にある

当然の帰結なのか,もしくはそれを超えた暴走にも似た状態なのかもしれません.

人類はどの地域にあっても画一的な価値観を持つようになり,現存する富と権力

を奪い合うだけになってしまうのか.それとも,さらなる「進化」を遂げて何か

新しい段階へと飛躍することができるものなのでしょうか.

人類の過去と未来と両方に思いを馳せてみたり,そんなこともたまにはいいか

もしれません.

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>◆寄稿 「私にとっての6時30分」−合気道の稽古と人間修養と仕事―

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

リハビリ健康社 井田 興三郎

 

この数年は稽古出来ませんが私が大学2年から始めた合気道がもう40数年にな

ります。結婚するまでは空いている時間はすべて稽古をしていました。

当時暮らしていた所沢から毎日始発電車に乗り新宿若松町の合気会本部道場に

通い6時半の一番稽古に出てその後は学業とアルバイトをして、又、道場に戻り

稽古をしていました。面白さと体力に任せて空き時間があれば内弟子達と一緒に

稽古し飲んで騒いでいました。

 

二代目道主吉祥丸先生に「稽古してどうする?」問われ、「強くなりたいから

・・」「では、強いとは?」重ねて問うわれ、答えに窮した私に「拳銃や大砲で

襲われたらどうする?」と続けられて「????」と私。

武道は「負けてはならぬ」「強くなくてならない」と考えていた私に道主はこ

う仰いました。

修練した技を一生使う機会が無い方がよい、危険に出遭い技を使うよりも自然

に危険を察知し避ける事の方が大事、合気道の稽古で健康になれば其れで良

い・・・合気道の稽古は人間修養の道、修行なのだと、でも当時の私には理解不能

でした。

20歳代で100Kgのバーベルを差し上げていた私が小柄でしかも高齢の高段者

の方々に手も無く扱われていました。そして益々「強くあらねば」と稽古に熱中

して往きました。

生活の為に就職をするか、稽古を続けるか、悩んだ時にある師範からこの様に

言われました。「稽古して強くなっても仕事が出来無い者には合気道は上手には

成らない、仕事がしっかり出来る様になれば自然に合気道は上手に成ってい

る。」

合気道では「強い」よりも「うまい」「上手」が褒め言葉なのです。この一言で

私は細く長く一生稽古をする決心をしました。

 

仕事が困難になった時、サボりたくなった時、逃げたくなった時、これも稽古、

あれも稽古と呪文の様に唱えるのです。そして「押しても駄目なら引いてみな」

と相手のレベルに合わせずに「和して10になる稽古」を目指して心を切り替え

ます。

良く朝早いですねと言われますが、6時30分は一番稽古が始まる時間です。私

も昔の稽古仲間に今でも遅れを取らぬ様に稽古を始めている訳なのです。それが

今の私には仕事の開始時間です。暇になったら又合気会本部道場で朝の一番稽

古を年齢に合った稽古でする気でいます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

◇ 編 集 後 記 ◇

 

今年は大雪からはじまり、エジプトの内乱、ニュージーランドの地震と次から次

と騒動が起きておりますね。ウサギ年だからといってそんなに跳ねまわらなくて

もいいのに。。。

 

そろそろ今年も国家試験の発表の時期ですね。

去年は90%以上の合格率で、合格者数も9000人以上だったそうですが今年

はどうでしょう?そろそろ1万人の大台でしょうか??

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成23年4月30日(土)です ※

 

---------------------------------------------------------------------

 

――――――――――――― 問い合わせ先 ――――――――――――

● 千葉理学療法士会ホームページ   http://www.chiba-pt.org/ ●

● 求人広告のお申込・お問い合わせ chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp ●

● ニュース・メルマガ編集部   m6784vj546v@asahi-net.or.jp ●

――――――――――――――――――――――――――――――――

※当メールマガジンの無断転載・引用はかたくお断りいたします※

――――――――――――――――――――――――――――――――

発行人 吉田久雄

発 行 一般社団法人 千葉県理学療法士会 事務局

〒260-0026 千葉市 中央区 千葉港 2-1 千葉中央コミュニテーセンターB1

電話番号 043−238−7570(月・火・金 10〜16時)

FAX  043-242-6203 メール chiba-rpt@crest.ocn.ne.jp

 

編集部 千葉市立青葉病院 リハビリ科 山下祥司

〒260-0852 千葉市中央区青葉町 1273-2

電話番号 043-227-1131 FAX 043-227-2022

メール m6784vj546v@asahi-net.or.jp

===[PR]==========================================================

 

【求人コーナー】

 

●◆理学療法士の募集◆

募集人数   1人(非常勤)

