★★ 千葉県理学療法士会メールニュース 96号 ★★

 

◇ 千葉県理学療法士会ニュース no.96 2001年 06月号 目次 ◇

 

・ 平成13年度第1回理事会議事録

・ 千葉県理学療法士会公式ホームページ変更のお知らせ

・ 理学療法学術大会の演題検索システムのご案内

・ 資料 介護保険関連認定資格

・ 事務連絡 勤務先移動について

・ 功労賞候補者推薦についてのお知らせ

・ ニュース95号の訂正とお詫び

・ 第7回千葉県理学療法士学会案内

・ 新人教育プログラム案内

・ 生涯学習基礎プログラム案内

・ 編集後記

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      各 種 会 議 報 告

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

● 平成13年度第1回理事会議事録

――――――――――――――――

                         

日時:平成13年4月10日(火)

場所: 千葉県千葉リハビリテーションセンター

出席者: 

 <理 事> 吉田、井田、西山、宮崎、茂木、村永、吉田(昌)、藤井

 <監事>江澤

 <委任状> 石塚、渡辺(良)

 <書記>坂本

 

<会長報告>

・3月12日 松下電工バリアフリー住宅担当者が面会に訪れた。

・3月19日 帝京平成大学PT学科長が面会に訪れた。

 

<各局報告>

 

事務局

 *総務部会動向

   施設数 222施設(内、自宅51)

    会員数 680名

 社会局

 *地域保健福祉部が2月・3月に1回ずつ会合を行った。

 *高齢者保健福祉部が1度会合を行った。

 学術局

  *今年度の学術研修会予定 27テーマ

     内、新人教育プ日グラムが18テーマ、専門・基礎プログラムが9テ

     ーマ学術研修会への参加人数が増加しているので、より広い会場が必

     要になる今まで医療技術大学校や藤リハビリテーション学院中心で行っ

     て来たが、より多くの会員が参加できる他会場を選定する必要がある。

<議題>

 1, 平成12年度事業報告・収支報告の件

     各局委員会から事業報告・収支報告がなされ、審議の結果、理事会で

     承認された。

 2, 期末監査の件

      4月17日に期末監査が行われる予定。

      会長・副会長・事務局長・財務担当理事が出席する。

 3, その他

  1)創立30周年記念式典の協賛金に関する内容について

   準備委員より27業者がリストアップされた。依頼文章発送と合わせ、各

   担当理事が分担して協力依頼することになった。

  2)創立30周年記念式典の当日の運営委員の選出に関して、

    人事交流の視点から色々な施設から参加する事は良いと考えられ、まず

    は理事のいる施設は要請があれば積極的に人材を派遣する事を確認し、

    理事会で了承された。

  3)総会参加者の少なさについて、

    学会に出席した多くの参加者が総会は退席した。今後、運用上の工夫を

    行い会員に出席して貰いやすい総会にしていく努力を行う旨確認された。

  

【今後の予定】  平成13年度第2回理事会 5月16日(水)開催予定

         千葉リハビリテーションセンター 6時30分から

         (今年度1年間、毎月第3水曜日に理事会を行う)

 

 

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       千葉県理学療法士会公式ホームページ変更のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

                      事務局 県士会ニュース編集部               

              

              ホームページe-mail: pt-chiba@kit.hi-ho.ne.jp

 

千葉県療法士会のホームページを下記に移転いたしました.まだ準備中のコンテ

ンツもありますがこれから徐々に充実させていきたいと思います.取り急ぎ今年

度、開校した新設校の概要も掲載しました.

 

また士会員の皆様からの相談窓口も設置いたしました.どうぞご利用下さい.

 

        http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/

 

 

◆協会news―――――――――――――――――――――――――――――――――

理学療法学術大会の演題検索システムのご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

              第36回日本理学療法学術大会広報局・演題受付係

                   中国労災病院リハビリ科 甲斐、岩見

                    広報局--->mailto:info@hpta.or.jp

       

第36回理学療法学術大会より発表演題の検索システムのご案内をいたします。

 

下記のホームページの「検索」で全文検索が可能です。表示形式はHTMLとPDFを選

択できます。どうぞご利用下さい。

 

http://www.hpta.or.jp/cjpt/cjpt_jpn/main_j.html

 

広島県での大会開催が目前にせまっております。スタッフ一同、有意義な大会に

なるよう尽力をつくして準備を進めております。皆様のご参加と暖かいご支援を

お願いいたします。

 

 

◆資 料――――――――――――――――――――――――――――――――――

   介護保険関連認定資格

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

  ※ 編集者注:前号の介護保険の住宅改修に関係する資料でしたが紙面の都

         合上、今号に掲載いたします.

