千葉県理学療法士会

千葉県理学療法士会

公益事業局

 公益事業局は、広く県民及び市民に対しての公益事業、社会貢献事業推進を目的とした活動を積極的に推進していきます。本局は、理学療法士週間推進部、スポーツ健康増進支援部、公益事業推進部、在宅支援部、の4つの部にて構成されております。

  • 「理学療法士週間推進部」では、理学療法(士)を広く県民の皆様に認識して頂く活動として、理学療法士を目指す高校生や一般県民を対象として理学療法士が働いている「病院、施設見学会」の開催や、小中校生を対象に高齢者模擬体験や車いす操作などの「体験学習」といった2本柱を通じて理学療法(士)という職業を認識して頂いております。
  • 「スポーツ健康増進支援部」では、予防的側面で理学療法士の専門性を生かした活動に取り組んでいます。若年齢層には、「スポーッ傷害予防教室」を、中高齢者には、「転倒予防教育」等を各市町村の健康祭りなどと連携して啓発しています。
  • 「公益事業推進部」では、千葉県民に「理学療法士」という存在を地域住民に身近に感じていただくこと、さらに我々の知識や技術を社会に還元し千葉県で生活している様々な人々の支えになることを主目的として地域の自治会(自治会館を会場)の町民対象のイベントやNPO法人と協力し周辺住民の方々への情報提供といった活動を行っています。
  • 「在宅支援部」では、地域保健、在宅医療、介護、障害福祉等に関わる士会員が参加し、地域や業務等の課題の検討や情報交換等を行っています。また、医療福祉関係者向け公開セミナーの開催、県内訪問リハビリテーション実施機関の調査、部員提言による学会発表等も実施しています。
  •   平成22年度千葉県訪問リハビリテーション資源調査データ
  •   平成28年度障害児に対するリハビリテーション実施状況調査


プライバシーポリシー組織図サイトマップ
Copyright(c)Chiba Physical Therapy Association. All Rights Reserved.