業務内容   知的障害者(児)の身体機能を維持・向上する訓練

報 酬    時給 2,070円

交通費    規程により別途支給

雇用期間   平成23年4月1日から平成24年3月31日まで(更新あり)

勤務日数及び勤務時間

委細面談の上決定

勤務場所   東京都千葉福祉園 (千葉県袖ヶ浦市代宿8番地)

連絡先 東京都千葉福祉園管理課管理係 担当:寅谷、新田

電話: 0438-62-2711

 

 

---------------

 

◆ 理学療法士(非常勤)募集

 

当施設は、設立7年目のデイサービスセンターです。定員10名の小規模の施設

で、一人ひとりに合ったケアとリハビリの提供に心がけています。現在、常勤の

OT1名と非常勤のPT1名がいます。

 

【募集人数】  1名 (非常勤)

【業務内容】  通所での機能訓練

【勤務時間】  10:30〜12:30 (ご相談可)

【勤務日】   週1日あるいは2日 (平日。勤務日はご相談可)

【待 遇】   時給3,000〜3,500円  通勤手当支給、車通勤可

【応募方法】 まずは電話にてお問い合わせ下さい。

 

デイサービスセンター あおぞらケア・リハビリ

〒289-1108 千葉県八街市雁丸69-3

TEL 043-440-6781  (担当 森、大熊)

 

---------------------

 

●<理学療法士募集>

 

若い院長を中心に、スポーツ選手だけでなく、全年齢層に対して323uという大

きなリハビリ室を利用して運動療法にこだわったリハビリ内容を提供しておりま

す。(マッサージ・物療はほとんどありません)

運動器リハビリテーションに対しての情熱のある方、自発的に学ぶ志をお持ち

の方からの応募をお待ちしております。

 

【募集人数】1名(常勤)

【勤務時間】8:30-13:00、15:00-20:00くらい

水・土曜日は午前のみ

【休日】日祝、夏季、冬季、有給休暇

【給与・待遇】月給24万円〜(経験考慮)、昇給・賞与あり

各種保険完備、交通費・勉強補助費制度等あり

【応募方法】まずは電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

 

【連絡先】あおいクリニック

〒576-0043大阪府交野市松塚1-1

TEL 072-891-3914

E-mail okubo@aoi-cl.com

担当 事務長 大久保

 

---------------

 

●非常勤 理学療法士募集

 

【募集人数】    パート職員 1名

(定年退職後の再雇用をお考えのベテランの方でも、新卒の未経験者、子育て

中で勤務時間が限られている方などでも、歓迎致します)

 

【勤務時間】 (月・水) 9:00-18:00

(火・木・金) 9:00-17:30

(土) 9:00-13:00

上記の勤務時間内で「午前中のみ」「午後のみ」「○曜日と○曜日のみ」

など、時間の限られた時間帯をご希望でも、ご相談に応じます。

 

【待  遇】 時給1,500〜2,000円、その他 皆勤手当、通勤手当。

勤務経験や勤務姿勢に応じて、職務手当付与。

マイカー通勤可。子育て中の方はお隣に保育園があります。

 

【業務内容】 運動器リハビリテーションセラピスト2名(男・女)、他に助手2名

の体制で、物理療法・理学療法を行っています。

 

【施設概要】 昭和49年に開設された 開業して36年のクリニックです。

現在は、院長(整形外科)と内科医(女医)の2科体制です。

患者さんは高齢の方が多く、転倒防止の為のリハビリテーション、

肩の挙上訓練、大腿四頭筋訓練などを行っています。

 

【連絡先 】    〒262-0014 千葉市花見川区さつきが丘1-33-2

医療法人社団 隆陽会 さつきが丘医院

担当 大和(やまと)佳代子

 

ご興味を頂けた方は090-2763-5283(大和)まで、ご連絡をお待ち

しております。

 

----

●募集

 

業務拡大のための募集です。

働きやすい職場環境の為に子育て中の方で1日からの勤務でも可能です。

 

「職種」理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師

「人数」若干名

「勤務」常勤、及び、非常勤

「時間」月〜金、8:30〜17:30、非常勤:曜日・時間、応相談

「待遇」当社規定により優遇、昇給年1回、各種保険完備、時給1,500円〜、

「休日・休暇」土日、祝日、夏季休暇、年末年始、有給休暇、

「応募方法」まずは電話にてご連絡ください。

 

(有)リハビリ健康社

訪問看護ステーションあすか

郵便番号 264-0023

千葉市若葉区貝塚町1065-1.ガーデンコート貝塚B101

Tel 043-233-7818

担当 石橋までお願い致します。