○福祉用具専門相談員

――――――――――

主  体 厚生省

認定方法 指定校の認定

法的権利 介護保険の福祉用具貸与事業の

     申請の時に必要     

※保健婦、看護婦、准看護婦、PT、OT、介護福祉士、社会福祉士、義肢装具士

 ヘルパー(2級以上)でも可

受験資格 無し     

 

○福祉住環境コーディネィター          

――――――――――――――

主  体 東京商工会議所

認定方法 試験(任意資格)              

法的権利 介護保険における住宅改修の理由書を作成できる(2級以上)

受験資格 無し(いきなり2級を受験可能)

                                                   

                                                   

        ○ホームヘルパー

○ホームヘルパー

――――――――

主  体 各都道府県

認定方法 指定校の認定

法的権利 介護保険制度上の介護業務が出来る     

  家事介助(3級以上)

  身体介助(2級以上)

  主任ヘルパー(1級)

受験資格 2、3級(無し)

       1級(2級所得者)

 

○福祉用具プランナー

――――――――――

主  体 テクノエイド協会

認定方法 指定校での修了書およびテクノエイド協会の修了者(最後に試験あり)

法的権利 無し

受験資格 保健婦、看護婦、准看護婦、PT、OT、介護福祉士、社会福祉士、

義肢装具士、ヘルパー(2級以上)、ケアマネージャー、福祉用具専門相談員、

臨床工学技師または建築士で2年以上の福祉用具関連業務経験者、福祉関連の機

関、施設職員で2年以上の福祉用具関連の専門業務に従事し、特に研修受験の有

効性の認められる者

 

○ 介護支援専門員

―――――――――

主  体 都道府県

認定方法 試験後実技研修

法的権利 介護保険におけるケアプラン作成

     介護保険における認定調査

     介護保険施設および居宅介護支

     援事業所への配置義務づけ

受験資格 (5年経験)

     医師、歯科医師、薬剤師、保健婦(士) 助産婦(士)准看護婦(士)

     理学療法士 作業療法士 社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士 義

     肢装具士 歯科衛生士、言語聴覚士 あんまマッサージ指圧師 はり

     師 きゅう師、柔道整復士 栄養士 精神保健福祉士 社会福祉主事

     (10年経験)

     介護、相談業務に携わってきた上記以外の者

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

           事 務 局 便 り

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

● 事務連絡 勤務先移動について

――――――――――――――――

年度変わりに伴う勤務先の移動などは所定の用紙にご記入いただき早めに事務局

までご郵送下さい.

* (なおe-mailでの受付はしておりません)

 

詳しい記入方法や休会・退会・復会などの案内については「第30回日本理学療法

士協会総会ならびに代議員会資料」をご参照下さい.

 

 

●功労賞候補者推薦について

―――――――――――――

                   千葉県理学療法士会 表彰審査委員会

 

平成13年7月22日に開催される千葉県理学療法士会創立30周年記念式典に

おきまして、功労賞の授与が行われます。下記推薦基準に該当される方は自薦他

薦を問わず事務局までご連絡ください。

 

                  記

1,推薦基準

 

 1)特別功労賞

  15年以上士会または協会本部の活動に従事し、理学療法の業務、その他の

  領域において各段の功績のあった方。

   

 2)功労賞

  10年以上士会または協会本部の活動に従事し、理学療法の業務、その他の

  領域において功績のあった方。

    

 3)永年勤続功労賞

 20年以上にわたり理学療法業務に従事し功労のあった方。

 

2,連絡先

    千葉リハビリテーションセンター 理学療法科内

    干葉県理学療法士会事務局 事務局長 西山晴彦

    TEL 043-291-1831 内線 162

 

 

◆ 県士会ニュース95号(2001年4月)の求人広告の訂正とお詫び

―――――――――――――――――――――――――――――――

                    印刷所:ゆめ企画代表 田中 秀樹

                    県士会ニュース編集部:山下 祥司

 

県士会ニュース前号(no.95 2001.04)の巻末の求人広告に昨年8月(no.91)号

の広告が誤って掲載されました.

 

ここに訂正させていただき関係施設および関係者の皆様へ謝罪したいと思います.

申し訳ございませんでした.

 

今後は印刷所と県士会ニュース編集部の連絡を密にして、同じミスを繰り返さぬ

よう努める所存です.

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       第7回 千葉県理学療法士学会のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

                    第7回千葉県学会学会長 江澤 省司

 

 会員の皆様、楽しみのゴールデンウィークもあっと言う間に過ぎ去ってしまい

ましたがこの間思う存分好きなことをし、体を動かしてストレスも十二分に発散

されたと思いますがいかがでしょうか。

 

 さて、ストレスが解消された後の知的レベルは向上するとあるメディアで視た

ような気もする訳ですが是非この機会にあなたの脳裏の一部に次のお知らせを記

憶させておいてください。

 

■ 第7回千葉県理学学療法士学会開催 平成14年2月24日(日曜日)

 

■ 開催学会会場 未定 (市原市内を予定)

 

■ 演題募集 <一般演題・アイデア、工夫のポスター発表を予定>

 (募集締め切りは平成13年12月14日頃)

  詳しくは後日、学会案内でお知らせ致します。

 

 上記のように第7回千葉県理学療法士学会準備委員会は千葉労災病院の内村を

準備委員長とし白金整形外科病院、帝京大学市原病院等のPTスタッフと組織作

りをしながら学会開催の成功に向けて鋭意準備中であります。特に学会開催の成

否は演題の質と数、そして多くの会員の皆様の学会参加と活発なる質疑が成功の

鍵となりますので是非是非忘れずに演題発表にそして学会参加にと足を運んでく

ださい、お待ちしております。

                 

                  

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      新人教育プログラム(平成13年度)のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

1.対象

 1)平成6年度以降入会した会員(全員対象)

 2)平成6年度時点で、会員歴が10年未満の会員

 

2.登録方法

 

 1)申込方法

    a)別紙「新人教育プログラム履修申込書」に必要事項を記入し,千葉

      県士会学術単位管理部単位管理部)へ郵送して下さい.

      新人教育プログラム履修状況は,士会パソコンにより管理しており

      ます.申込書により,パソコン入力を事前に済ませたいので,研修

      会前に申込を完了するようお願いいたします.

      士会学術部への申請は,士会事務局の運営とは異なりますので御注

      意下さい.

      新卒者で,会員番号・免許番号がわからない場合は,空欄のまま申

      し込み,わかった時点で再申請して下さい.

    b)職場・名前の変更が生じた場合は,単位管理部までご連絡下さい,

      パソコンの入力を変更いたします.また,職場・名前の登録変更が

      できていない会員は不明者として,記録を除外させていただきます

      のでご了承下さい.

    c)単位管理部

       〒286−0845 千葉県成田市押畑908−1

       藤リハビリテーション学院     藤井 顕 

       TEL&FAX: 0476−23−2179

    

  2)転入・転出について

     他士会から転入された方は,プログラム履修状況が千葉士会内で確認

     が出来ません.履修状況の報告及び申し込みを単位管理部へ郵送して

     下さい.

     また,他士会へ転出される方は,異動先の新人教育プログラム担当者

     とご連絡をとるようお願いいたします.

     履修状況確認証の提出が必要となる方は,単位管理部までご報告下さい.

 

3.単位履修認定

 

  1)研修会の参加

 

   a)当該年度の新人教育プログラムの日程が決まり次第,各施設にお知ら

     せいたします。

   b)会場準備の都合などもありますので,事前申込書により受付いたしま

     す.

   c)生涯学習手帳への記載は,事前に済ませておいて下さい.

   d)士会研修会の参加は自由ですが,単位履修につきまして,以下の要件

     を満たすことが必要となります.

 

  2)単位履修認定

 

   a)新旧プログラム

      平成12年度までの入会者は旧プログラムにて平成14年度(平成

      12年度から3年間)まで実施いたします.

      平成12年度までの入会者は,平成14年度までの特例措置として,

      3年次プログラムの社会の中の理学療法及び2年次プログラム地域

      医療・人間関係2及び1年次プログラムの人間関係1のステップアッ

      プを解除いたします.

      平成13年度からの入会者は新プログラムにて実施いたします.

      

   b)ステップアップ方式

      ステップアップ方式により履修認定いたします.ステップアップと

      は,1年次,2年次,3年次と順に単位認定される方法です. 1

      年次テーマ終了後2年次テーマの認定が可能となります.

      新人教育プログラム症例検討2・3, トピックス1・2・3は随

      時履修可能とし,次年次テーマを先に収得することが可能です.

   c)生涯学習手帳への捺印により単位修得とする.

     ・原則として,士会主催の各研修会では証明書の発行は行いませんの

      で,生涯学習手帳を忘れないよう注意して下さい。

     ・士会以外の主催研修会での捺印については,単位管理部へ早めに手

      続きして下さい,

     ・他士会で実施される新人教育研修会に参加された方は履修認定を行

      いますので,証明書を添えて報告して下さい.

   d)期限

     ・原則として,士会内の学術部以外の研修会では研仁会実お目(許可

      2週間以内),士会主催以外の研修会では1ヶ月以内とします.

     ・当該年度末日を越えての履修は認められません.

   e)士会主催の以外参加は,その会の全行事時間の終了で1単位実質90

     分以上とします.

   f)士会以外の主催研修会での該当単位については,指定のない場合は

     「理学療法トピックス1・2・3」,学会発表等の聴講については

     「症例検討2」とします.

   g)症例検討3の単位は,口述(筆頭演者)または,文章発表(筆頭研究

     者)で1単位とします.

   h)症例検討3における発表の単位認定条件は,以下の通りです.

     ・協会・各ブロック協議会・各士会主催の学会などでの発表(筆頭演

      者),及び文章発表(筆頭研究者),研修会などの講師(全科生以

      外)

     ・上記団体以外の主催の発表は,学術部理事にて承認します.

     ・勤務上の講習会などの講師は単位認定しません.

   i)その他の認定については、会長が承認します.

 

4.単位履修方法

 

   a)履修単位の報告は,あくまでも自己管理となります.

   b)士会主催研修会

     ・学術局より発送される案内に「修得単位」が明記されています.

     ・「研修会申込書」を案内に従って事前に申し込みを済ませて下さい.

     ・履修テーマ選択可能な研修会は,「研修会申込書」にあらかじめ希

      望テーマを記入して下さい。

     ・研修会当日に,実施年月日・読み替えテーマ,講師名を記載し,

      「生涯学習手帳」を研修会受付に提出して下さい.

     ・研修会終了時,(生涯学習手帳)を研修会受付で必ず受け取って下

      さい.(捺印を各自で確認して下さい.)

   c)行政機関・団体,理学療法士協会,各ブロック協議会,他士会主催の

     研修会

     ・「受講証明書」・「領収書」等で,研修会参加が確認可能な場合単

      位の認定を行います.

     ・単位認定希望者は,原則として1ヶ月以内に,「生涯学習手帳」・

      「受講証明書」と返信切手を貼った返信用封筒を同封の上,学習単

      位管理部に提出します.

     ・当該年度末日を越えての履修は認めません.

   d)症例検討3の単位認定には、「発表原稿又は抄録」のコピー2部・別

     紙「症例検討3単位履修届」を「生涯学習手帳」と共に,単位管理部

     に提出して下さい.

 

5.修得単位の有効期限

    a)入会後10年間以内とする.

      10年を越えると再履修が必要となります.

    b)終了していない方は,再度改めて18単位を取り直すことになります.

 

6.履修単位数・期間

    a)単位制とする.

    b)全科18単位18テーマとする.

    c)新人教育プログラム終了期間は,最低3年とする.

    d)その他

      協会では,1年次から3年次にて各6テーマ,3年間ステップアッ

      プ方式を望んでいます.

 

7,新人教育プログラム終了認定

    a)確認のため,生涯学習手振を単位管理部へご郵送下さい.

    b)新人教育プログラム終了認定は士会理事会で承認後,士会事務局よ

      り協会生涯学習部に「新人教育終了認定証」の発行を申請します.

     (各年度3月1回のみ)

 

*新旧プログラム内容一覧*

―――――――――――――

年次     旧プログラム          新プログラム

 

1年次 1.協会組織と機構       1.協会組織と機構

    2.倫理職業・管理運営     2.倫理職業・管理運営

    3.人間関係1         3.地域リハビリテーション

    4.医療法・理学療法士法    4.理学療法士・作業療法士法

                      及び関係法規(含む介護保険法)

    5.理学療法トピックス1    5.トピックス1

    6.症例検討1         6.症例検討1

 

2年次 1.理学療法の科学性・研究   1.理学療法における研究方法論

    2.人間関係2         2.人間関係

    3.福祉関係用具        3.社会環境支援(含む福祉関係用

                      具)

    4.地域医療          4.社会の中の理学療法

    5.理学療法トピック2     5.トピック2

    6.症例検討2         6.症例検討2

 

3年次 1.理学療法の専門領域     1.生涯学習

    2.世界の理学療法の動向    2.理学療法の専門分野

    3.社会の中の理学療法     3.世界の理学療法の動向

    4.臨床実習教育        4.理学療法の教育方法論(含む臨

                      床実習教育)

    5.理学療法トピック3     5.トピック3

    6.症例検討3         6.症例検討3

 

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      生涯学習基礎プログラム(平成13年度)のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 

「生涯学習基礎プログラム」は,新人教育プログラム終了時点で自動的に登録さ

れ,引き続いて生涯学習を継続するシステムであり,専門領域研究会に所属して

いるいないに関わらず,新人教育プログラム修了者及び新人教育プログラム免除

者全てが対象となります.

 

認定・更新作莱は協会事務局によって2000年から5年ごとに行われ,5年間

に10単位が必要となります.新人教育プログラムを免除された会員は平成6年

に自動登録されており,2000年の更新時には平成7年(1995年)以降に

履修した10単位が必要ということになります.

 

次回の更新は2005年の予定になります.

 

「生涯学習基礎プログラム」は基本的には個人管理ということになっていますが,

千葉県士会の参加単位等については,生涯学習手帳への捺印という形で行います.

学会等への参加も単位として認められますが,領収書・参加証等の証明出来るも

のが必要となります.「発表の単位」は個人管理で協会提出となります.

 

<生涯学習手帳への検印作業>

 

1.生涯学習手帳への記載について(表紙部・生涯学習基礎プログラム参加欄)

  必要事項を記載して下さい.

 

  (研修会・学会・講習会参加について)

    ・新人教育プログラム履修免除者は,平成7年度以降の参加状況を記

入します.

    ・新入教育プログラム修了者は,開始年度からの参加状況を記載しま

す.

    ・士会以外の各学会・研修会・講習会・研究会に参加した場合は,必

ず領収書,参加証等の証明できるものを,各自で保管して下さい.申

     請時に必要となります.

 

  (研修会・学会・講習会参加について)

    ・士会研修会の講師につきましては,士会にて検印作業を行います.

    ・その他の発表につきましては,協会での確認になります.手帳に記

載し,抄録など証明できるものを各自で保管して下さい。2005 

     年以降の申請時に必要となります.

 

 2.別紙,生涯学習基礎プログラム申込書の提出をお願いいたします.

   士会履修状況を記録保管いたします.

 

 <生涯学習手帳送付先>

   単位管理部

   〒286-0845 千葉県成田市押畑908−1 藤リハピリテーション学院

       藤井 顕  TEL・FAX 0476−23−2179

       ご不明な点がありましたら、電話などでお問い合わせ下さい.

 <送付必要内容>

   1.生涯学習手張(表紙・p34〜記載済)

   2.生涯学習基礎プログラム申込書

   3.返信用封書(送付先明記・切手貼済)

------------------------------------------------------------------------

 

 

◇ 編 集 後 記 ◇

 

そろそろ全国学会の時期となって参りましたが、準備にお忙しい方も多いと思い

ます.

抄録と共に届いた第30回の協会総会資料を眺めていて気づいたのですが、千葉県

PT士会も大きくなったもので、会員数としては全国都道府県中9番目のジャン

ボ県士会です.十数年前に「県士会員が100名を越した」なんて言っていたのが

嘘のようですね.(^^;)

 

ちなみに一番会員数の多い県は東京じゃないんですよ.気になる方は総会資料の

112ページをご覧下さいね.

 

話は変わりますが、みなさん、PT賠償責任保険には加入されてますか?

先日、損害保険会社の外交員の方と話す機会があったのですが、PTは医師に次

いで保険金額が高いらしいです.(看護スタッフの保険料は年額4000〜5000円、

薬剤師は1400円程度とかで、臨床検査技師・放射線技師にはまだ独立した賠償保

険がないらしい、、、)外交員さん曰く「リハの現場ではPTの裁量権がかなり

認められていて訴訟の対象にもなりやすい」とか..... (^^;

 

 

※ 次号のニュース原稿の締め切りは ※

※ 平成13年6月30日(土)です ※

 

---------------------------------------------------- End News Message ---

 

◇このメールマガジン千葉県理学療法士会員に無料で配信しているものです◇

 

千葉県理学療法士会ニュースNO.96

 

発行人:吉田 久雄

発行所:千葉県千葉リハビリテーションセンター内 千葉県理学療法士会事務局 

〒266-0005 千葉市 緑区 誉田町 1-45-2 tel 043-291-1831 fax 043-291-1857

編集人:山下 祥司 (千葉市立病院 リハビリ室)KFR01273@nifty.com

〒260-0851 千葉市 中央区 矢作町 827 tel 043-227-1131 fax 043-224-0719

 

◇ 求人広告受付:事務局長 西山晴彦(千葉リハセンター 理学療法部)まで ◇

◇ 投稿・ご意見:ニュース編集部長 山下祥司(千葉市立病院 リハビリ)まで ◇

 

  ● 千葉士会公式ウェブ   http://www.kit.hi-ho.ne.jp/pt-chiba/ ●

  ● 千葉士会メールニュースの申込み窓口 JK8S-YMST@asahi-net.or.jp ●

 

  (本メールの無断転載を禁止します)

==================================================================[END]===